完結済 短編

一般人の私がリーマン予測に挑んでみた(間違っているかどうかは知らんけど揃ったぞ?)

作者からの一言コメント

大体の答えは出たと思うよ?(謎)

素人がリーマン予測に挑んだ結果。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 一般人の私がリーマン予測に挑んでみた(間違っているかどうかは知らんけど揃ったぞ?)
作者名 秀典
ジャンル 童話/絵本/その他
タグ リーマン予想
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2020年1月19日 18時00分
最終投稿日 2020年1月24日 15時15分
文字数 17,121文字
ブックマーク登録 3件
コメント/スタンプ 11件
応援ポイント 5,700pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • R15の限界を目指した恋愛ファンタジー

    ♡376,150

    〇1,080

    異世界ファンタジー・完結済・225話 駿河防人

    2020年6月24日更新

    「ちょっと運命的かもとか無駄にときめいたこのあたしの感動は見事に粉砕よッ」 琥珀の瞳に涙を浮かべて言い放つ少女の声が、彼の鼓膜を打つ。 彼は剣士であり傭兵だ。名はダーンという。 アテネ王国の傭兵隊に所属し、現在は、国王陛下の勅命を受けて任務中だった。その任務の一つ、『消息を絶った同盟国要人の発見保護』を、ここで達成しようとしているのだが……。 ここに至るまで紆余曲折あって、出発時にいた仲間達と別れてダーンの単独行動となった矢先に、それは起こった。 魔物に襲われているところを咄嗟に助けたと思った対象がまさか、探していた人物とは……というよりも、女とは思わなかった。 後悔と右頬に残るヒリヒリした痛みよりも、重厚な存在感として左手に残るあり得ない程の柔らな感覚。 目の前には、視線を向けるだけでも気恥ずかしくなる程の美しさ。 ――というか凄く柔らかかった。 女性の機微は全く通じず、いつもどこか冷めているような男、アテネ一の朴念仁と謳われた剣士、ダーン。 世界最大の王国の至宝と謳われるが、その可憐さとは裏腹にどこか素直になれない少女ステフ。 理力文明の最盛期、二人が出会ったその日から、彼らの世界は大きく変化し、あらゆる世界の思惑と絡んで時代の濁流に呑み込まれていく。 時折、ちょっとエッチな恋愛ファンタジー。

  • 俺じゃない……俺たちが妖魔師だ

    ♡10,500

    〇150

    現代/その他ファンタジー・連載中・14話 ぷりん頭

    2020年7月12日更新

    月の光が届かぬ闇の中、瘴気とともに現れる【怪魔】たち。 人や動物にも似つかない怪魔の魔の手が忍び寄る静かな世界。 そんな世界に彼らは現れる。 半面から覗くその鋭い目で、一体何を見るのか。 それは何者かと問われれば、彼らは自らをこう答える……我々は【妖魔師】であると。 風の町、春海の高校に通う東城寺の一人息子、東城 秋は普段の遅刻魔とは別の顔がある。 夜な夜な現れる怪魔を相棒の白狐の大妖魔 白蓮とともに戦う妖魔師だった。 そんな彼らを愛おしそうに瘴気の世界から見守る赤い瞳と、黒い狐を肩に乗せ、悲しそうに見つめる水色の瞳。 クラスメイトの峯川 瑠奈も薄々と感じる異変に徐々に飲み込まれていく。 戦う使命と確かな想いが、春海の風のように吹き荒れる。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 声優とキャラの関係的な何かです。

    ♡41,700

    〇1,005

    童話/絵本/その他・連載中・257話 空へ堕ちたい

    2020年7月13日更新

    自分は作家だ。いや間違えた。大人気作家だ。出す作品はヒットを飛ばし、映像化は既に前提化してるといっていい。そんな自分だが、悩みは尽きない。キャラの声優なんてその最たる例だといっていい。なにせ最近は色々な……本当に色々な事情を加味されて声優が決められる事がある。声優ビジネスも大きくなったから、キャラと声優の逆転現象がなんかが起きてる。それが自分的には……自分は理想の声優を追い求めてる。ただそれが願いなんだ。 私は声優だ。いや間違えた。売れてない声優だ。けど実力はあると勝手に思ってる。私は色んな声を出せる。声優という職業に恥じなく声を操れる。けど時代が悪いのか、私には仕事がない。けど私はしがみついてる。だって私は……声優と誰かに呼ばれたいからだ。

  • 強烈な理系キャラのクリオネさんの日常です

    ♡391,310

    〇840

    童話/絵本/その他・連載中・124話 クリオネ

    2020年7月13日更新

    超越したど迫力キャラの社会人技術者クリオネが繰り広げる世の流れを読んで真逆にギャグを飛ばす四コマ漫画です。現実の世界をx座標とするとこの漫画は虚数空間の方向(yi)を向いている場合が多く、話題のベクトルが複素数(z=x+yi)になっていると思います。理系ギャグが多いですが、他人がどう思うかなんて考えていないので、説明なんかしません。読みたい奴だけ読んでください! あ!気に入っていただけたらTwitterで宣伝していただけると幸いです。絵は漫画ソフトコミPoを使用しております。コミPoの正式ユーザーですので絵を掲載することができます。 『クリオネ。百式!出る!』