現代/その他ファンタジー 長編 連載中

学芸員《キュレーター》と不思議な展示品―或る魔術師の報告書

作者からの一言コメント

魔術師な学芸員さんと素敵な時空の旅。

帚木直人、大学三回生。何に対しても無関心だった彼が大学で見つけたのは、魔女と噂される女性。 その女性は私営博物館、目黒博物館の館長であり、魔術師だった。名を目黒ともこという。 ともこの元には、紅猪口、呪われた人形、謎の望遠鏡レンズといった不思議な品が届けらる。 ともこは時の魔術を使い、時間を遡ってその品を鑑定する魔術師だったのだ。 バイトとして博物館で働くことになった帚木もともこに付き添い、時間を遡るが、しかし、二人はそこで魔術具である時計を狙う謎の男に襲われることとなり――。 「あのね。物というものは、それを必要としている人の元へと自分から向かうものなの。どうしてあなたの元へ来たのか、私はそれを鑑定するわ」 人とモノと時間が、今、ともこの魔術により、再現される。 人とモノをつなぐ、ちょっと変わった博物館と学芸員とバイトの物語。 (表紙イラスト:如月簓様)

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 学芸員《キュレーター》と不思議な展示品―或る魔術師の報告書
作者名 瀬戸晴海
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ 魔術師 ほのぼの シリアス 女主人公 男主人公 和風 ノベプラオンリー R15 歴史 ヒューマンドラマ ヒューマンヒストリー HJ大賞2020後期 レトロ モダン 博物館
セルフレイティング 性的表現あり
初掲載日 2020年12月28日 17時30分
最終投稿日 2021年1月17日 17時51分
完結日 -
文字数 64,605文字
ブックマーク登録 43件
コメント 10件
スタンプ 83件
ビビッと 13件
応援ポイント 79,900pt
ノベラポイント 5,000pt
応援レビュー 1件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る