異世界ファンタジー 長編 連載中

オークに転生! ~異世界で欲望の限りを尽くすはずが、何故か英雄と呼ばれる事になった物語ブウ~

作者からの一言コメント

🌸ギャグ満載✨胸アツ🔥物語ブウ❗🐷

オークに転生! ~異世界で欲望の限りを尽くすはずが、何故か英雄と呼ばれる事になった物語ブウ~の表紙

▲皆様の【評価・感想】を絶賛受付中です!  どんな内容のご評価でも喜んで拝見しております! ~ ギャグまるだしのあらすじ ~ 令和に生きる社会人、谷川。 幼い頃から厳格な家庭で育てられた彼は、二十五年間ガマンの連続の人生を送り続けていた。 学生の頃から買い食いも、寝坊も、異性交遊さえもしたことのない優等生。 そのおかげで、それなりに順調な社会人生活ではあったのだが──── 本当は、もっと自由に生きたい! 俺は他人の何倍もガマンをしてきた! いつか俺のガマンは報われるはずだ! いつか俺の欲望を理解してくれる人に出会えるはずだぁ! ──────そう信じていた彼に、ある日悲劇が襲い掛かる。 会社の同僚が面白半分で仕掛けたドッキリがきっかけで、警察に追われる事になってしまった。 正直言って、運が悪すぎる。 ハッキリ言って、とばっちり。 街ゆく人たちに暴言を浴びせられ、写真も撮られまくり…… そして最悪のタイミングで道路に飛び出してしまった谷川は どれだけの人数を異世界へと送り込んだのかも解らない大型トラックに轢かれてしまう。 もはや人間社会で生きることはできなくなった。 異世界への転生を余儀なくされた谷川は、自称『異世界の女神』に導かれて転生を果たす! あぁ、おめでとう谷川! 幸せになれよ、谷川! んっ? ちょ、待って? この女神、全身緑色じゃない? えっ? 転生後は語尾がすべて「ブウ」になる? それって女神の祝福じゃなくて、もはや呪いじゃない!? 細けぇ事ぁいいんだよォ! 異世界で誰にも縛られることのない屈強なオークへと転生を果たした谷川! さぁ、もはやこの世界にはお前を止める奴などいない! 思う存分、溜めまくった欲望を発散してこい!! でもノベプラオンリー公開だから、R18描写までは行くんじゃねぇぞ! ────えっ、ちょ……谷川さん? どうして転生先で、泣いてるの……!? 「転生してオークになった物語ィ? ハイハイ、当然のように女性を蹂躙するんでしょ?」 残念ですが、拙作はそんなハレンチな展開はございませーん! 代わりと言っちゃナンですが、大量のギャグと胸アツの展開がございますよ!! 異種族転生物語、連載中! ※拙作はノベルアッププラス様でのみ公開されている専属作品です。 ※拙作はすべての投稿におきまして非営利目的でのみ公開しています。

前へ

次へ

作品情報

作品名 オークに転生! ~異世界で欲望の限りを尽くすはずが、何故か英雄と呼ばれる事になった物語ブウ~
作者名 来我 春天(らいが しゅんてん)
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 転生/転移 異世界転生 オーク ギャグ ファンタジー このチキン野郎め お前の股間は飾りか 女神が美人とは限らぬ 作者の身体もオーク 犯る犯る詐欺 コメント受付中 ノベプラオンリー 最強主人公 追放 HJ大賞2020後期
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年9月15日 2時01分
最終投稿日 2021年2月23日 15時07分
完結日 -
文字数 232,789文字
ブックマーク登録 79件
コメント 57件
スタンプ 178件
ビビッと 127件
応援ポイント 291,903pt
ノベラポイント 4,331pt
応援レビュー 4件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 最悪の未来を潰すために戦う異世界冒険

    ♡900

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・20話・78,577字 勝燬 星桜(カツキ シオン)

    2021年3月1日更新

    【狂炎のヴェガ】あらすじっ! 自宅から出てきた謎の生暖かい石を掴んだら、突如日本から異世界へと転移させられた炎城 雅久(エンジョウ ガク)。 放り出された異世界は、ゴブリンやオークの闊歩するフィールドに、中世ヨーロッパチックな建物に活気に溢れた大通りで、チートを手にして異世界を謳歌……じゃないだと!? 目の前に広がる廃墟群。路地裏にはラリってしまって廃人と化した人間、広場には毎日毎日、一日中踊ることをやめられなくなった人間たち。太陽の方向がちょくちょく変わるおかしな世界。寒さに震えて一晩を野宿で過ごす雅久に遂に救いの手が!? 「君も仲間にならないか?」 ち、違いますよ?ええ。れっきとした人間からの救いの手。 スタートダッシュがおかしい異世界生活、果たして雅久は無事に平穏な生活を手に入れられるのかっ!ーーかっ! ※なお炎城 雅久くん20歳は、廃墟の街の唯一の正常な人たちに自分の名前を『ヴェガ』と偽って、いきなり出てきた敵に何故か偽名がばれていて、ノリと勢いと、それから覚悟で『炎城 雅久』を辞めて『ヴェガ・アステリュート』を名乗ります。 雅久くんの名前は忘れられても構いません。 今からお届けするのは、日本の青年『炎城 雅久』ではない、この異世界に突然招かれた不幸な青年『ヴェガ・アステリュート』の物語なのですから! 忘れられたらダメか。ダメらしいです。本人が何か言っています。 ということで、いつまで続くか分からない、異世界転移物語をお楽しみください! 挿絵がたまに入ります。タイトルの横に★がついている話には挿絵があります。

  • 夜に紛れぬ一閃。奇才をもつ男性のお話。

    ♡100

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・1話・1,863字 みんとす。

    2021年3月1日更新

    ひときわ際立つ 一閃をもって敵を断つ。 「その眼に収めたいなら、瞬き禁止ね」 惑(ヨ)はトレイゼ。斗久(トク)の暦800年。 惑には、先天的に奇才をもつ、【奇才核(レアドラー)】の存在があった。 ある青年もまた、細く鋭い線を生成し、戦術を構成していく【奇才核】の一人。 一人で惑を歩く者として、ある存在を追っていた。 【奇子染(ガーベイド)】、後天的に奇才を与えられた人間の存在を。 それを追う理由は、青年の過去に大きく関わっていた。 たどり着く先にあるものを知った時、彼がとる行動は……