これで終わりじゃないよね?

読了目安時間:5分

エピソード:5 / 19

覚悟が決まらない

「予め言っておくが、君の望みは私が叶える訳ではない」 「……なんだって?」  しばらくの沈黙の後、全てを知る者から発せられた言葉は意外なものだった。 俺としては、もうストレートに答えを教えてくれるのだとばかり思っていたので、余計にそう思った。 「君の望みである「生きる意味」は、君自身で解き明かすのだ」 「俺自身で解き明かす? あんたが教えてくれるんじゃないのか?」 「……答えを知ってもらいたいとは言ったが、教えると言った覚えは無い」  ――その言葉を聞いて納得がいかなかった俺は、全てを知る者に問い詰めた。 「なあ、それでも良いんだけどさ、自分自身で解き明かせ、なんてそんなおかしい話あるかよ。今まで考えても考えても答えを知るには至れなかったんだぜ? だから俺はあんたみたいな存在を望み、あんたは俺の前に現れた。そうだろ? それに自分自身で解き明かせるくらいなら、あんたが出てくる必要もないはずだ」  どうしてもダメだったからあんたが来てくれたんじゃないのか?  頭がパンクするくらい考えても疑問しか湧かない俺に、どうやって解き明かせと言うのか……。  若干の失望がこもっていた俺の問い詰めに対し、全てを知る者は先程から少しも変わらない淡々とした口調で答えた。 「今が「時期」と言って良い。君がどうしようもなくなり、私のような存在を強く望むのも「時期」だっただけのこと。それは同時に、君がかねがね望み、考えてきた生きる意味を知ることが出来る「時期」でもあるのだ。そして今、君は私が出てくる必要はないはずだと言ったが、私は存在する必要がある。先程、私が述べた内容を思い出してくれれば理解してもらえるだろう。決して答えを教えるために私が居る訳ではない」 「……じゃあ俺はどうすれば良いんだ。その「時期」とやらに身を任せれば良いのか? それとも、また考えて考えて頭を悩ませってか? そんなことしたってどうせ答えは出ないぜ」  ここまで来ると、もう何が何だか分からなくなってくる。  俺が全てを知る者の存在を強く望むのも時期? 俺が生きる意味を知ることが出来るのも時期? ――ってことは、全てを知る者が言っていることは「運命」のことなのか? 「まだ私の話は終わっていない。最後まで聞いてもらおう」 「……ああ、話の腰を折って悪かった。続きを頼む」  俺が先を促すと、全てを知る者は相も変わらず、感情の起伏のまるで無い口調で言った。 「君はまもなく元に戻り、また普通に生活を送っていくことになる」  ――この一言に俺が驚いてしまったのは、これから壮大な冒険が始まるんだとでも思っていたからだろうか? 「今まで通り……か?」 「そうだ」 「じゃあさ、ここはやっぱり夢の中なのか?」 「それは君の解釈に任せる」 「八ツ!そこも教えてはくれないんだな」 「私が教えることでもない。君は今「時期」の移り変わりの狭間にいる。この暗闇から次の景色に変わる時、君は答えに繋がっていく。ただそれだけのことだ」 「……なるほどな。まあとりあえず、ここは夢の中なんだって思うことにするよ。そして要するに、いつもと変わらない日常が過ぎていくのはもう終わりで、元に戻ってからは何らかの変化があるってことだな?」  ――この得体のしれない空間から目覚めた後、何も変わらない日々が変わっていく。  そこまで大袈裟に変わるって訳でもなさそうだが、少なくとも今までのような単調な日々にはならないということだ。それが分かっているなら、幾分心が踊る……かもしれない。 「……一つ聞いて良いか?」 「何か質問でも?」  この暗闇から見慣れた景色に変わる時、答えに繋がる毎日を数えていくことになる。それだけで考えれば、一体何が起こるんだろうかとワクワクしてしまう。実際、今俺は若干嬉しいと感じているかもしれない。  しかし、もう単調でつまらないかもしれないが、平和だった毎日とはさよならをしなければならないんだなと思うと、なんだか哀愁を感じずには居られない。平和じゃ無くなるなんてことは無いのかもしれないが、今までの日々が変わらないで欲しいという気持ちが少なくとも俺の中に存在している。要するに、不安なのだ。  恐らく、これから起きるであろう出来事の中には受け容れ難い出来事もあるはず。  今のままだと、俺は多分受け容れることも出来ないだろうし、目を逸らして逃げてしまうかもしれない。だからこそ、訊いてみたかった。 「俺は……本当に生きる意味を知ることが出来るのか?」 「ん? その答えを知りたくは無いのか?」 「いや、そうじゃなくて。本当に答えはあるんだよな?」 「何故そのようなことを聞く?」 「俺はいつからか考えてきた生きる意味を知りたい。この気持ちは確かなんだ。それに、あんたみたいな存在が俺の目の前に現れてくれたことだって、普通に考えたらありえないことだぜ? だから、嬉しいし楽しみなんだよ。これからどんなことが起きるのか、生きる意味の答えはなんなんだろうかって。でも……」 「「覚悟が決まらない」んだな」  ――最初、確かこんなやりとりがあったな。全てを知る者には何もかもお見通しってわけか? 「……そうだよ。どうしても躊躇してしまうんだ」  ここで、不安を和らげるように優しく諭してくれれば良かったのだが、全てを知る者は何も変わらない。ただ言葉だけを並べて、俺の耳に入れるのだ。 「心配する必要は無い。言ったはずだ。物事は思っているよりも単純であることが多いと」 「そんなこと言うけどさ、俺にとっては……」  ――この時、俺は異変に気付いた。空間が歪み始めたのだ。グニャっと空間が折り曲げられ、まるでSF映画に出てきそうなワンシーンを見ているようだった。  でもそれより解せなかったのは、暗闇は徐々に明るく彩りを加えて行くにも係わらず、俺の視界は逆に暗黒で覆い尽くされていくということだった。  視界が真っ暗になるなら、周囲も真っ暗になるはずだが、違う。鮮やかに彩られていくのだ。 「ちょっと待ってくれ! 覚悟がまだ……」 「ここにはまた来ることになる。安心しろ」  ――ああ、これは意識を失うってことなんだな。  意識が途切れる寸前、全てを知る者の口元が笑ったように見えた。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 烏王創世記

    烏による創世のダークファンタジー

    100

    0


    2023年2月7日更新

    【はじめに】 ド素人の為とても拙いです。ギャグとシリアスの温度差、NL中心の3Lと年齢制限あり。 サイトにて世界観・あらすじ・キャラ紹介・イラストが置いてありますので気になった方はそちらをお願いします(任意) 【あらすじ】 ・五つの部族による動乱時代 ・天上を統べる烏王(うおう)様と神々のお話 ・反乱後と二代目即位後のお話 ・深淵迷宮にて烏王再誕のお話 【烏人】 創始者はアダーマー・フギンとその妹で妻のエウア・ムニン 初め白かった美しい双子の烏はある事件がきっかけで天上の楽園を追放されその白さと美しい声を奪われ彷徨った。 ヴァルハラに迷い込んだ二羽は神オーディンに仕える。 神話創生にありがちな大戦の末に世界は滅亡し大洪水でほとんどの生き物が死に絶えた。 神も人も学習しない。 元々愛し合っていたアダーマーとエウアは沢山の子孫を生し、これが五つの部族の始まりである。 この子孫らは時代が下りレイウ族、オウギ族、ザドウ族、ユカラ族、ウェンカム族に分かれるようになる。 ちなみにこの時点でアダーマーは生きている。 五つの部族で諍いが起きてしまい疲れ切ったレイウの始祖王が王座をザドウ族に渡す。 時は流れ 烏の魔物である五つの部族が山岳地方や高原で争っていたがレイウ族のコルウゥ皇子が祖先の故郷へ想いを馳せながら五つの部族を統一する夢物語を見る。 叔父ロンウェーは半分馬鹿にしながらもその夢物語の実現に乗る事にした。 五つの部族時代は「ケレイト」「烏族(うぞく)」「烏人(うじん)」と他国から呼ばれていた。

    • 残酷描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • 鏡の魔法少女は自由に暗躍する

    魔法少女シリーズ第3弾! それは鏡?!

    7,500

    123


    2023年2月7日更新

    ※この物語はフィクションであり、実在する事件・人物・団体・名称等は関係ありません。 ――近未来の地球。 魔法と科学が同居する地球では、数十年程前から地球に現れた謎の敵対生命体、通称『魔物』の脅威に脅かされていた。 魔法少女と魔物の戦いが長年続く世界で、1人の例外且つ特殊な魔法少女が誕生!? 基本的には女性しかなれない魔法少女になってしまった大学生の青年……彼方(かなた)は、妖精ミラと契約し魔法少女になって世界を救い……ません!? マイペースでのんびりと。魔法少女の活動はするけど目立つ事しない。そもそも魔法少女になる事に乗り気ではない模様。 そんなTS魔法少女の暗躍? の物語。 とは言え、現実は甘くはなく、のんびりとこっそり活動するつもりが、気付けばなんだかんだでそれなりに有名な魔法少女として世界に名が広がってしまって…… 「予想外なんだけど?」 「仕方ないね」 と言っても本人は特に変わる事なくのんびり活動するのであった。 TS魔法少女シリーズ第3弾開幕っ! なお、不定期の模様。 ※この作品は『カクヨム』でも公開しています。 ※他の魔法少女シリーズ(第1作、第2作)との繋がりは基本ありませんので、この作品からお読み頂いても問題ありません。 ※他シリーズを彷彿とさせる内容や設定がありますが、直接的な関係はありません。 ※AIイラストを追加しました。(おかしな所は気にしないで←)

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:22分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 未完の玉座

    もしも未完の玉座に座れたら。

    1,500

    0


    2023年2月6日更新

    ノイシュバンシュタイン城。 それは、ルードヴィヒ2世が思い描いた未完のお城。 ディズニーのシンデレラ城のモデルにもなったこの城の、未完の玉座に座れたら。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 虹魔の調停者

    凄腕魔法士たちが暗躍する本格ファンタジー

    326,530

    665


    2023年2月3日更新

    国を離れた精鋭たちの集う独立ギルド『ガレーネ』。 彼らは世界各地で起きる様々な問題を秘密裏に解決する役割を担う。 ある時、村育ちの兄妹であるジオとネルマは王都の観光をきっかけに彼らから勧誘を受けることに。 ギルドに加わった二人はメンバーたちと任務や休日の時間を共にしながら、少しずつ互いのことを知っていく。 しかし重要な任務の最中、別行動をしていたジオに不穏な影が忍び寄る———— 『厄災編』『竜人編』ともに、表紙イラストは菊月様に描いていただきました。 【無断使用・無断転載等は厳禁】 また、第一弾のイラスト公開記念として第0話を合わせて公開中です。 『厄災編』最終話で鮮明に描かれなかった主人公ジオの過去に遡ります。 *上のイラストは『竜人編』の表紙になります。 *小説家になろう、エブリスタ、魔法のiらんどにて同時連載中。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:13時間0分

    この作品を読む