連載中 長編

異界心理士の正気度と意見 ―いかにして邪神を遠ざけ敬うべきか―

作者からの一言コメント

江ノ島にクトゥルフ上陸!

 2013年、江ノ島に邪神が上陸した。鎌倉周辺は狂気に沈み、そこは現在“異界”とさえ呼ばれる特異地域と化している。誰もその狂気に抵抗できぬが、唯一、専門の心理士だけがかろうじて正気を保とうとする人々の救いになり得る。  無免許にして最高の心理士、島野偃月(しまの・えんげつ)は望んで異界に住み込み、怪異と対峙し続ける。  本格クトゥルフ怪異譚の連作短編。

前へ

次へ

作品情報
作品名
異界心理士の正気度と意見 ―いかにして邪神を遠ざけ敬うべきか―
作者名
水城正太郎
ジャンル
ホラー
セルフレイティング
残酷描写あり
初掲載日
2019年5月17日 16時46分
最終投稿日
2019年7月20日 11時52分
文字数
103,430文字
ブックマーク登録
173件
コメント/スタンプ
826件
応援ポイント
338,620pt
ノベラポイント
2,660pt
応援レビュー
1件