恋愛/ラブコメ 短編 完結済

さよならは明日のために

作者からの一言コメント

手元に残っていた最も古いオリジナル短編。

大学の合格発表当日、友人と発表を見に行くと中学時代の片想いの相手が…。 重複投稿

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 さよならは明日のために
作者名 結城 慎二
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ 習作 青春小説 恋愛小説 甘酸っぱい
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年2月29日 22時22分
最終投稿日 2020年2月29日 22時24分
完結日 2020年2月29日 22時24分
文字数 5,635文字
ブックマーク登録 0件
コメント 0件
スタンプ 1件
ビビッと 0件
応援ポイント 10pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ラブコメです。

    ♡500

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・6話・8,369字 佐々木

    2021年3月9日更新

    通学時間に電車内人間スケッチをすることが趣味の大路隆人(おおじたかひと)は電車で見かける少女、城崎透子(しろさきとおこ)をこっそりとモデルにしていた。 ある日隆人がスケッチをしていると透子が話しかけてきて――? この作品は カクヨムにも投稿しています。

  • 貴方が全てを教えてくれたから…

    ♡3,100

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・3話・10,406字 碧音 真樹

    2021年3月9日更新

    雇われ結界師のルディア(18)は、次期当主のアルフレッド様(28)に身分違いの恋をしていた。しかし、アルフレッド様には、既にミレディ伯爵令嬢(19)との婚姻が決まっていた。ルディアは、叶うことのない淡い恋を内に秘め、結界師としてグレイス・バーミリア侯爵家に仕えていた。 そんなルディアに執事のアデルバート(26)は、「お前の慕う想いは従者として間違っている」と指摘されてしまう。誰にも知られない様に気を付けていたが、執事として能力の高いアデルバートには、見破られていた。冷静で隙がないアデルバートは近寄り難く、洗練された立ち振る舞いは、そばに居るだけで常に緊張させられた。 ある日、アルフレッド様とミレディ伯爵令嬢のデートに付き添い、湖まで出掛ける事になった。ボートに結界を張り二人を見送っているとアデルバートに「そんな顔で見るな。お前と結ばれることは無い」と現実を突き付けられてしまう。「20歳までに自分の相手を見つけろ」と言われ「私はこのままでいい」と反発してしまう。「妾にでもなるつもりか」と詰め寄られ「アルフレッド様に近寄る女は、私が選別する」と身体を触られてしまう。感度だけを確かめると「素質はあるが色気もないお前では妾にすらなれない。諦めろ」とボート小屋に置き去りにされてしまう。熱を帯びた身体を鎮める事が出来ずに自分を抱き締めると壁に寄り掛かりジッと我慢し続けた。 数日後、領地の視察に付き添い馬車に結界を張るため同行すると、アデルバートと同じ馬車に乗る事となった。気まづい中俯いていると「この間は済まなかった」と謝られる。心配から腹を立ててしまったと弁明された。容姿や能力を褒められ、幸せになれると優しい声で断言された。少しだけ打ち解けると「あの後どうした?キツくなかっただろうか」と自分の行為で傷付いていないか確認された。ルディアは、あの時の自分の身体の状態を話すと「対処法を教えて欲しい」と懇願する。困惑するアデルバートだったが、「まだアルフレッド様の事を諦められないのか?」と聞き返される。「想い慕うだけなら自由」だと告げると辛そうな顔で「なら1人でも耐えられる方法を教えても構わない」と承諾を得た。 ルディアが思っていた内容とは違ったが、二人だけのレッスンが始まると普段見せないアデルバートの態度や表情に惹かれていくのを感じた。けど、今更どうすればいいの?