連載中 長編

虫から始める魔王道

作者からの一言コメント

虫を愛する人に贈る異世界冒険譚

虫を愛していた男は、その虫が原因で死んでしまう。 「今度生まれ変わるなら、人ではなく昆虫にでもなりたいなぁ……」 彼は天に召される間際、そう願った。 その願いが天に届いたのか、目覚めると彼は異世界でカブトムシに転生していた。 カブトムシに転生した事に狂喜乱舞する中、彼の目の前に自らを生み出した存在、魔王が現れる。 魔王は彼に自らの後を継ぎ、魔王になれと言ってきて!? これはカブトムシに転生した主人公が魔王から名と力を受け継ぎ、スキル昆虫召喚(サモンインセクト)で愛する仲間達を増やしながら立派な魔王への道を歩んで行く、虫から始める異世界ファンタジー!  ・この作品は小説家になろう、カクヨム、マグネットでも連載しています。

前へ

次へ

前へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 虫から始める魔王道
作者名 稲生景
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ アクション/バトル 人外 魔王 昆虫 非人化 カブトムシ ミミズ 転生 ファンタジー 進化 人化なし 第2回ノベプラ大賞 転生/転移
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2019年7月1日 1時18分
最終投稿日 2020年7月31日 5時02分
文字数 683,840文字
ブックマーク登録 93件
コメント/スタンプ 1,660件
応援ポイント 408,540pt
ノベラポイント 14,810pt
応援レビュー 2件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 夢の超光速機関には人類の罪が隠されていた

    ♡48,100

    〇50

    SF・連載中・78話 K1.M-Waki

    2020年8月9日更新

    現在から少し先の未来、人類は苦しんでいた。 人口爆発──それは、貧富の差を拡大し、差別を助長し、不正と貧困を栄養にして、大きく育っていた。発展途上国であふれた難民は、先進国になだれ込み、経済発展の足を引っ張っていた。 『このままでは共倒れになる』 地球人類を牽引する先進各国は追い詰められていた。 そこで、人口爆発の解決方法として、人類は地球圏外への移住を計画した。 スペースコロニー、月面基地、太陽系惑星のテラフォーミング……全てが失敗し、人類に明日はないかに見えた。 だが、そんな中、三人の科学者──エトウ(Etoh)、スズキ(Suzuki)、パウリ(Pauli)らにより超光速推進機関が発明されてしまった。三人の頭文字を冠して『ESPエンジン』と名付けられたそれは、光速の壁を突破し、何百光年もの距離を隔てた宇宙の果てまで人類を送り出すことに成功した。これにより、人類は太陽系から外宇宙へと進出し、銀河を探索できるようになった。 そして、第七十七太陽系発見に因んで名付けられた六隻目の超光速移民船──ギャラクシー77が、地球を出港し、大銀河の大海原へと飛び立った。 これは、とある事がきっかけでギャラクシー77のパイロットに選ばれた少女の物語である。

  • アダルトゲームに異世界転生orz

    ♡166,351

    〇2,621

    異世界ファンタジー・連載中・64話 不適合作家エコー

    2020年8月8日更新

    プロットあり ‪https://novelup.plus/story/406532720‬ 現世では男だった主人公は負けるとご褒美映像のあるアダルトゲームの女主人公に異世界転生してしまった。 負けると強くなる世界でこれを拒む主人公、主人公を敗北に導くべくあの手この手で無理難題の罠を張る国王。 果たして無敗攻略を達成できるのか?

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 2020年8月10日更新

    科学で真実を暴き出し、イカサマで真実をひっくり返す! 邪神が支配する異世界に召喚された二人の主人公。 天才ギャンブラー、冴木凛は森羅万象あらゆるものを斬り裂くという伝説の剣を手に入れた。 秀才女科学者、逢沢鈴は森羅万象あらゆるものを結合させるという伝説の腕輪を手に入れた。 異世界に召喚された直後に伝説の武具を手に入れた二人だったが それは、非常にピーキーなチューニングを施された、イマイチ使いづらい武具だった。 しかたなく、冴木凛は天性の運とイカサマで、逢沢鈴は根性の粘り強さと科学知識で 襲いかかる魔物や精霊たちを次々と叩き伏せていく。 この世界の精霊たちは大のギャンブル好き。しかも非常に厄介な特殊能力まで備えていた。 二人は協力し、能力の謎を科学で解き明かし、イカサマにはめて精霊を支配していく。 やがて二人は、世界の存亡をかけて邪神に対して壮大なギャンブルを挑むことに…! 主人公たちの武具は基本的にチートですが、タイトルにあるように全く使いやすくないため、いわゆる『無双』はほとんどありません。 知恵と知識でやりくりしていくタイプのお話に仕上げております。 作中に出てくる精霊術と呼ばれる術は基本的に魔法と同じですが、これまでよりメカニズムを詳細に追求してみました。あれこれと様々な能力が出てきますが、基本的には一つの原理で作用するように設計された術になっています。 あと、やたらと科学の要素が強いです。『魔法を可能な限り科学で解釈する』というのが隠れコンセプトなもので、その辺に拒絶反応がある方はご容赦ください(なるべくシンプルに書いているつもりですが) 最後に、この作品はベタベタの恋愛要素も含んでいます。 きちんと白黒つけた終わりは用意していますので、そこはご安心ください。 ※本作品は「小説家になろう」にも掲載しております。

  • 何時か楽園に辿り着くその日まで

    ♡2,400

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・3話 蒼弐彩

    2020年8月10日更新

    この世界の果てには、楽園とそこに住む死者と生者が唯一交わる場所──楽園の市場〈パラディスフェア〉があると云う。 とある奇跡を切っ掛けに出会った薬師の吸血鬼と神父の資格を持つ吟遊詩人の人狼は、ある約束を守る為、そこへ向う旅に出る事にした、薬を売って、手伝いをして資金を稼ぎながら。 これはいつか二人が楽園を知るまでの軌跡。 イラストは勿論自作、ロゴは零度海様からいただきました!、ありがとうございます!! カクヨムにてあげていた 楽園市場─ParadiseFair ─ の改稿版です。 改稿しながら落としていく上、他作品の連載もあるため、不定期投稿かつ長期間放置の可能性もあります