完結済 長編

僕と彼女の、繰り返される夏

作者からの一言コメント

その結末に、きっと驚く。

 ──私は、君のイブになりたかった。  怠惰にして無感情。日々平凡な生活を送っていた高校生、高畠智也。彼は繰り返し同じ夢を見ていた。  それは、二年前に犯罪に巻き込まれ亡くなった仮初の恋人、藤堂栞の夢だった。  どうして今ごろ彼女の夢を見るのか……訝しむ彼の元に、藤堂と瓜二つの外見を持つ転校生、柚木栞が現れる。柚木は彼に、「何時か運命の人に出会えるといいね」と告げた。  ──運命の人。  それは皮肉にも、かつて藤堂栞がよく呟いていたフレーズと同じものだった。  困惑を深める中、翌朝、彼は自分が二年前の7月4日に、タイムリープしている事実に気が付く。自身がタイムリープした要因を、藤堂栞を救うことだと考え、再び彼女と交際を始めることに。  ところが二年前と違い、やたらと積極的な藤堂の言動に、彼も戸惑いを隠せない。それでも次第に心を開き、惹かれ合っていく二人。  関係が親密になる中訪れる彼女の運命の日(命日)、8月4日。その時彼は、藤堂栞に纏わる驚愕の真実を、知ることになった──。 ※三話の後半部分がちぎれてたので修正しました。2020/1/8 どうしてこうなった……。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報
作品名
僕と彼女の、繰り返される夏
作者名
華音(かのん)
ジャンル
純文学/文芸
セルフレイティング
性的表現あり
初掲載日
2019年10月11日 21時21分
最終投稿日
2020年1月4日 9時57分
文字数
161,155文字
ブックマーク登録
19件
コメント/スタンプ
34件
応援ポイント
17,400pt
ノベラポイント
1,800pt
応援レビュー
0件