現代/青春ドラマ 短編 完結済

馬と人は交われない

作者からの一言コメント

少女は全てを失った

高宮沙織はずっと苦しんできた。 乗馬クラブの指導者(男)からきつく当たられているためである。 暴言や暴力は日常茶飯事、果てはわざと落馬させられたりと――やりたい放題やられている。 それでも沙織は馬が好きだった。 沙織は動物の言っていることがなんとなくわかる少し不思議な少女だったが、ある出来事をきっかけに何もわからなくなってしまう。 そんな時、愛馬に雰囲気が似た少女が現れて――? ・表紙絵はTwitterのフォロワー様より。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 馬と人は交われない
作者名 M・A・J・O
ジャンル 現代/青春ドラマ
タグ 女主人公 女子小学生(JS) 乗馬 シリアス ダーク SF(少し不思議) 百合増えろください 星花女子プロジェクト ほのぼの 現代日本 日常
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年6月2日 19時07分
最終投稿日 2020年6月2日 19時15分
完結日 2020年6月2日 19時15分
文字数 3,003文字
ブックマーク登録 9件
コメント 1件
スタンプ 6件
ビビッと 0件
応援ポイント 5,500pt
ノベラポイント 100pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 大人の消えた世界で、学園は国家となる…

    ♡35,700

    〇260

    現代/その他ファンタジー・連載中・20話・102,546字 大塚 可修

    2021年1月19日更新

    大人だけが化け物となった日本。 学園の外は人間を喰い殺す化け物が跋扈し、子供たちは唯一の安全圏である学園で暮らすことになる。 そんな世界で、主人公は生徒会長として「みんなを守る」ため、学園を国家へと変革した。生徒会は行政組織となり、風紀委員会は警察組織となり、校則は法となり、独自通貨が発行された。 繰り返される仲間たちの死、迫られる選択、指導者である責任、裏切り、争い…絶望のネバーランドの中で、彼は少しずつ壊れていく…。 学園を導き、そして【校国】を築いた彼は、後世の人々にこうよばれた。 『国父』、と…。

  • 超王道異能学園ものが読みたいあなたへ

    ♡2,600

    〇50

    現代/その他ファンタジー・連載中・7話・28,156字 梅松竹彦

    2021年1月21日更新

    皇歴三〇〇〇年 八月三一日 八百万の神々の転生体『神代』を育成する天原学園を擁する南海の孤島『天原島』に、一人の謎多き少年が降り立った。 少年の名は夜堂司。 港から学生寮へ向かった司は、そこで一人の少女と衝撃的な出会いを果たすことになる。 「なんで褒めたのに斬りかかってくるんだ!?」 「全裸の不審者に褒められて喜ぶ女がいてたまるかっ!」 少女の名は雨水風花。 嬉し恥ずかし不慮の事故で互いの裸を目撃してしまった二人はどったんばったん大騒ぎの末、学園のルールに則り決闘試合で部屋の居住権を決めることになり……。 「どうだ、変身ヒーローみたいでカッコイイだろ!」 「ハッ、悪の怪人の方が似合うんじゃないのか」 「それを言っちゃお終いよ」 己が身に神気を宿す彼ら神代は、神気をそれぞれ固有の道具へと具象化させる力を持つ。 それこそが神器《じんき》。生きとし生ける者すべての仇敵たる禍ッ神《まがつかみ》を倒しうる唯一の武器である。 だが、司のそれは神器と呼ぶにはあまりにも禍々しい漆黒の全身鎧だった。 「夜堂薊。俺の父親────俺と母さんを殺した男だ」 「殺したいほど憎かったんだ。大好きだった母様を殺した姉が。でも、私の想いはいつの間にかすり替わっていた。私は本当に母様が好きだったのか? 私は……私は……っ!」 国の暗部に蠢く夜堂家の影。 司と風花、二人が抱える過去の因縁が交差するとき、物語は動き出す。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • これは、とある絵描きの物語

    ♡0

    〇0

    現代/青春ドラマ・連載中・1話・3,854字 紗倉雨

    2021年1月22日更新

    花に触れたい彫刻家。鳥を愛でる物書き。風を呑む歌唄い。月を描く絵描き。そして、××に燃える人。愛し、足掻き、信じ、見つめ、生きていく。これはそんな物語。

    タグ:

    現代日本 恋愛

  • 実話ソープにタダで通える裏技を紹介します

    ♡0

    〇0

    現代/青春ドラマ・連載中・129話・44,090字 匿名希望

    2021年1月22日更新

    詳しくは第1章をお読み下さい。 2020年1月、私は警察から現行犯逮捕され、11日間、監禁されていました。 そして、遠回しな言い方ではありますが、精神異常者として、精神病院に長期間、監禁されたくなければ、警察の不正を「もうこれ以上告発するな!」という脅迫を受けました。 告発するなという脅迫の中核となった真実は、警察とオウム真理教の間には癒着があったという事実です。 じつは、オウム真理教が行っていたテレフォンクラブでは、警察官も電話番をやっていました。そしてここで得られた利益の一部が、サリン事件の資金となっているのです。 ちなみにサリン事件の死者は21人。負傷者は約7000人です。 この真実を告発するために、本書を書きました。 また、上の内容とは無関係なようにも、みえますが、第4章では「男にモテるキャバクラ嬢の極意」を書きました。とりわけ、これからキャバクラで働こうと思っている女性や、新人のキャバクラ嬢は、是非ともお読み下さい。 なお、この作品は「アルファポリス」に「実話/ソープにタダで通う裏技/男にモテるキャバクラ嬢の極意」という同じタイトルで、 また「小説家になろう」にも、「実話・ソープランドにタダで通う裏技・男にモテるキャバクラ嬢の極意」というタイトルで 「novelist.jp」には、「実話・ソープにタダで通う裏技・男にモテるキャバクラ嬢の極意」というタイトルで 掲載させて頂いています。