文芸/純文学 長編 連載中

混沌のファンタジスタ 〜魔法のある世界で人々はサッカーの夢を見るか?〜

作者からの一言コメント

『サッカー×魔法』、使い方はアナタ次第。

読了目安時間:3時間25分

 今からおよそ20年前、地球に隕石が衝突した。 その隕石に含まれる放射性物質が、人々を、世界を、そして『サッカー』を根本的に変えてしまった。  魔法とサッカーをこよなく愛する中二病少年・水原悠人は、トラック事故の衝撃で『サッカーでのみ魔法が使える並行世界』に飛ばされてしまう。最初は戸惑いながらも徐々にその世界に順応していき、弱小サッカー部である新町中学校サッカー部に入部して日本一を目指そうと決意する。  そんな彼に襲いかかる受け入れがたい運命。  魔法の発現によるサッカーの武力行使化。  『革新派』と『保守派』、二つの相対する派閥。  混沌にまみれたサッカー界で悠人が最後に見るものとは一体……!?  『魔法×サッカー』の異色混合青春スポーツファンタジー、ここに爆誕!!

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 混沌のファンタジスタ 〜魔法のある世界で人々はサッカーの夢を見るか?〜
作者名 POИY
ジャンル 文芸/純文学
タグ サッカー 魔法 並行世界 パラレルワールド アクション/バトル 男主人公 現代日本 転生/転移 日常 異能 部活動 世界
セルフレイティング 暴力描写あり
初掲載日 2020年4月5日 19時00分
最終投稿日 2020年6月9日 21時00分
完結日 -
文字数 102,555文字
読了目安時間 3時間25分
ブックマーク登録 5件
コメント 2件
スタンプ 45件
ビビッと 0件
応援ポイント 34,100pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 蒼き瞳の異能破壊者

    異能破壊者と『万能』を操る少女の物語

    20,500

    100


    2021年5月14日更新

    太古の昔、一人の人間である最初の異能発言者(ファーストアビリティ-)が世界を歪ませる程の大規模異能を発動したことにより、様々な種族やエルフなどがこの世界に来訪した。 数多の戦争を繰り返したが、当事者の最初の異能発言者により和平が行われてその大戦争が終結した。 それから数千年の月日が経ち、世界は異能を使って様々な進化と発展を繰り返し、異能者を育成する機関が増えつつあった。 東の大陸と言われる巨大なユースリティア大陸の聖都地域にある第一異能学園に通う少年リク・ワンストは、新学期を迎えて二年生へと進級した。 ある時、学園で不可思議な事件が発生し、それの調査を行うリク。 そしてその際にリクは運命的な出会いを果たす。 彼女の名前はアテナ・セブンス。異能者の中でも特に優れている家系であり、世界で十人しか存在しない最高超越者の一人だった。 アテナとリク、二人の出会いが全ての物語の歯車を動かすことになるのだった! 異能破壊者の二つ名を持つ少年と最高超越者と呼ばれる少女による、バトルコメディ!!

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:5時間51分

    この作品を読む

  • メンタル病んでる事は判るが、歴史までは判らねぇよ!!

    タイムスリップしたなら変えてやらぁ!!

    40,100

    360


    2021年4月22日更新

    ※歴史の人物名や史実も出ますが、全く異なります※ あの苦しかった頃、私は何も望んでなかった。 何も考えられなえかった。 それでも私は助けて貰えた。 あんな環境から救って貰えた。 どうにか保護して貰えた。 それでも私は一切、忘れてねぇ… だから武術の全て習得を頑張った。 今なら絶対あのクズ共程度に負けねぇ… もう我流でも充分だ!! 忘れてねぇからこそ私は、もう決めたんだ。 誰も愛さねぇ。 誰も選ばねぇ。 誰も信じねぇ。 誰も望んでねぇ。 誰も求めてねぇ。 勿論、助けてくれた事や人達へ感謝してる。 通院も含めて、まぁ… 一応、メンタルも病んでる自覚はしてっけど? もう充分、一人で生きてけんだ!! それなのに今度は… おい、おい、待てよ!? タイムスリップだぁ!? 更に、あり得ねぇだろ!? もう言われる事すら何も判らねぇ… 命の価値だぁ? 生きる意味だぁ? 皆の中に居る幸せだぁ? 今更、全て判らねぇよ!! だから… 私に触れるな。 私に近付くな。 私に踏む込むな。 私は思い出したくもねぇ!! 私が誰かを、かぁ? 信じねぇ。 愛さねぇ。 命すら関係ねぇ。 しかも歴史までなら尚更、判る訳ねぇだろうがぁ!! 最初は唯一の優しい祖母が、私にくれた『宝物』からだった。 そこで、なぜか出会う。 過ごす中でも様々を悩む中でも何も判らない。 それは『唯一の宝物』でもなかった。 本当に探すべきは『幸福』をだった。 でも、そんなん知らねぇ!! 考えた事すらねぇ!! 私の命に価値すらねぇ!! それなのに何でだぁ!? でも言われる様々な言葉。 もう全てが衝撃的だった。 現代から過去へとタイムスリップした深い闇を抱える少女。 その傷も癒す為、また誤ちへとしない為、歴史上の有名人達すら動き出す。 「もう誰からも… 傷付けない!! 痛くしない!! そして… 守る事を!! 助ける事を!! 必ず救い出すのみ!!」 だったら私は… 「もう私には歴史すら関係ねぇ!!」 命の価値を、本当の意味を、未来に託す事を。 信じる事を、愛する事を、幸福を。 そして新たな歴史へ。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:18時間13分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る