歴史/時代 長編 連載中

ファンタジークイズ ─ 白銀の十字架亭の一夜 ─

作者からの一言コメント

あれのパクリです。

王都エクスの『白銀の十字架亭』。 そこは屈強な冒険者が集い、数々の冒険に旅立つ酒場だ。 君はそんな『白銀の十字架亭』に集う冒険者たちからの出題に応えられるか!

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 ファンタジークイズ ─ 白銀の十字架亭の一夜 ─
作者名 ローリング蕎麦ット
ジャンル 歴史/時代
タグ 90年代にやる内容 冒険譚 ローファンタジ ギャグ コメディ ほのぼの アクション/バトル 伝説/神話 歴史(迫真)
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年11月22日 21時28分
最終投稿日 2020年12月16日 19時08分
完結日 -
文字数 20,293文字
ブックマーク登録 1件
コメント 0件
スタンプ 0件
ビビッと 0件
応援ポイント 0pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 斯くて、逆浦転生者は聖なる理想郷を掲げる

    ♡374,200

    〇9,516

    歴史/時代・連載中・211話・372,379字 華研えねこ

    2021年1月21日更新

    第一幕 皇紀2127年、帝国暦に直しては77年。上御霊の戦いから始まった応仁の乱により嘉吉の乱からひび割れを見せ始めた室町幕府はついに決壊した。戦いは十一年は続き、諸将が疲れ果てた末に自然消滅したそれは日本の秩序をガタガタに崩壊させた。が、その秩序は早い段階に於いて応急処置とでもいうべき治療を受けて復旧することになる。 垣屋続成。奇しくも応仁の乱より十五年たった後に生誕した彼はある記憶をも兼ね備えていた。……十数代は枝分かれした後の、ある子孫の記憶である。 これは、ある逆浦転生者が図らずも天下統一に乗り出し、成功してしまい、そして海外に乗り出すまでの物語である。 第二幕 明応五年、皇紀に直しては2152年、垣屋続成は早くも四海を統一した。応仁の乱よりおよそ15年も経っていないそれは良く言えば傷口の早期治療、悪く言えば現状の追認に近かった。 だが、続成の発想はひと味違った。なんと、四海統一祝賀会の場に於いて天下切り取り勝手の号令を発布。これが何を意味するのかは諸説あるが、続成の存念はより多くの日本人町を海外に作り、日系人の地位向上並びに日本語の世界共通語化といったあたりにあった。無論、本人は富良東大陸への遠征準備を整え、大陸の皇帝になる予定であったが如何せん彼は若すぎた。嫡子すらまだできていない。 ひとまずは四海の安定と内治に励む必要があり、諸侯に於いてもせっかく沈静化した火の手を消すのに手一杯といったところであった。 ※尚、あらすじは開発中のものです、内容とは大きく異ならないとは思いますが。※ ※※現在、第五部以降は改稿を予定しております、展開が変わるわけではないのでご安心ください。※※

  • 輝鑑の情報を大胆にカットした軽量版です

    ♡100

    〇0

    歴史/時代・連載中・3話・8,255字 華研えねこ

    2021年1月21日更新

    眼精疲労によりちゃんさんが輝と褌をしばしば見間違えているらしいので、焼き豚ちゃんぽんさんから得たアドバイスの下、2月末の〆切に間に合うとは到底到底思えませんが、現状の輝鑑をなるべく簡素な表現で行うべく調整を行おうと思います。 とはいえ、基本的になろうさんで掲載したことのある「旧題:播州公書記(N1899DF、通称「なろう版輝鑑」)」の二番煎じを行った輝鑑(ノベプラ版輝鑑)のさらに焼き直しを行うので、味が多少悪くても許してくださいね? あ、掲載開始は衛藤聖下の誕生日である1/19を目標にしております。それまではあくまで掲載予告という形で。

    タグ: