現代/その他ファンタジー 長編 連載中

学芸員《キュレーター》と不思議な展示品―或る魔術師の鑑定報告書

作者からの一言コメント

魔術師な学芸員さんと素敵な時空の旅。

読了目安時間:5時間9分

学芸員《キュレーター》と不思議な展示品―或る魔術師の鑑定報告書の表紙

帚木直人、大学三回生。何に対しても無関心だった彼が大学で見つけたのは、魔女と噂される女性。 その女性は私営博物館、目黒博物館の館長であり、魔術師だった。名を目黒ともこという。 ともこの元には、紅猪口、呪われた人形、謎の望遠鏡レンズといった不思議な品が届けられる。 ともこは時の魔術を使い、時間を遡ってその品を鑑定する魔術師だったのだ。 バイトとして博物館で働くことになった帚木もともこに付き添い、時間を遡るが、しかし、二人はそこで魔術具である時計を狙う謎の男に襲われることとなり――。 「あのね。物というものは、それを必要としている人の元へと自分から向かうものなの。どうしてあなたの元へ来たのか、私はそれを鑑定するわ」 人とモノと時間が、今、ともこの魔術により、再現される。 人とモノをつなぐ、ちょっと変わった博物館と学芸員とバイトの物語。 (表紙イラスト:如月簓様) 【HJ小説大賞1次突破ありがとうございました!】 【おしらせ】 4章から1話あたりの文字数を変更しています。

前へ

次へ

作品情報

作品名 学芸員《キュレーター》と不思議な展示品―或る魔術師の鑑定報告書
作者名 瀬戸晴海
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ 魔術師 ほのぼの シリアス 女主人公 男主人公 渋沢栄一 ノベプラオンリー R15 歴史 ヒューマンドラマ ヒューマンヒストリー HJ大賞2020後期 レトロ モダン 博物館
セルフレイティング 性的表現あり
初掲載日 2020年12月28日 17時30分
最終投稿日 2021年6月17日 0時17分
完結日 -
文字数 154,549文字
読了目安時間 5時間9分
ブックマーク登録 124件
コメント 47件
スタンプ 395件
ビビッと 58件
応援ポイント 339,950pt
ノベラポイント 5,285pt
応援レビュー 5件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ゼロからはじめる島津大河誘致

    宮崎鹿児島を主な舞台に戦国と今を描きます

    1,744,148

    9,760


    2021年6月24日更新

    南九州の架空の自治体、宮之城市(みやのしろ)で島津義弘公を大河ドラマに誘致したいと願う一人の青年(ハンドルネーム 祭り之介)と東京の引きこもりの若者(ハンドルネーム コモロウ)横浜に住む壮年の男(ハンドルネーム フウイ)との会話や議論を通じて目標に向かって進んでいく物語。

    読了目安時間:16時間27分

    この作品を読む

  • フライ=ハイトの叶界

    生きた先に何がある……!

    100

    0


    2021年6月24日更新

    190X年。ヨーロッパは突如、神を名乗る少年少女に支配された! 【時の支配】なる力から始まった破滅の革命。真の平和を約束し、ヨーロッパ全国家を統合し、エンデルヴェスタなる国を作り上げた。 しかし、破滅の先に待っていたのは更なる破滅であった。 <野望に生きる男達【サルガッソフロント】> <平和に命を捧げる乙女達【純潔領域】> 異能力者、邪教、巨大人型兵器___ 何でもありの種族戦争にまで勃発したエンデルヴェスタは混沌の世代を迎えようとしていた。 誰もが望む楽園……それこそが【フライ=ハイトの叶界(きょうかい)】

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:34分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 電気と魔法 −電気工事士の異世界サバイバル−

    世界を救えって、俺、電気工事士だぞ!?

    286,600

    560


    2021年6月23日更新

    「始元の大魔導師を召喚したから、世界を救え」なんて言われても、俺、電気工事士だぞ。 えっ、報酬は金100キロ!? 滅びの足音が近づき、それを防ごうとする人々の善意は虚しく消費されてしまう世界。 そんな中で、現代を生きる電気工事士の技術は、この世界を救えるのだろうか? 「カクヨム金のたまご」で紹介頂きました。 扉絵は、カフカ@AUC(@Kavka_AUC)様にいただきました。ありがとうございます。

    読了目安時間:24時間20分

    この作品を読む

  • 前野結衣子には感謝している

    中学生の恋愛短編小説です。

    33,000

    2,620


    2021年5月26日更新

    ■はじめに 中学生の恋愛短編小説です。 男子中学生の会話と主人公の心情吐露をお楽しみください。 ■あらすじ 中学三年の修学旅行、最後の夜。 もっとワイワイ楽しみたい! まだ寝たくない! そんなクラスメイト全員(男子)の願いは、思わぬ形で叶うことになる。 先生の見回りが終わった消灯後、クラスイチの不良である盛岡から出た衝撃の提案。 それは「好きな子の名前を言い合う」暴露大会だった! 正直に好きな子の名前を言うのは恥ずかしい。そんな勇気が出ない。 そんなことを考える僕――秋元(アッキー)だったが、クラスメイトの気持ちを知るにつれて、少しずつ心境に変化が現れる。 □◇□◇□◇ 勇気が出なくて言いたいことが言えなかった。行動できなかった。 そんな経験をされた方にぜひ読んでいただきたいです。 写真はクラスメイト(男子)たちが集まっている様子をイメージして撮影しました。 公園で松ぼっくり拾いを頑張りました。

    読了目安時間:23分

    この作品を読む