異世界ファンタジー 長編 連載中

幼馴染の婚約者聖女が勇者パーティー追放されたから、俺も一緒に離脱する事にした。

作者からの一言コメント

書き溜め用

幼馴染の聖女セレーナは前世の記憶を持つ転生者。 それを打ち明けられた時、それはもう驚いた。 だが、俺の想いは変わらない。 ずっと君の側で君を守る。 そう約束した数年後、神託通りに異世界から勇者が召喚されてきた。 しかし勇者として召喚されてきたニホンジン、ユイ殿はとんでもない我が儘娘。 なんと、婚約者のいる俺に言い寄ってきた。 拒むとなぜかセレーナをパーティーから追放すると言い出したので、俺も我慢の限界を迎える。 こうなったら、セレーナと一緒に故郷へ帰ろう。 魔王? 知りません。 「結婚前の独身最後の旅行にしようか」 「ヤダー、もうライズったらぁー!」 勝手にしやがれ。 なろう、カクヨム、アルファポリスにも掲載(予定含む)

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 幼馴染の婚約者聖女が勇者パーティー追放されたから、俺も一緒に離脱する事にした。
作者名 古森きり
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ コメディ(極振り) ギャグ ほのぼの アクション/バトル 男主人公 勇者 西洋風 ダンジョン 恋愛要素あり R15 ハッピーエンド 甘々ラブラブ
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年9月20日 16時58分
最終投稿日 2020年10月31日 22時21分
文字数 82,549文字
ブックマーク登録 22件
コメント 0件
スタンプ 81件
ビビッと 0件
応援ポイント 41,800pt
ノベラポイント 600pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 嘗て誅戮の限りを尽くした者の異世界冒険譚

    ♡5,700

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・166話・888,043字 鳥びゅーと

    2020年11月1日更新

    『殺戮の執行者』と呼ばれ、ネットやワイドショーを大いに騒がせた、悪人のみを狙って思うがままに殺戮の限りを尽くしていた人物がいた。 誰にも知られることはなかったが、彼は二重人格でそれぞれの得意分野を活かしながら殺人を繰り返していた。 だが、そんな彼はある日、異世界への転生を果たす。それも、それぞれの人格を分離した別々の一つの存在となって。 転生した彼らは近くにあった街に向かうが、そこでひょんなことから街でも有数な人物であるルミナと出会う。 そして、二人はそこから様々な人物と出会い、自分達のことを受け入れてくれた者達と活動を共にしながら、その世界のことを学んでいく。 だが、転生前から用いていた戦闘技能や暗殺技能はあるが、魔力が存在していて魔法がある異世界は、それだけでどうにかなるようなものではなかった。 転生直後は魔法の知識も無いので、異世界で生きて行くには不安な状態だったが、二人は魔法や魔力を用いた戦闘方法について学んで、着実に実力を付けていく。 これは不条理を嫌い、世界さえも嫌っていた二人の異世界冒険譚。 ※一話当たり4000~7000文字ぐらいです(普通にそれを超えることもあります)。 元々は小説家になろうのみで連載していましたが、こちらでも連載することにしました。 それに際して掲載している分の改稿作業を行い、それが済んだ部分から順次掲載していきます。 そのため、改稿作業が最新部分に追い付くまでは更新量は不定になります。 小説家になろう、カクヨムでも連載しています。 【小説家になろう】 https://ncode.syosetu.com/n3566fk/ 【カクヨム】 https://kakuyomu.jp/works/1177354054934583938

  • 好きだと言ってもらえる主人公を目指します

    ♡7,310

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・10話・27,062字 有坂紅

    2020年11月1日更新

    人類の盾、と称される三人の英雄がいた時代。 個人の力を遥かに凌駕して、種族の限界を超越して、単独で魔竜や魔人と戦う彼らを人は崇め敬った。 だが三人のうち一人は、もっと別のもののために戦っていた。 人類のためではなく。己のためでもなく。たった一つの目的のために。 これはそんな【大魔導師】クロウと、その従者キトラの物語である。 ※この作品は小説家になろうでも『大魔導師クロウ~天才魔法使いがクソヤロウ女神をぶん殴るまでの物語~』というタイトルで公開しています。