完結済 長編

たったひとつの冴えたやり方/劉備の嫡子 ~もし蜀漢を継ぐのが劉禅じゃなかったら後世の人はどれだけ不快感に襲われなかっただろうか~

作者からの一言コメント

劉禅の兄が挑む三国統一コメディ&パロディ

劉禅ではない『劉備の嫡子』である、真の後継者『劉操』が活躍?する人間の感情剥き出しの新感覚三国志 彼は後漢末・三国志の時代に生を受けるも『高尚ではない劉備』・『インテリヤクザで下衆な関羽』・『普段はまともだが酒乱の張飛』・『自分自身の設定が細かい厨二病の趙雲』・『毒舌で胡散臭い諸葛亮』など周りの人間たちが濃すぎて『ステルス系主人公』として生き残らざるを得ない。 ◇◇◇ 劉操の父、劉備・字は玄徳。 彼は激烈な人生を送ってきたためか、土地にも妻子にも執着することがなかった。彼は前漢の高祖の行動を倣っていたこともあり、何か逃げることがあれば妻子は置き去りにされ、そしてそのたびに虐殺された。 その結果、蜀漢という国は劉禅という三国志でも不人気1、2を争うボンクラに相続され、そして滅亡に至る。 『もし劉備に適齢の息子が居れば蜀漢は滅びず、天下統一していたのではないのか?』 転生してきた劉操は現代知識のチートを持って、歴史を変える…… 変えようとするも、どうやらこの時代は現代とあまりに違って知識だけでは生き残れないみたい…… 蜀漢を生き残らせるための『たったひとつの冴えたやり方』を求めて劉備の嫡子である現代からの転生人・劉操が後漢末期・三国時代に挑む! 『横山光輝三国志』・『宮城谷昌光三国志』を基調に描いています。 参考文献・引用・出典 陳寿・裴松之「三国志」:横山光輝「三国志」:宮城谷昌光「三国志」:小出文彦監修「三国志人物事典」:シブサワコウ監修「三国志Ⅲ事典」

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 たったひとつの冴えたやり方/劉備の嫡子 ~もし蜀漢を継ぐのが劉禅じゃなかったら後世の人はどれだけ不快感に襲われなかっただろうか~
作者名 室士郎
ジャンル 歴史/時代
タグ IF戦記 時代小説 逆行転生 感情剥き出し三国志 ステルス主人公 高尚でない劉備 下衆な関羽 酒乱の張飛 『設定』が細かい趙雲 胡散臭い諸葛孔明 コメディ パロディ
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2019年5月29日 1時38分
最終投稿日 2019年10月20日 17時00分
文字数 169,726文字
ブックマーク登録 57件
コメント/スタンプ 499件
応援ポイント 177,186pt
ノベラポイント 3,655pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 優しいだけの人が歴史を動かす

    ♡181,697

    〇267

    歴史/時代・連載中・253話 橋本洋一

    2020年7月10日更新

    第1回歴史時代大賞、一次選考通過!! この世が乱れ、国同士が戦う、戦国乱世。 記憶を失くした優しいだけの少年、雲之介(くものすけ)と元今川家の陪々臣(ばいばいしん)で浪人の木下藤吉郎が出会い、二人は尾張の大うつけ、織田信長の元へと足を運ぶ。織田家に仕官した雲之介はやがて内政の才を発揮し、二人の主君にとって無くてはならぬ存在へとなる。 これは、優しさを武器に二人の主君を天下人へと導いた少年の物語 ※架空戦記です。史実で死ぬはずの人物が生存したり、歴史が早く進む可能性があります 小説家になろうとカクヨムとセルバンテスとアルファポリスでも連載中です!

  • よくある信長時代よりはかなり前の時代です

    ♡0

    〇0

    歴史/時代・連載中・18話 但尾逆浦

    2020年7月10日更新

    皇紀2127年、帝国暦に直しては77年。上御霊の戦いから始まった応仁の乱により嘉吉の乱からひび割れを見せ始めた室町幕府はついに決壊した。戦いは十一年は続き、諸将が疲れ果てた末に自然消滅したそれは日本の秩序をガタガタに崩壊させた。が、その秩序は早い段階に於いて応急処置とでもいうべき治療を受けて復旧することになる。 垣屋続成。奇しくも応仁の乱より十五年たった後に生誕した彼はある記憶をも兼ね備えていた。……十数代は枝分かれした後の、ある子孫の記憶である。 これは、ある逆浦転生者が図らずも天下統一に乗り出し、成功してしまい、そして海外に乗り出すまでの物語である。 彼はまず、隣国を平定し、続いて謀将を滅ぼし、都に上洛した。そして旧来の既得権益層に喧嘩を売るや否や、一向宗や日蓮宗など危険な宗教の叛乱を撲滅、ついには弓馬の将にも拘わらず上級貴族となる。だが、そんなことで彼を飼い慣らすことなどできようはずもなかった。次々と発明を行うにあたり、喧嘩を売られた旧来の既得権益層は完全に疑心暗鬼に陥る。そして、彼が西国の平定戦に向かっている最中にそれは起きる。宗教、旧戦勝派閥、そして続成の伸長を差別的な目で睨み付けていた他の上級貴族の連合造反である。しかし、彼にも味方は存在した。中央政府首班である将軍と、彼の旧主であり旧敗戦派閥の首魁でもあった勢力である。そして彼は賭けに勝ち、走り出した。図書館を創設したり回教徒と出会ったりしたのもこの時期であった。 延徳九年、皇紀に直しては2157年、垣屋続成はついに四海を統一した。応仁の乱よりおよそ20年程度しか経っていないそれは良く言えば傷口の早期治療、悪く言えば現状の追認に近かった。だが、続成の発想はひと味違った。なんと、四海統一祝賀会の場に於いて天下切り取り勝手の号令を発布。これが何を意味するのかは諸説あるが、続成の存念はより多くの日本人町を海外に作り、日系人の地位向上並びに日本語の世界共通語化といったあたりにあった。むろん、本人は富良東大陸への遠征準備を整え、大陸の皇帝になる予定であったが如何せん彼は若すぎた。嫡子すらまだできていない。ひとまずは四海の安定と内治に励む必要があり、諸侯に於いてもせっかく沈静化した火の手を消すのに手一杯といったところであった。 ※あらすじは開発中のものです、内容とは大きく異ならないとは思いますが。※