連載中 連載

わが手より迸れ死光線放出《デス・レイ》 ─ 我、電子を加速せり ─

作者からの一言コメント

殺人電波を発射する少年と受信する少女の話

個人の経験、知識、個性を読み取り、それを元にしてオリジナルスキルとして発揮できる。それが完全永住型ファンタジーワールド『アルカンディア』の特徴の一つだった。    少年コウは参加して直ぐに、世界にたった一人だけのレアスキル『デス・レイ』を授かる。 それは掌から大出力電波を放出し、数千℃のプラズマとして照射できる能力。 魔法や現代武器よりも破壊力があり、この世で貫けない物はない力だった。    少年コウは参加した初日にユウナと出会い、その直後、謎の追跡者から命を狙われる。 彼はその危機をデス・レイで戦う。 さらに戦いを通じて掌から発射される電波を利用した金属荷電ナイフを編み出す。 それはどんな刃物であっても、コウが使用すれば原子レベルで物体を両断できる能力だった。    電波を自在に操る少年とどんな波長も受信する少女が織りなす、おなじみのモンスターや最新兵器との対決、戦闘を繰り広げるSF&バトルファンタジーです。 わたしのTwitterアカウントです @type97_chihan 作品のことよりもミリタリー、とくに電波兵器のことを語っています(を)

前へ

次へ

前へ

次へ

この作品をシェア

Twitterでシェア Facebookでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
作品情報
作品名
わが手より迸れ死光線放出《デス・レイ》 ─ 我、電子を加速せり ─
作者名
斎藤まめ
セルフレイティング
暴力描写あり
初掲載日
2019年6月8日 16時45分
最終投稿日
2019年8月19日 21時00分
文字数
214,214文字
ブックマーク登録
89件
コメント/スタンプ
913件
応援ポイント
520,900pt
ノベラポイント
31,775pt