異世界ファンタジー 長編 完結済

赤い夜に、魔女は泣く

作者からの一言コメント

これは、魔女の存在を問う物語。

――『草原の魔女』コレットは薬師だった。 人の命を救うためにその力を振るっていたコレットだったが、ある日、国が出した”魔女狩り宣言”によってその身を追われることに……。 逃げる最中、コレットの運命の歯車は少しずつ壊れ、狂い始める。そんな彼女を、一体誰が救えるのか? 一人の少女から始まる愛憎渦巻く魔導ファンタジー、ここに開幕。 表紙イラスト:YoShiKa 様

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 赤い夜に、魔女は泣く
作者名 与瀬啓一
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 魔法 白髪 魔女 恋愛 魔女狩り ロリババァ ハッピーエンド 赤魔女シリーズ HJ大賞2020後期 赤い夜に、魔女は泣く
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2019年7月14日 20時00分
最終投稿日 2020年5月12日 8時00分
完結日 2020年5月12日 8時00分
文字数 586,862文字
ブックマーク登録 57件
コメント 32件
スタンプ 627件
ビビッと 0件
応援ポイント 129,260pt
ノベラポイント 3,325pt
応援レビュー 1件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 私は必ず、お前を幸せにしてみせる。

    ♡266,300

    〇720

    異世界ファンタジー・連載中・76話・278,577字 桜乱捕り

    2021年1月16日更新

    生涯を共にすると決めた彼が二度死んでから、八十年もの月日が流れた。 彼を生き返らせる為に“迫害の地”へ逃げ込み、新薬、新たな魔法の開発をがむしゃらにし続けるも上手くいかず、全てに行き詰っていく。 喜怒哀楽の感情を無くし、薬の副作用で二十四歳の若さを保ったまま、八十年もの時を消費した魔女『アカシック・ファーストレディ』 そのアカシックは、要の薬草が切れたので採取をしに行くと、針葉樹林地帯で捨てられていた人間の赤ん坊と出会う。 二つ目の罪悪感を背負いたくないが為に捨て子を拾い、淡々とぶっきらぼうに育てていく魔女のアカシック。 そして捨て子を育てていく内に、不本意ながらも寄り添える者達が増え始め、独りだったアカシックの心境が徐々に変わっていく。 時には捨て子に励まされ。時にはウェアウルフに論され。時には黒龍に激励され。遠回りな道のりで新たな事を学び、忘れていた過去を思い出し、闇に堕ちていた心が少しずつ浄化され、失った感情を取り戻していく物語。 ぶっきらぼうで不器用な一人の魔女と、拾われた捨て子の一生の一部を。 毎週、水・土曜日に更新中。

  • 生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    ♡514,300

    〇3,308

    SF・連載中・84話・478,670字 新星

    2021年1月17日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 第四章開幕!クソ野郎のための異世界戦記

    ♡249,820

    〇1,621

    異世界ファンタジー・連載中・93話・319,931字 朴いっぺい

    2021年1月17日更新

    ~クソ野郎の、クソ野郎による、クソ野郎のための異世界戦記~ 林克矢は、想いを寄せる級友・青葉里緒菜との関係に悩む高校生。 ……だったのだが、いきなり内戦真っ只中の異世界に、級友とともに転移してしまう。 兵士に襲われたところを難なく倒したら、異世界の将軍に戦士として雇われることに。 生き残るために戦場に出たら、里緒菜の視線にビビりまくってたおかげか、相手の視線が分かる能力が覚醒。 さらには剣を介してイメージを攻撃に変える技まで使えるようになり、打って変わったような大活躍を遂げる。 だが克矢の前に、級友たちや異世界の将軍の悪意が立ちはだかる。 (こんなところで、死んでたまるか…!) 克矢は級友たちと袂を分かち、やがて自分と同じ弱者のための国を作るという理想に目覚め突き進む。 そんな克矢への想いと憎しみの間で揺れ、狂い堕ちていく級友・里緒菜。 級友の一派を率い、異世界の趨勢に関わることに喜びを見出す学級委員・明実。 彼らの想いは時に惹かれ、時にぶつかりながら、やがて異世界すべてを巻き込む戦いの渦を創り出していく。 これは、想いが力になる世界に舞い降りた少年少女たちの、生き残りと居場所を賭けた青春の物語。 ◆◆◆◆ ※おかげさまで、2020/05/18 ジャンル日間1位&総合3位!ありがとうございます! ※週2~3回(土曜・日曜+どこか)の更新を目標にしています。 ※2020/05/24 追伸※ 作中、主人公たち以外のキャラクターの視点で描いているシーンがあります。 本筋のワンシーンは【(キャラの名前)】、本筋に絡まないシーンは【閑話】としてあります。 この辺の方針は書き上げていく中で変えるかもしれませんが、一旦この方針で進めます。

  • 登場人物全員に戦機(機密事項)あり!?

    ♡33,217

    〇827

    異世界ファンタジー・連載中・31話・103,939字 雪子

    2021年1月17日更新

    異世界ルバ・ガイア……多種多様な種族が混在して暮らしている、種族のサラダボール的な世界。 だが、種族的な強さや異能、超能力……さらには魔法さえも凌駕する、圧倒的な力があった。 それは、ルバ・ガイアをかつて支配していたという古代人の遺産だ。 遺産ひとつの力で、常識ががらりと変わるのも稀ではない。 奇跡のような力を得るために世界各国は多額の予算を遺産発掘と調査につぎ込み、探している。だからこの世界では遺産がどれだけ重要なのかは子供だって知っている。 だが、物事にはルールがあるように、遺産を扱うにもルールがある。 その代表的なルールが、遺産を発動させるには、その遺産との適合率の良さ、通称・遺産キャパシティが高くなければならないということだ。 そのため、ルバ・ガイアでは、異能や超能力、魔力よりも、遺産キャパシティのほうが、重要視されるのだ。 遺産が高度であればあるほど、適合者は少なく、見つけにくくなる。だが、遺産は適合者のために音を鳴らす機能がある。 現代の人々は遺産を動かす音がメロディーのように聞こえるので、聖音(オーム)と名付け、畏怖し、あがめている……。 ……という、異世界ファンタジー。タイムスリップネタ多様。エロは健全範囲……に抑えられればいいなぁと思っています。