文芸/純文学 短編 完結済

言(こと)尽くして

作者からの一言コメント

『文字の魚のコンテスト』参加作品

魚住真琴さまの自主企画『文字の魚のコンテスト』参加作品。 ──恋ひ恋ひて逢へる時だに愛しき言尽してよ長くと思はば ── 万葉集のこの句から着想を得ました。 便利とは程遠い時代の、遠距離恋愛の一幕。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 言(こと)尽くして
作者名 藍緒
ジャンル 文芸/純文学
タグ 文字の魚のコンテスト 手紙 遠距離恋愛 西洋風 ノベプラオンリー
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年9月22日 16時04分
最終投稿日 2020年9月22日 22時52分
完結日 2020年9月22日 22時52分
文字数 3,121文字
ブックマーク登録 3件
コメント 0件
スタンプ 14件
ビビッと 0件
応援ポイント 2,200pt
ノベラポイント 5pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 異世界逃避ーTHE ONLY WAY IS UP IN ANOTHER WORLDー

    逃げ出したっていいじゃない 人間だもの

    8,123

    150


    2021年4月20日更新

    気が付けば夜の電車の中。 何故此処に居るのかという事は思い出せない。 そんな時に出会った『神』に自分は死んでいるのだとを教えられる『僕』 そして神に誘われたのは、自分の見知ったものとは何もかもが違う世界であった。 新しい家族に与えられる新しい名前。 鏡に映る新しい顔。 いつの間にか覚えてしまった新しい言葉。 気の許せる新しい友人。 そして少しずつ思い出す過去の自分。 記憶を失ったまま色々な物を手に入れていく僕が、『過ち』と『幸せ』を思い出す、剣と魔法と傷の物語。 表紙はウエサカ様に描いて頂きました。

    読了目安時間:1時間21分

    この作品を読む

  • すべて世はこともなし

    大学生の妖怪日常ファンタジーです。

    38,200

    0


    2021年1月15日更新

    妖が人と共存している世界。 そこで妖怪学を学ぶ学生たちの日常を描く。 未熟ながらも元気溌剌なカガリ。 高い技量を持つがひねくれ者のアシヤ。 二人の出会いによって、物語は大きく動き出す。 人と妖との縁、業、思惑が複雑に絡み合い、 奇妙な紋様を作り出していく。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間25分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る