異世界ファンタジー 長編 連載中

出会い系異世界、転生して4秒で勇者爆誕!

作者からの一言コメント

女性は水とパンと俺があれば生きていける

「魔王が存在する理由?原因は俺。俺に倒されたいのさ、魔王ってヤツらは」 桐生風雅はネット弁慶。 過去のトラウマから学校では目立たないように努め、そのストレスを発散させるかの如くSNSや掲示板、コメント欄ではイキリ倒す毎日。 そんなある日、スマホに見覚えのないアプリが。 ――出会い系アプリ“Date/Grand Offer” 見た事も聞いた事も、それどころかアクセスした記憶もインストールした覚えもない怪しげなアプリ。 間もなくアプリに通知が。 不信感に苛まれつつも、抑えきれない好奇心がアプリへと手を伸ばす。 ――英雄譚は突然に 「リアルな話、異世界には2種類の勇者しかいない。俺か、俺以外か」

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 出会い系異世界、転生して4秒で勇者爆誕!
作者名 武論斗
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 勇者 異世界転移 異世界転生 出会い系 時間停止モノ タイムリープ 出会って4秒 アプリ 俺様系 第2回ノベプラ大賞
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年2月3日 11時02分
最終投稿日 2020年2月14日 10時21分
文字数 31,757文字
ブックマーク登録 2件
コメント 0件
スタンプ 2件
ビビッと 0件
応援ポイント 400pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 全員問題児!七魔王総選挙の幕が上がる!

    ♡2,100

    〇100

    異世界ファンタジー・連載中・5話・19,637字 HAGEFiLL

    2020年11月24日更新

    幾万年もの太古の昔。 幽世の世界『魔界アルドラマ』は“始まりの魔王”の手によって治められていました。 始まりの魔王はとても凶暴で、アルドラマに住む魔物たちからは『全てを喰らう者』と呼ばれ恐れられていました。それは魔物のたちの生命の源『フラクタル』を食べる事で魔王は 大いなる力と永遠の命を維持していたからなのです。アルドラマはそんな魔王の恐怖に縛られ、諍いは絶えず、国は荒廃していきました。 そんなある日、悠久の時の彼方から、突如3人の賢者がアルドラマに現れ7人の御使たちに力と武器を授けました。そして7人は魔王と戦い封じ込めることに成功します。 魔王が倒れると賢者はもう二度と一人が強大な力を持たぬようにとアルドラマを7つに分け、御使たちにこう伝えました。 『1万年に一度の大祭の年、選挙によって時代の王を決めること』 これが七魔王総選挙の始まりなのでした。

  • 傍若無人な美少女(死体)が妖怪退治!

    ♡131,950

    〇6,883

    現代/その他ファンタジー・完結済・85話・112,895字 神原オホカミ

    2020年10月30日更新

    弱小陰陽師の佑が校舎裏でリンチを目撃して、たまに入ったらまさかの校内一の美少女だった。 リンチ相手はまさかの妖怪。 逃げ出した佑を追ってきた美少女は、佑を脅してきて―――。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 忍ばない忍びの冒険記です

    ♡1,200

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・26話・63,609字 高遠 桜

    2020年11月26日更新

    忍びの里を抜けた忍びが、仇討や討伐や冒険するお話です。 カクヨム、ノベルバにも投稿してます

  • 動物好き転生者がネクロマンサーに至る物語

    ♡10,500

    〇200

    異世界ファンタジー・連載中・18話・21,042字 神達 万丞(かんだち ばんしょう)

    2020年11月26日更新

    しがないサラリーマン斉藤義房は三百匹のペット達を救助中、火事に巻き込まれて異世界へ転生していた。 モンスターテイマーの学園生、ナタク・オルナダークとして。そんな彼はモンスターと対峙する。魔物使い検定試験だ。結果はぼろ負け。 成績は最高クラスだが、学園創立以来初の劣等生、または公爵家の失敗作と揶揄されていた。全身包帯グルグル巻きも相まって当然全学園の嫌われ者。 決して能力が低い訳ではない。修業して卓越した力が備わっていた。それでも彼が認められないのは、この世界がモンスターテイマー至上主義であるからだ。 使役出来ない者は経典によると悪魔の使い奴隷以下なのである。なので、仮にも王国四大の一角ゴルディオン公爵家二五男だが、モンスターレスというだけで生徒どころか教師にさえ人間扱いされない。 それでもナタクがここにいる理由は、ひとえに動物が好きだからだ。 だから生徒達から馬鹿にされながらもモンスター達と仲良くなることを夢見て静かに過ごしていた。 季節は冬季から春期へ入れ替わったばかりの頃、事件が勃発し始める。 純血貴族絶対主義派と名乗っている集団の暴動騒ぎだ。 神の系譜、純血ではないと、現王家に反発する分を弁えない純血派貴族達が魔物で暴動を起こす。 ほぼスーパーレアクラスで構成されていたので、使役しているテイマーの能力同期化もあって、守備兵のコモンやノーマルクラスではとても太刀打ち出来なかった。 しかし、彼らの所業が実を結ぶ事はなかった。何故なら、巷を賑わしている謎の魔物と、それを使役するダークナイトと呼ばれている謎のヒーローが暗躍しいているからだ。 そんな世間の騒動とは無縁のナタクは日々、学業以外は大抵地下のラボにいた。日課の魔物の死骸いじりだ。朝狩ってきた野生モンスターの素材となる箇所を切り取ってスキルの冷凍アイテムボックスへ保管している。 常人ならモンスターの力を使わないと出来ない狩りをナタクは単独でこなすことが出来る。 協力者白夜から研究と死霊術を伝授された。 そう、モンスターを従わせられないのなら、自分で作ればいいのだという発想のもと、魔物の素材を組み合わせて最強の人造モンスター「シルヴァーナ」を完成させる。世間を騒がしている魔物はシルヴァーナで、ダークナイトとは操縦者のナタクであった。 出来るだけ毎日更新します。