異世界ファンタジー 長編 連載中

魔力適性ゼロの勇者候補生

作者からの一言コメント

勇者になりたくば──殺し合え。

弱者だからこそ、弱者を守る為に立ち上がる。 弱者は勇者になれないと──一体誰が決めた? 魔族と人間とで大陸間の戦争が行われ、死人が絶えない世界。 遂に人間は何千年も前に幾多の魔族を屠ったとされる勇者を人工的に育成する事を考える。 魔術正教と呼ばれる世界で最も力を持つ宗教と、世界を実質的に統治している六王国が総力を上げ、“魔術正教勇者育成機関総支部”──通称、勇者学園を作り上げた。 そこに入学する主人公エイト・クラールハイト。 1万人しか入学が許されない、超倍率の選考を掻い潜り掴み取った勇者候補生の称号。 世界を救う勇者となり、弱者を守る為、エイトは胸の高鳴りを感じていた。 だが、入学早々、始まった試験は弱者を救う存在である勇者の想像とはかけ離れたもので、 それは──2人1組のコロシアイだった。 注意:読みやすいように点での改行をしていたり、きりのいいところまで話を続ける事で一話あたりの文字数は約3000〜10000となっています。 読みやすいものを作っていきたいと思いますので、是非ご意見をいただけたらと思います。 毎日更新 こちらノベルアップ+、カクヨムにも掲載しております

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 魔力適性ゼロの勇者候補生
作者名 武藤笹尾Δ
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ アクション/バトル シリアス 男主人公 魔王 勇者 人外 西洋風 学園 ハーレム 日常 異能 異世界ファンタジー
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2020年8月30日 2時39分
最終投稿日 2020年11月2日 2時11分
文字数 222,357文字
ブックマーク登録 23件
コメント 4件
スタンプ 49件
ビビッと 0件
応援ポイント 45,400pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 俺はおまえの為なら、神を討つ悪魔になる

    ♡63,000

    〇300

    現代/その他ファンタジー・連載中・38話・134,142字 猫二朗

    2020年11月27日更新

    「よぉフラン。久々に会った記念に……髪クンカクンカしてもいい?」 《鉄血の聖夜》という事件が、人間と機械を対立させ……人間は敗北した。 機械軍を勝利にまで導いた存在は、英雄と称えられることになる。 そしてその英雄──【魔導機兵】──を従える存在こそが、この世界の神となった。 マキナ・リチャードソン……彼はかつてその英雄の一人であり、されど軍を追放された男。 四肢と背中が漆黒の鋼で覆われていた。 自分は機械なのか、人間なのか。 彼は吼える。一人の女を愛する心を持つ俺は、人間だ。 故に、その《愛情》を心に灯し、彼は神に向けて反逆の拳を握り締める。 その姿は、神を討つ悪魔。英雄ならざる英雄──反英雄。 黒よりも黝い、漆黒の鉄拳を振り翳す。 ────鉄の愛、心に宿り、永遠へ。 悪魔の拳、神を討ち抜く。 これは、人と機械、愛と憎悪を問う物語。 神を、世界を、全てを敵に回してでも守りたい愛情はありますか? 「誰も泣かない世界を創るより、俺はおまえを愛することを選ぶよ」

  • 資金難の主人公がお金を稼ぐ話です。

    ♡2,400

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・38話・138,227字 山のタル

    2020年11月27日更新

    広大な大陸の中央には、大陸を東西に分断するように高く聳える『ディヴィデ大山脈』という大きな山脈がある。その山脈の東側の麓に、深い緑の森が広がっている場所があった。 人が寄り付かない程に暗く深い森の中に、人知れず建つ一軒の屋敷があった。 名も無きその屋敷では、屋敷の主で“錬金術”と呼ぶ術を研究している『セレスティア』と、セレスティアの屋敷に居候して“魔術”の研究をする『ミューダ』、その二人を日々支える五人の使用人達が静かに暮していた。 日夜各々の研究に没頭する毎日を送っていたセレスティアとミューダだったが、ある日屋敷の資金が底を尽きそうになっている事が発覚する。 「「このままじゃ、研究を続けられなくなる!!」」 研究一筋のセレスティアとミューダは、自分たちの研究を続ける為の資金稼ぎを決意する。そして経済の中心地と言われる『貿易都市』に、資金稼ぎの方法を探しに行くことになる。 しかし、その行動が切っ掛けになったかのように、世界は大きく変動し始めることになるのであった。 ※R-15は保険用です。 ※小説家になろうで投稿していた作品です。こちらでも投稿することにいたしました。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る