混沌のファンタジスタ 〜魔法のある世界で人々はサッカーの夢を見るか?〜

読了目安時間:4分

魔法とサッカー

「……い、おい! おいっ! 悠人!」  誰かが僕を呼んでいる。死後の世界の住人だろうか。そういや、あのファンタジーアニメでもそういう世界あったな。まさか本当にそんな世界が――― 「起きろ!」  ベシッ! 「いっだぁ!!」  頬に意外な一撃を喰らって、僕は飛び起きた。目の前には、死後の世界の住人……って、あれ? 「……(らい)? お前なんでここに?」 「は? なにいってんだお前」  (らい)こと網走(あばしり)雷太(らいた)は、さっきまで僕とサッカーをしていた、いわば親友。魔法の世界にどっぷり使っていた僕にサッカーを教えてくれたのはコイツだ。そんな雷が、なんでこんなところに? 「もしやお前、僕の後を追って……」 「だから何言ってるんだよ」 「だって、僕は死んだはずだ。ここは死後の世界であって……」 「お前、ついに中二病になってしまったのか? まだ中学にすら入ってないのに」  さっきから話が噛み合わない。どうやら僕の言ってることが雷に理解されていないようだ、って…… 「あ、あれ?」  周りを見渡してみて、僕はここが「死後の世界」ではないことに気付いた。眼前に広がるのはよく見る新町市の街並み、そして僕がいたのは新町市営公園沿いの歩道の上。さっきトラックにはねられる直前まで見ていた風景だ。 「……あれ、さっきトラックにはねられて死んだはずじゃ…」 「死んでいたら今こうして話してないだろ。ほら、変なこと言ってないでさっさと戻るぞ。あ、そこのボール取ってくれ」 「……??」  僕は死んでないのか? そう疑問に思いながら、雷についていった。    *  *  * 「おーい、待たせたな」 「悠人! お前何してたんだよ」  周囲が僕を責め立てる。 「ご、ごめん」  ……とりあえず、運良く僕は死ななかった。そう思っとこう。 「ほら、さっさと始めるぞ」  雷がボールをセンターマークに置いて、キックオフ。ボールを持った僕は、ドリブルを始めた。 「もらった!」  相手の(れい)がボールを取りに来た。よし、ここはフェイント魔法「裏街道(メイア・ルア)」で……  とその時、零が衝撃的な一言を放った。 「氷の大地(アイシクル・フィールド)!!」  アイシクル・フィールド……? こいつ、僕のように魔法みたいな言葉を唱えて。さっきは魔法がどうの言ってたくせに……そうか、そんなこと言って僕をビビらせるのが目的か? だがそんなことで……あれ? 身体が動かない。どうしたんだ僕、まさか本当にビビって―――― 「なっ!?」  足下を見た僕は、そこに広がる光景にビックリした。  地面が凍っていたのだ。  それだけじゃなく、僕の足、膝下くらいまで氷漬けにされていた。これのせいで足が動かない……のか? どちらにせよ、信じられない光景だ。相手が魔法の呪文のようなものを唱え、それによって非現実的な効果が表れる。  まるで、魔法の世界じゃないか。 「へへっ、いただき!」 「っ!!」  いとも簡単にボールを奪われてしまう。しばらくすると、氷にヒビが入って割れた。足が自由になった僕は、急いでボールを取り返しに行く。  すでに零は自陣まで攻め込んでいた。僕が必死に追いかけていると、雷が零の前に立ちはだかった。アイツ、さっきのを見ていなかったのか? またすぐに「アイシクル・フィールド」とやらで凍らされて… 「ボルテージタックル!!」  その言葉と共に、またしても信じられない光景が僕の目に飛び込んできた。  ズバッ!! という普段聞かない効果音が聞こえ、それと同時に電撃が零の身体を貫いた。するといつの間にか、ボールは雷の足元にあり、零は身体が痺れて動けなくなっている。  また魔法……? もう、なんなんだよこれ……  その後も、炎に包まれた手がシュートを止めたり、岩石が地面から突き出てきたりと、何から何まで信じられないことばっかりだった。僕はあまりの光景に立ちすくんで、その(さま)を見ていた。  本当にこれ、何が起こっているんだ……? 「悠人!」  雷の声で我に帰ると、足元にボールが転がってきた。 「チャンスだ! そのまま打てぇっ!!」 「え、う、うん!」  ボールを受け取った僕は、言われるがままにシュート体勢をとった。右足で強く踏み込んで、左足を思いっきり振り上げる。  その時、左足が急に重くなった。何だ? と後ろを見ると、左足に何かがまとわりついている。これは……水? もしやこれも魔法なのか?  とにかく、そのままシュートを打とう! 「荒れ狂う激流の餌食となれ! 必殺! 『ハイドロブレイク』っ!!」  咄嗟に魔法らしいセリフと技名が出てきた。そのまま力一杯左足を振り抜く!! 「うおりゃぁぁぁああっ!!」  空気が割れんばかりの轟音が鳴り響き、激流を(まと)うボールがゴールへ突っ込んでいく! 「うわぁぁっ!!」  そのシュートはキーパーをぶっ飛ばして、ゴールネットに突き刺さった。 「はぁ、はぁ……」 「悠人! ナイスシュートだ!」  放心している僕に、雷がサムズアップをした。  どうやら、僕がシュートを決めたようだけど……なんだったんだ今の。    *  *  * 「じゃ、また明日な!」  夕暮れが迫り、みんなが帰っていく。僕も手を振って家に向かうことにした。  それにしても、今日は不思議なことばかり起こっているな。トラックにはねられて死んだかと思えばなぜか無傷で、その後やったサッカーが「魔法」のようなものばっかりだった。なんだか、別の世界に迷いこんだような変な感じがする。  …ん? 「別の世界」? そういえば、僕がトラックにはねられてから、みんながサッカーで「魔法」を使うようになった。 「もしかして……」  もしかして僕は、事故の衝撃で「別の世界」に飛ばされてしまったのか?

ほら!! イナズマイレブンが異世界転移するわけないじゃん!!

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る