恋愛/ラブコメ 長編 完結済

ライオンですが誰かもらってください

作者からの一言コメント

他サイトで48万PVいったラブコメです

昔男を食いまくっていたライオンだが最近誰からも相手にされなくなってしまった、そんな中友人がストーカーの被害に!そんな友人を心配するどころか自分もストーカーするくらい好きになってくれる人いないかな何て言い出すしまつ、何て言ってしまったもんだから神様がそれをしっかりと聞いていたみたいで何とライオンにもストーカーが?みたいな感じのストーリーになっております、絶対に笑えると思うのです是非見ていただけたら幸いでございます。どうぞよろしくよろしくよろしくよろしくよろしくよろしくよろしくよろしくよろしくよろしくうお願い致します。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 ライオンですが誰かもらってください
作者名 山下 島夜
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ ギャグ コメディ 女主人公 ほのぼの
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年11月12日 16時00分
最終投稿日 2020年11月28日 22時00分
完結日 2020年11月28日 22時00分
文字数 107,840文字
ブックマーク登録 1件
コメント 0件
スタンプ 1件
ビビッと 0件
応援ポイント 500pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
受け付けていません
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 少年レンは空の大地に!冒険生活の旅にでる

    ♡585,484

    〇91,164

    異世界ファンタジー・連載中・117話・364,030字 ネコカレー

    2021年1月13日更新

    ある日突然、アズマ=レンは異世界に転移すると、少女セレナに鍵を探して欲しいと伝えられる、転移した者は元の世界に戻ることは出来ない。レンは帰る気が無かったので異世界で生活する事にした! スライムのレム、メイドのミュウ、ギルドマスターのセレナと共にギルド結成!! レンはレベルアップして召喚石で召喚獣のライとアンジュをサモン!二人がスキルで人の姿に変身!? レン達は様々な大陸や時にだれもいったことがない未開の地に足を踏み入れる! 第ニ章アースクラウドを舞台に風と雲ともう一つの地上を冒険! この広い異世界で生活しながら冒険の旅に向かう! 感想やポイントなどもらえると小説の励みになります!

  • 藍。青より濃く、紺より淡い。

    ♡274,100

    〇630

    文芸/純文学・連載中・34話・95,955字 椿木るり

    2021年1月16日更新

    蝦夷梅雨も終わりかけの北の大都会・札幌。休学中の美大生である宇津木詩音はこの街で酒と性に溺れる生活を送っている。ある日、詩音は不倫相手の内田恭子に連れられて行った居酒屋で浅村佳澄と出会う。そこで忘れてしまったライターを返され会話をした日からしばらくの後、土砂降りの中で傘も差さずに立ち尽くす喪服姿の佳澄を見つける。 詩音は幼少期に一冊の画集を手にしてから降り頻る雨の中でキャンパスに描かれる少女性を見つめ続けていく。佳澄、恭子、妹の詩乃、そして真珠の耳飾りの少女。 これは宇津木詩音が画集を手に入れてから手放すまでの、そして詩音が描く少女たちの物語。 「君と見た夏の海」 第一景 ※作中には一部、未成年者の飲酒・喫煙・不純異性交友シーンが含まれますが、それらの犯罪行為を助長する意図はありません。あくまでも小説上の演出であることをご理解ください。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 君が知ることはなくても、僕は君を想う

    ♡18,100

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・56話・66,869字 みこ

    2021年1月20日更新

    12歳になる少女マリィ。幼少の頃から好意を抱いていた王子との婚約で幸せを掴んだはずだった。絶望が襲い、倒れ伏した王子に寄り添う少女の前に現れたのは、黒い翼を持った一途な悪魔だった。 ————— 眠りについたまま 死んで行く君 終わらぬ夜の中 ひとりの私 命を救うため 花の雫探してる 私の耳元に 悪魔が囁くのよ 「いつまでも そんなこと してたって 無駄だよ そんなもの この城に 在りはしない 目が覚める その日まで 朝だって 隠れた 僕のこの 手を取って 二人きり 踊りましょう」 頬を伝わる涙 時計の針は進む 背中から差し出された その手は優しそうで 世界を這うように あちらこちらを探した 私の耳元に 悪魔は囁いたの 「ホントはね その身体 冷えきって 心配さ このスープ 少しでも 飲んでおくれ ひとりきり つらいのは 僕だって 同じだ 僕のこの 腕の中 二人して 眠りましょう」 止まらない涙 時計は進み続ける どんな言葉でも 振り返りたくはないの 君の手を握る まるでそれは懺悔のよう ──私の心は 変わらず君のその側に── 遠くで鐘の音が 鳴った気がした こちらはカクヨムとの同時掲載作品です。

  • これは、決して報われない物語

    ♡300

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・9話・9,167字 みおゆ

    2021年1月20日更新

    花森つみきは、幼馴染の松澤ののかとずっと一緒だった。 もちろん、春から通う高校も同じ、クラスも同じ。 新しいクラスで出会った沼倉たいちと距離が縮まるのも―同じだった。 少しずつ“同じ”が重なって、だけれどいつまでも“同じ”ではいられないと自覚して、決別するまでのお話。