完結済 長編

僕と彼女の、繰り返される夏

作者からの一言コメント

仮初めの恋人から──真実の愛へ

 ──私は、君のイブになりたかった。  怠惰にして無感情。日々平凡な生活を送っていた高校生、高畠智也。彼は繰り返し同じ夢を見ていた。  それは、二年前に犯罪に巻き込まれて亡くなった、仮初の恋人──藤堂栞と過ごした最後の日の夢。  どうして今ごろ彼女の夢を見るのか……訝しむ彼の元に、藤堂と瓜二つの外見を持つ転校生、柚木栞が現れる。柚木は彼に、「何時か運命の人に出会えるといいね」と告げた。  ──運命の人。  それは皮肉にも、かつて藤堂栞がよく呟いていたフレーズと同じものだった。  困惑を深める中、翌朝。  彼は自分が二年前の七月四日に、タイムリープしている事実に気が付く。自身がタイムリープした要因を、藤堂栞を救うことだと考えた智也は、再び彼女と仮初めの恋人になる。  ところが、二年前と違ってとにかく積極的に振る舞う藤堂の姿に、戸惑いを覚えつつも惹かれていく。  彼がタイムリープした本当の理由とはなんなのか? 何故、藤堂の行動に変化があるのか? 全ての謎は運命の日(彼女の命日)、八月四日に明かされる──。 ※第一回文芸ノベル大賞(MKproject主催)一次選考通過作。 ※第8回ネット小説大賞一次選考通過作。 ※表紙画像は、ゆゆ様のフリーアイコンを使わせて頂きました。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 僕と彼女の、繰り返される夏
作者名 華音(かのん)
ジャンル 文芸/純文学
タグ 恋愛 ライト文芸 タイムリープ 切ない恋 青春恋愛 山口県 青海島 R15 ラブコメ どんでん返し
セルフレイティング 性的表現あり
初掲載日 2019年10月11日 21時21分
最終投稿日 2020年5月2日 18時44分
文字数 161,731文字
ブックマーク登録 29件
コメント/スタンプ 88件
応援ポイント 59,100pt
ノベラポイント 2,280pt
応援レビュー 1件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 十人十色の萌えミリタリー

    ♡41,650

    〇200

    SF・連載中・38話 春ノ嶺

    2020年6月4日更新

    ※この小説は8割とまではいかないまでも半分以上はギャグでできています。 世界は終わった、人が戦争をやめられなかったために。 少し先の未来、数発の核発射を伴って三度目の世界大戦は終結した。誰が勝ったという話ではない、戦い続けられる者がいなくなっただけの事だ。もはや地上に秩序はなく、細かく分かれた国々は武力だけを外交手段とした。 そこに寄せ集めで組まれた戦闘部隊があった。 あらゆる手段をもって戦争を止める為に存在する部隊が。 1チーム目、番号308、バカ騒ぎ担当。 2チーム目、番号666、無双担当。 3チーム目、番号72、雰囲気担当。 4チーム目、番号49、王道担当。 この終わりかけの世界で彼女らは暗躍する。

  • ESPエンジンで光速を超えろ

    ♡3,900

    〇0

    SF・連載中・27話 K1.M-Waki

    2020年6月4日更新

    現在から少し先の未来、人類は苦しんでいた。 人口爆発──それは、貧富の差を拡大し、差別を助長し、不正と貧困を栄養にして、大きく育っていた。発展途上国であふれた難民は、先進国になだれ込み、経済発展の足を引っ張っていた。 『このままでは共倒れになる』 地球人類を牽引する先進各国は追い詰められていた。 そこで、人口爆発の解決方法として、人類は地球圏外への移住を計画した。 スペースコロニー、月面基地、太陽系惑星のテラフォーミング……全てが失敗し、人類に明日はないかに見えた。 だが、そんな中、三人の科学者──エトウ(Etoh)、スズキ(Suzuki)、パウリ(Pauli)らにより超光速推進機関が発明されてしまった。三人の頭文字を冠して『ESPエンジン』と名付けられたそれは、光速の壁を突破し、何百光年もの距離を隔てた宇宙の果てまで人類を送り出すことに成功した。これにより、人類は太陽系外部へと進出し、銀河を探索できるようになった。 そして、第七十七太陽系発見に因んで名付けられた六隻目の超光速移民船──ギャラクシー77が、地球を出港し、大銀河の大海原へと飛び立った。 これは、とある事がきっかけでギャラクシー77のパイロットに選ばれた少女の物語である。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 父からの精神的自立を目指す中学生の話です

    ♡200

    〇0

    文芸/純文学・連載中・34話 伊藤直人

    2020年6月4日更新

    東尾中学野球部3年生の井岡誠は、高校野球の古豪・東尾商業高校からの勧誘を受けていた。名門校で甲子園を目指したい誠だが、父・義秀からは高校では大学受験に専念するため、野球は中学卒業までと言いつけられている。厳格な父に従順だった自分を変えたいと強く思い説得を試みるが、父は頑として聞き入れてくれない。そんな中、中学生活最後の公式戦も目前に迫っていた。 一人息子の誠が進路のことで思い悩む一方で、義秀もまた自身が教師として勤務する水蘭高校では問題児・安西の指導に手を焼いていた。ある日義秀が仕事に疲れて風呂場でまどろんでいたところ、奇妙な夢を見る。夢の中でじっとこちらを見つめる少年の正体はーー 息子と父親、双方の視点から、親子の在り方を問う青春ストーリー。

  • 「夜行列車」x「生きる」の短編小説です。

    ♡600

    〇0

    文芸/純文学・完結済・1話 橘眞由

    2020年6月4日更新

    主人公の那月(なつき)は、着の身着のままで夜行列車に乗ります。そこで見た光景と感じた「同胞意識にも似た」想いを、夜の帳を奔り抜ける夜行列車に重ねます。実話を元に書かれた短編(一話読み切り)小説です。※少し古風に、そして詩歌的に書かれています。