歴史/時代 長編 連載中

月詠の鏡と劔 大江戸月想奇譚

作者からの一言コメント

江戸時代が舞台のファンタジーです

頃は江戸時代の初期辺り。場所は大江戸の浅草浅草寺・・そこから、江戸を舞台としたファンタジーが生まれる。  古き月の他に新しき月があらわれ、江戸の町に不安があふれる。月詠という新しい月から生まれ落ちた存在に、里を抜けた伊賀の天才忍者才蔵は命を救われる。  次々に現れる個性の強いキャラクターたち。柳生家の双子、宗冬(むねふゆ)と宗春(むねはる)。天才陰陽師、土御門泰誠(つちみかどやすまさ)。新しい月をめぐる争いに四神たちはどう抗い月詠を守るのか? そして、月詠とは何者であるのか。  今、物語りがはじまる。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 月詠の鏡と劔 大江戸月想奇譚
作者名 猫野たま
ジャンル 歴史/時代
タグ 男主人公 人外 和風 異能 江戸 江戸時代 四神 陰陽師 忍び 忍者 中性 1周年公式創作フェア R15
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2020年4月20日 23時49分
最終投稿日 2020年9月27日 18時23分
文字数 134,174文字
ブックマーク登録 40件
コメント/スタンプ 266件
応援ポイント 99,300pt
ノベラポイント 520pt
応援レビュー 1件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    ♡357,900

    〇2,434

    SF・連載中・67話・376,257字 新星

    2020年9月27日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

  • あなたは、「技術」が好きですか?

    ♡88,900

    〇1,410

    現代/青春ドラマ・連載中・7話・26,502字 さらマウス

    2020年9月27日更新

    多大な労力に格安の報酬、法の穴を突いた詐欺紛いの行為に、退職者による時限爆弾、そして理解不能な変人たち。 フリーランスエンジニアの舞子は、伏魔殿のような世界——Web業界——に翻弄され、次第に磨耗していく。 遂には今後の身の去就を迷いはじめたその時、ある人物からの連絡があり—— ※週次更新中です

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 笑い、恋愛要素ありの和風ファンタジー戦記

    ♡11,300

    〇0

    歴史/時代・連載中・41話・67,578字 こんろんかずお

    2020年9月28日更新

    魑魅魍魎が跳梁跋扈する世の中、ある時、その魑魅魍魎を率いる鬼と呼ばれる一族が人間が住む各地を征服し始め、人間たちは絶滅寸前まで追い詰められたという。 そんな時、不思議な力を持つ使いの者が現れ、生き残り全員に使いの獣を授けこう言った。 『その獣はお前たちが望む手段になるものだ。共に歩み、鬼と魑魅魍魎に対抗するといい・・』 幾月か使いの者から手ほどきを受け、使いの獣を使役できるようになった。そして、それが鬼と魑魅魍魎への強力な対抗手段となり、それから数百年後、人間は絶滅寸前から魑魅魍魎達に拮抗する国力をつけるまで成長した。 そして、鬼龍達若者の物語が今ここに始まる・・・

  • 信長信照伝はホントにいた史実の人です。

    ♡53,700

    〇33

    歴史/時代・連載中・70話・273,959字 牛一・冬星明

    2020年9月28日更新

    気が付くと戦国時代? 人間万事塞翁が馬が座右の銘な魯鈍な人は戸惑った。 生活は最低・最悪。 それでもこの世界ではマシな部類という。 織田信照は信秀の10男だ。 10男って、がんばり過ぎでしょう。 もうギャグでしかない。 信秀の子と言えば、織田信長。 第6天魔王の弟という恐怖なポジションだ。 魔王と対峙しながら魯鈍な人は生活改善にひた走る。 天下静謐を目指す信長とのんびりと暮らしたい魯鈍の人はやっていけるのだろうか? 美男子コンビが取り成す、戦国トンチコメディーのはじまりだ。 魯鈍の人は総押し、それとも総受けか?