夏の果て

読了目安時間:1分

エピソード:5 / 6

第5話

 「好きは好き。それ以上でもそれ以下でもない」  「は??どういうこと…?」  あーもう、めんどくさい。  いっそズルをして、適当に済ましてしまえばいいかとも思うが、この前怒られたんだ。  ちゃんとしないと、あの世からもこの世からも見放されますよ?  って。  なんだよ「この世」って…  大体私は死んだんでしょ?  ということはつまり、あの世にしか行けないわけで。  「付き合ってくれる?」  単刀直入に聞くのがいい。  そうすれば、ひとまず仕事は終えたことになる。  オーケーはもらえない。  それはわかっているが、三途の川でアイツ(死神のこと)に怒られなくて済む。  「えっと…」  彼は目に見えて困っていた。  デジャブすぎる映像だ。  最初のうちは期待してる部分もあった。  が、数百回もこの表情を見るたびに、どうでも良くなってきた。  だから今日もなんとも思わない。  ハッキリとした返事を待たず、階段を降りてテニスコートに向かった。  さ、部活だ部活。  あんなヤツ放っておいて、ひと汗かくぞー!!  

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 図書館の悪魔さん 

    カクヨムから転載。ゆっくりやっていきます

    13,000

    25


    2022年11月28日更新

    過去作改変。およびカクヨムからの転載。 県立丸萱高校は進学校である。だがこの高校を有名たらしめているのは生徒の学力ではない。 この学校には珍しいことに図書館が二つある。大図書館──第一図書館と副図書館、第二図書館だ。 その日、折人は赤点のテストを抱えながら、補修の準備のために副図書館を訪れていた。 最初のテストは惨敗だった。否、ある程度勉強してなお赤点だった。 己はこの学校には似合わない……。元ヤンキーが半年勉強してまぐれで受かったことの「現実」に折人は耐えられそうになかった。 だが副図書館で一人の先輩の女子生徒とであう。折人が欲しい図書を一発で当てた彼女は。 「図書館の悪魔さん」と、噂されていた。 元ヤンキーで創作に触れたことがない青年と、創作を愛する不思議な女子生徒の恋愛路。

    読了目安時間:57分

    この作品を読む

  • diary

    ツイッターで書いている140字SSまとめ

    9,400

    0


    2022年11月28日更新

    主に『ノベルちゃん三題』(#ノベルちゃん三題)でお題をお借りして書いた、社会人の『彼』と大学生の『私』の140字SSをまとめてあります。 内容はアルファポリスさん、エブリスタさんに掲載しているものと同じです。

    読了目安時間:2時間27分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 虹魔の調停者

    凄腕魔法士たちが暗躍する本格ファンタジー

    318,030

    665


    2022年11月25日更新

    国を離れた精鋭たちの集う独立ギルド『ガレーネ』。 彼らは世界各地で起きる様々な問題を秘密裏に解決する役割を担う。 ある時、村育ちの兄妹であるジオとネルマは王都の観光をきっかけに彼らから勧誘を受けることに。 ギルドに加わった二人はメンバーたちと任務や休日の時間を共にしながら、少しずつ互いのことを知っていく。 しかし重要な任務の最中、別行動をしていたジオに不穏な影が忍び寄る———— 『厄災編』『竜人編』ともに、表紙イラストは菊月様に描いていただきました。 【無断使用・無断転載等は厳禁】 また、第一弾のイラスト公開記念として第0話を合わせて公開中です。 『厄災編』最終話で鮮明に描かれなかった主人公ジオの過去に遡ります。 *上のイラストは『竜人編』の表紙になります。 *小説家になろう、エブリスタ、魔法のiらんどにて同時連載中。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:12時間1分

    この作品を読む

  • 宗教でスローライフを送ろうと思ったが

    人生初投稿です。

    21,900

    210


    2022年11月26日更新

    大学を卒業し仕事も上手くいかず毎日を適当に過ごしていたが、見かねた親に勘当され、いよいよ当ても無くなった私。 そうだ!宗教に入り込めば衣食住に困らず、しかも暇そうじゃないかとの発想で何とかコネ作りから始めるが……。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:40分

    この作品を読む