異世界ファンタジー 長編 完結済

赤い夜に、魔女は泣く

作者からの一言コメント

これは、魔女の存在を問う物語。

――『草原の魔女』コレットは薬師だった。 人の命を救うためにその力を振るっていたコレットだったが、ある日、国が出した”魔女狩り宣言”によってその身を追われることに……。 逃げる最中、コレットの運命の歯車は少しずつ壊れ、狂い始める。そんな彼女を、一体誰が救えるのか? 一人の少女から始まる愛憎渦巻く魔導ファンタジー、ここに開幕。 表紙イラスト:YoShiKa 様

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 赤い夜に、魔女は泣く
作者名 与瀬啓一
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 魔法 白髪 魔女 恋愛 魔女狩り ロリババァ ハッピーエンド 赤魔女シリーズ
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2019年7月14日 20時00分
最終投稿日 2020年5月12日 8時00分
文字数 586,862文字
ブックマーク登録 54件
コメント 28件
スタンプ 625件
ビビッと 0件
応援ポイント 122,160pt
ノベラポイント 2,725pt
応援レビュー 1件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 少女達の異能捕縛劇 くたばれ無敵チート

    ♡152,074

    〇29,455

    現代/その他ファンタジー・連載中・46話・170,098字 兎野熊八

    2020年10月26日更新

    【《チート》とは、卑怯者の意味である 】 大正初期、世界を一変させる事件が片田舎の校舎から始まった。 学び舎に通う少年少女が突如として神の国、異世界へと姿を消し、 そして異能の力を授かり現実へと戻ってくる、神宿し事件『異世界問題』が発生。 たった一人の能力者が国家すら揺るがす程の破格の能力《チート》 これら能力者達を他国に悪用されないためにも誰かが彼ら、彼女らを護る必要があった。 大正九年、異能者による異能者達の、捕獲、保護、管理を旨とする国家運営組織、『国立御影学園生徒会』が発足。 それから100年後、現代、日本。 異世界対策特殊図書委員に所属する、 過去に二つの異世界を救った、 『綴喜芽繰《つづきめくる》』 獣神の乙女、金髪巨乳の男勝り、『皇之火色《きみのひいろ》』 省エネ主義の守銭奴無口少女、 『ピーシー』 三人の乙女達は異世界へと姿を消した少年少女達を命懸けで救出する日々の中、 この夏、長い片想いの末、ついに意中の彼への告白を決意するメクルだったが……。 告白を目前に異世界へと消えた思い人、それと同時に現れた、異能者『レイズデッド』の帰還により、 前代未聞の夏が始まる。 夏の日差しに死の香り、少し早めのお盆にて、陰る命こそは腐敗の頃合 乙女×能力×捕縛劇 これは誰かの現実を護る旅、『チートで護る現実《この》世界』 なにとぞよろしくお願いいたします。感想、ブクマ、レビュー、ツイート、大変に励みになっております。ありがとうございます。 著作 兎野熊八 表紙イラスト よのね 様 挿絵イラスト Lala hy 様

  • 第一部完結!人と妖の王道ファンタジー

    ♡115,500

    〇3,790

    現代/その他ファンタジー・完結済・56話・192,549字 ぷりん頭

    2020年9月21日更新

    月の光が届かぬ闇の中、瘴気とともに現れる【怪魔】たち。 人や動物にも似つかない、怪魔の魔の手が忍び寄る静かな世界に、それは現れる。 人と妖魔が重なり、成せる【憑依霊装】 狐の半面に、輝く白銀の髪。 反面から覗く瞳は黄色く、鋭い。 それは何者かと問われれば、彼らは自らをこう答える……我々は【妖魔師】であると。 風の町、春海の高校に通う東城寺の一人息子、東城 秋は普段の遅刻魔とは別の顔がある。 夜な夜な現れる怪魔を相棒、白狐の大妖魔 白蓮とともに戦う妖魔師だった。 怒りと憎しみ……そして愛と友情の物語。 【9/21 第一部完結!】 ※好き勝手書いたので、ルールに則り改稿中。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 勇者亡き後の世界での物語

    ♡6,700

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・104話・399,031字 風間浦

    2020年10月29日更新

    とある召喚勇者が自らの命を賭した一撃は、魔王をして長期の活動停止に追い込む相討ちとなった。 長く苦しい魔族との戦いが終わり、歓喜に沸く王侯貴族達。だがそれを見つめる王女の胸には大きな疑問が湧き上がる。 なぜ死んだ勇者を悼む者がいないのか?そもそもなぜ自分は勇者の功績を知らないのか? 「勇者様の事を知りたい」 本来叶うはずの無かった王女の願いは、多くの者の協力を得て実現に向けて動き始める。 そして王女はその地位を捨て、勇者の旅路を辿って走り出した。 元王女様が素性を隠して、信頼出来る仲間達と旅をします。 冒険者として活動しながら、死んだ勇者に関連する情報の断片を集めます。他にも問題に首を突っ込んだり突っ込まなかったり。 勇者は序盤に死亡し、他者の回想等でしか登場しません。 割と平坦なストーリー(予定)です。 他のサイトにも掲載させて頂いています。

    タグ:

    異世界

  • 異世界には夢も希望も、魔法もスキルない

    ♡8,000

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・35話・146,824字 とき

    2020年10月29日更新

    異世界に召喚されたアンリ。 女神様だと祭り上げられ、魔王討伐を依頼されるが、ただの女子高生。 異世界には、魔法もスキルもなく、頼れるのは自身の心と体だけ。 生き残るために、悪魔と渡り合い、人間そして悪魔に魔神と恐れられるようになっていく。