恋愛/ラブコメ 長編 完結済

『タイムリーパー・クライシス』〜私の頭の中の世界線feat.リュウセイ&ハルセfrom『シークレット・オブ・ジェネシス』

作者からの一言コメント

幸せな未来の為にミッションを課す――!

読了目安時間:1時間16分

総エピソード数:20話

『タイムリーパー・クライシス』〜私の頭の中の世界線feat.リュウセイ&ハルセfrom『シークレット・オブ・ジェネシス』の表紙

リルアの親友 高梨竜成は、タイムリープし世界線を移動していた――。彼女と結ばれる未来を掴み取るために、己にミッションを課しクリアしていくのだが……。 『タイムリーパー・クライシス』 #アルファポリス https://www.alphapolis.co.jp/novel/104005812/765528831 #ノベルアッププラス https://novelup.plus/story/863258953 #カクヨム https://kakuyomu.jp/works/16816700426617293528 #note https://note.com/lilua/m/mf277bd2bfbc3 #小説家になろう https://ncode.syosetu.com/n3684hh/

総エピソード数:20話

作品情報

作品名 『タイムリーパー・クライシス』〜私の頭の中の世界線feat.リュウセイ&ハルセfrom『シークレット・オブ・ジェネシス』
作者名 LILUA
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ 異世界 世界線 ハリウッド タイムリープ 芸能界 歌舞伎 アーティスト 俳優 女優 HJ大賞2021後期
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年8月15日 18時49分
最終投稿日 2021年10月17日 9時02分
完結日 2021年10月17日 9時26分
文字数 38,107文字
読了目安時間 1時間16分
総エピソード数 20話
ブックマーク登録 4件
コメント 42件
スタンプ 40件
ビビッと 4件
応援ポイント 27,700pt
ノベラポイント 120pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 廃課金最強厨が挑む神々の遊戯

    人付き合い下手な最強厨と奴隷の少女の物語

    1,646,475

    5,365


    2022年8月13日更新

    VRMMORPGファーアースオンラインを廃課金で最強を誇ったプレイヤー、フォルティシモ。 彼はある誘いを受けてファーアースオンラインそっくりの異世界へ転移する。 そこではフォルティシモを更に強くできると言われたが、実際はそんなことはなくカンストのままだった。更にその異世界では、ルールもよく分からないゲームが催されていて、いつの間にかフォルティシモも参加することとなってしまう。 これは最強厨の彼が更なる最強を目指し、異世界で自由に生きていく物語。 ◆◇ 家族に捨てられて奴隷として売られた少女、キュウ。 彼女は最強だけど少し変な主人に買われてしまう。 誰からも家族からでさえ望まれなかったキュウは、主人の歩みに合わせていくだけでも精一杯だった。しかし主人はキュウを物理的に強くさせ、その周囲に集まる多くの人々との出会いは、何も持たなかった少女を成長させていく。 これはすべてを失った少女が、最強に並び立つための物語。 その他要素:多視点、主人公チームチート、奴隷、ケモミミ、ステータス、AI ※フォルティシモ、キュウの二人を主人公だと思って書いています。 ※状況描写、心理描写共に力を入れて書いていきたいと思います。 ※更新は水土予定となります。 【第10回ネット小説大賞 一次選考通過】 読んで頂けている読者の皆様、本当にありがとうございます。 この小説は小説家になろう、アルファポリスにも投稿しています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:42時間48分

    この作品を読む

  • 幸せな高校生活を送ろうと、日夜ゾンビと戦う過酷な世界で生きようと、今日も俺は夢を見る

    割としっかりしていて今でも気にいってます

    9,300

    500


    2022年7月30日更新

    人間の三大欲求とされる睡眠という名の欲求。 俺はこの睡眠において、少しおかしな特性を持っている。 夜の9時には抗うことすら許されない程の強烈な眠気によって夢の世界に入り込み、例えどんなに眠かろうと、必ず朝の6時に起きてしまう。 その合間に起きることは無く、例え、どんないたずらをされようと、俺が目を覚ますのは決まって6時だった。 そして、決まっていつも同じような夢を見る。 夢で見る世界はいつも決まって同じ舞台だった。俺の知っている都市は壊滅的な状況に陥っており、外に出れば荒廃した世界がただ広がるだけの世界。そこに笑いあい、怒りあう人間の姿は無く、居るのはゾンビと称された元人間だけであった。 そんな世界で、俺は頼れる仲間と共にその荒廃した都市に蔓延るゾンビ達と日夜戦っていた。 不思議な不思議な夢で、その世界の俺はその世界を夢だと認識することは無く、同じように夢で見る平和な高校生活をまるで懐かしい思い出でも見ているかのように現実とは思ってもいなかった。 俺は約一年間に渡って、この奇怪な現象に悩まされてきた。 そして、もう二度とこの変な症状は治らないんだなと諦めかけていた時、俺の前に一人の少女が現れた。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:48分

    この作品を読む