ミステリー 短編 完結済

このチョコを作ったのはどこのどいつだ

作者からの一言コメント

日常の謎コン応募作品。初ミステリです。

ミステリー初心者です。 よく分からないなりに日常の謎に挑もうと思います。 どうか最後までお付き合いください。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 このチョコを作ったのはどこのどいつだ
作者名 朝食ダンゴ
ジャンル ミステリー
タグ 日常の謎コン ギャグ コメディ ほのぼの 現代日本 学園 ノベプラオンリー 日常 部活動 恋愛 バレンタイン ミステリー
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年7月31日 23時34分
最終投稿日 2020年7月31日 23時53分
文字数 17,879文字
ブックマーク登録 7件
コメント 6件
スタンプ 8件
ビビッと 0件
応援ポイント 10,300pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 絶望から始まるアホの物語

    ♡15,300

    〇300

    異世界ファンタジー・連載中・18話・38,106字 昆布茶

    2020年10月29日更新

    休みの日に現実に疲れたオタクの灰斗は、現実逃避のために大量の古本を購入する。 灰斗は購入した本の中で、25巻セットで990円(税込み価格)のライトノベルを読むことにした。 時間を忘れて読んでいく灰斗だったのだが、突如急激な眠気と悪寒が襲いかかる。 朦朧とする頭でベッドから降り、飲み物を飲もうとした瞬間―― どこかで見たことのあるようなキャラクターが現れた。 それは先ほどまで読んでいたライトノベルの登場キャラクター、エルフのアルシュカだった。 アルシュカの放った特大の爆弾は灰斗を大混乱にたたき落とす。 灰斗は先ほどまで読んでいたライトノベル、『俺のエクスカリバーで世界を救ったら、ハーレムが100人出来ました』(通称、俺ハレ)の噛ませ犬のグレイ・アホホールに憑依してしまったのだ。 これはグレイとなった灰斗が、主人公に無残な噛ませ犬にされないように奮闘する努力と覚悟の物語である。 ※タイトルとあらすじを変更しました(内容は変わっていません)

  • 新たな戦いの幕開け。現在第一部改稿ちう

    ♡9,300

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・5話・16,922字 ぷりん頭

    2020年10月30日更新

    梓玉蓮を倒し、春海に、妖魔師たちに平和が訪れていた。 以前より充実した学校生活を送る秋だったが、怪魔界での謎の怪魔が頭から離れることは無く、それが心残りだった。 静まり返る春海の深夜。 白蓮とともに、怪魔の出現がないか春海を歩く秋たちは突然辺りから漏れ出した妖気の原因を探るべく小さな祠の場所に向かった。 他の妖魔師たちも集まったところで、夜空に光り輝く青色、朱色、白色、黒色の珠が現れ、祠から発せられる妖気を吸いあげた。 すると四つの珠の中心に、黄金に輝く珠が出現したかと思えば、四つの珠は四散し、黄金に輝く珠は錆びたように汚れ足元に落ちるのだった。 そして事態は急変していく。 各地に巡るこの世を支える霊脈が、昨晩突如として乱れ、世界は崩壊の危機に陥ったのだ。 霊脈の根源である、【王龍の魂】が何者かによって犯され、光を失ったことで均衡を保てなくなり、霊脈の守り主である四聖獣たちも居場所を失い、その魂が四散してしまったのだ。 一刻を争う事態に妖魔師たちは四聖獣を従えて、何者かによって犯された、王龍の魂の光を取り戻す使命を与えられた。 待ち構えるのは茶髪の少年と緑髪の少女。 そして不気味に笑うもの。 妖魔師たちの新たな戦いの火蓋がきって落とされた。 第二部 四聖獣の魂始まり始まり(10/13)

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る