魔力適性ゼロの勇者候補生

読了目安時間:5分

エピソード:2 / 58

第二話 絶望の選択

  「は……? なんて……言ったんだ?」  思わず口から溢れる、飲み込めない事実への反感の言葉。    思考回路は正常に機能している。  そう、問題は僕ではなく、エンエムの言葉にあったのだ。  何を彼が言ったのか、理解出来ずに呆然とする。  いや、それは僕だけではない。  周囲の人々も等しく、動揺を見せていた。 『敵には女、子供もいる。いざと言う時に、迷わず判断できる存在でなければならない。私の友はくだらない情に(ほだ)され、慢心し、優しさという毒に侵されて死んだ』  だが語るエンエムの言葉は本気だ。  今、彼は本気で僕達に殺し合いを強要させようとしている。 『勇者に優しさは要らない。必要なのは絶対的な存在。凡ゆる敵を倒し、全ての人間を救済する存在だ。例え敵が全て子供だとしても、鏖殺(おうさつ)出来るだけの強靭な心を持ち合わせていなければ勇者になど、なれやしない』  彼の言葉を真に理解出来ないわけではない。  でもそれが、僕の信じる勇者とかけ離れている事は事実だった。  人を殺して勝ち上がった先にある勝者の椅子が、勇者という称号と(のたま)うならば、そんな(もの)は欲しくない。 『だが、救済措置も用意している。降参、とどちらかが言った場合のみ空間魔法を解除しよう』  それはつまり、人を殺さずとも戦いを回避する方法の提示という事だろうか?  であれば、ある意味僕は安心する。  試験開始直後に、すぐ降参って言えば僕が抱える問題は解決する。  他人の戦いを止められる程の力がないのは口惜しいが、人を殺してまで手に入れたい称号ではない。  勇者になる道は別の道を探していけば、それで── 『しかしその場合、降参した人間から魔臓を抜き取らせてもらうがね。それが、君達が勇者から逃げる場合のリスクだ』  その言葉に、周囲が再びざわつき出した。  魔臓は人体にある内臓であり、魔の源だ。それを抜き取られた人間は今後人生において魔法魔術の使用は出来ない。  魔法魔術は日常生活に於いて、必需能力と言える。  火を付けるにも、水を出すにも、攻め来る魔物から身を守るにも、魔素(マナ)を生み出す魔臓が無ければ、魔法魔術はおろか、魔素(マナ)を使用して扱う魔術道具すらも使用不可能だ。  淡々と語られる事実は僕ら、勇者候補生達を逃げ場のない袋小路へと追い詰めたも同然だった。  人を殺せば勇者にはなれる。  しかしそれは僕の誇りを裏切る行為だ。  だが魔臓を失えば、勇者になれないどころか生活すら危うくなる。  今後人生を幸せに過ごせるとは思わない方がいいだろう。  更に付け加えるならば、この降参した場合のリスクは僕よりも他の候補者達に深く刺さるはずだ。  皆が皆、貴族や高貴で裕福な人達。  そしてその才能(・・)を認められて学園に入学した人達なのだ。  自ら培ってきた力を、自身をその地位に押し留める力を捨てるとは思えない。 『では今から君達を、教師が用意した固有空間へと飛ばさせてもらう。  そこにはランダムに選出された戦場と対戦相手がいるはずだ。その空間での生命は二つしか存在できない。つまりどちらか一方の反応が消えた時点で、空間魔法は消失する。  勇者になりたいと言うのなら』  あまりにも異様だった。  女であろうと、子供であろうと殺せと。  そう命じる、エンエムが正常とは思えない。  しかも、試験退場(リタイヤ)のリスクがあまりに大きすぎる。  一体何を考えての試験だと言うのか。  僕が凡人、だからなのだろうか。  勇者の資質が無いからなのだろうか。  彼の言うことを間違いだと考えるのは。 『相手を殺せ。それ以外の方法では絶対に出られない』  言い聞かせるように、エンエムは言いきった。  生徒達の喧騒が激しくなろうとする中、エンエムは続けて、 『では健闘を祈る。次、君達に会う時は、一皮むけていることだろう──』  言葉を最後に視界は暗転した。  本当に一瞬の出来事だ。  飛びかけた意識を連れ戻し、背中に感じた冷たい感触に飛び起きた。 「────っ!? こ、ここは……一体……」  そこは森。  高さ五メートル前後の木々が立ち並ぶ森だった。  適度に下生えもあり、上を見上げれば青い空も見える。  一見、普通の豊かな森林だ。  故郷でよく遊んだ森を思い出させる懐かしい場所。  にも関わらずここを異質と感じるのは──生き物の気配を感じないからだろう。  獣の息遣いも、鳥の(さえず)りも、虫の羽音でさえも、何一つ聞こえない。  閑散とした森は、あまりにも殺風景。  考えてみれば故郷の森とは比べるべくもなかった。  故郷の森は活き活きとしているのに、この森は死んでいる。  ここがエンエムさんの言う空間、だからなのだろう。  この森が僕に用意された戦場(ステージ)であり、殺し合いの舞台ならば必ず── 「あー、かったりぃなぁ」  同級生(てき)もいる。  聞こえた先は数十メートル先。  森という視界が悪い環境の中、何とか視認出来たのは大男だった。  下生えに身を隠しつつ観察する。  身長は二メートル程。  盛り上がる筋肉に丸太のような腕は岩さえ砕いてしまいそう。  古傷がついた凶悪な顔つきはとても同年代には思えない。 「聞こえてんだろう! 俺がお前の対戦相手だ! 名前はデッドリーム。それなりに名が通った冒険者だ!」  デッドリーム。  名前くらいは聞いた事がある。  確か元山賊だったが、四十七人の仲間を殺して冒険者になったとか言うヤバい奴。 「だからよぉ。さっさと降参して欲しいんだだわ。無駄な殺し合いなんていらねぇだろ。どうせ俺が勝つんだから…………っとぉ」  あ。  マズイ。 「おお、おお。可哀想に震える子羊がいるじゃねぇの……こりゃ嫌らしい人選だなぁ」  目が、あってしまった。  嫌らしく歪んでいく笑みは、生理的悪寒を齎す。  足腰が、震えて動かない。 「ま、天国で俺の華々しい勇者道、応援してくれや」  巨漢が草根を掻き分けてやって来る。  ──動け、動けよ、僕の足!!  並び立つ木も巨漢の前では自然のバリケードにすらならない。  片手を添えるだけでへし折っていくその力は相当なもの。  このまま動かなければ僕は確実に死ぬだろう。  そんな結末は、嫌だ。 「死ぬ、という選択肢は僕にはない!」  木の枝に捕まって、無理矢理足を立たせる。  敵は少しずつ迫ってきている。諦めるつもりは毛頭ない。  だから、走って逃げた。 「……はぁ、追いかけっこは趣味じゃねぇんだけどなぁ」  そんな嘆息めいた独り言と共に、背筋を凍らせる舌舐めずりが背後から聞こえた。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • 文豪猫

    ぷりん頭

    ♡5,000pt 2020年9月20日 22時54分

    Twitterから来ました。 互いに殺し合う勇者という斬新な設定で、細かな描写も読みづらいことはなく、すらすらと読めます! 心情心理の描写がとても参考になります! これからの展開を読みすすめるのがハラハラしてワクワクしています!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ぷりん頭

    2020年9月20日 22時54分

    文豪猫
  • 女魔法使い

    武藤笹尾Δ

    2020年9月21日 4時34分

    貴重な励みになるコメントありがとうございます! その期待を裏切らないよう頑張ります!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    武藤笹尾Δ

    2020年9月21日 4時34分

    女魔法使い
  • ステラ

    ぶらっくそーど

    ♡1,000pt 2020年9月13日 15時16分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    頑張ってくださいね

    ぶらっくそーど

    2020年9月13日 15時16分

    ステラ
  • 女魔法使い

    武藤笹尾Δ

    2020年9月13日 15時31分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ありがとう

    武藤笹尾Δ

    2020年9月13日 15時31分

    女魔法使い

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ヴィランレコード~落ちこぼれ魔法陣術士が神をも超えるまで~

    勇者の影で暗躍する組織のような立ち位置

    600

    0


    2022年8月17日更新

    異世界レベェナという世界にクラス転移してから早一か月、主人公【仲居律】は自身に与えられた役職について苦悩していた。 その役職は【魔法陣術士】。魔法陣を専門に扱う役職であった。 しかし、問題がある。 それは―――魔法陣は誰にでも扱えるというものであった。 個人の役職や性質に直結する「魔法」とは違い、「魔法陣」は老若男女問わず誰しもが魔力を使って魔法を起こせるようにしたものが魔法陣であったからだ。 故に、リツは自分自身が役に立てないことを不甲斐なく思いながら、せめて誰かの手伝いをして役に立とうと奮闘する日々を過ごしていた。 そんなある夜、いつもの通り手伝いを終えるととある空き部屋で三人の男の声を立ち聞きしてしまう。 その人物達は自分と同じグラスメイトであり、なにやらこの国からの脱出を企てている模様であった。 曲がりなりにも「勇者」という肩書を背負ってこの世界に召喚された主人公はその理由を聞こうと直接三人に声をかけてみるものの、逆に説得されて仕舞には脱出の勧誘まで受けてしまう。 その脱出が自分にとっても魅力的な提案であることは間違いなく、されど責任を放り投げていいものかと苦悩していると召喚した国の聖女【エウリア】に鉢合わせた。 エウリアの独特な雰囲気につい悩み事を相談するとなぜか肯定的な意見を受け―――

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:6時間1分

    この作品を読む

  • ハニーローズ ~ 『予知夢』から始まった未来変革 ~

    予知夢から始まる未来変革記

    275,600

    5,545


    2022年8月17日更新

    「背筋を伸ばして凛とありたい」 トワイス国にアンナリーゼというお転婆な侯爵令嬢がいる。 アンナリーゼは、小さい頃に自分に関わる『予知夢』を見れるようになり、将来起こるであろう出来事を知っていくことになる。 幼馴染との結婚や家族や友人に囲まれ幸せな生活の予知夢見ていた。 いつの頃か、トワイス国の友好国であるローズディア公国とエルドア国を含めた三国が、インゼロ帝国から攻められ戦争になり、なすすべもなく家族や友人、そして大切な人を亡くすという夢を繰り返しみるようになる。 家族や友人、大切な人を守れる未来が欲しい。 アンナリーゼの必死の想いが、次代の女王『ハニーローズ』誕生という選択肢を増やす。 1つ1つの選択を積み重ね、みんなが幸せになれるようアンナリーゼは『予知夢』で見た未来を変革していく。 トワイス国の貴族として、強くたくましく、そして美しく成長していくアンナリーゼ。 その遊び場は、社交界へ学園へ隣国へと活躍の場所は変わっていく…… 家族に支えられ、友人に慕われ、仲間を集め、愛する者たちが幸せな未来を生きられるよう、死の間際まで凛とした薔薇のように懸命に生きていく。 予知の先の未来に幸せを『ハニーローズ』に託し繋げることができるのか…… 『予知夢』に翻弄されながら、懸命に生きていく母娘の物語。 HJ小説大賞2020後期 1次通過 ※この作品は、「小説家になろう」「カクヨム」「アルファポリス」「ノベリズム」にも掲載しています。 表紙絵は、菜見あぉ様にココナラにて依頼させていただきました。アンナリーゼとアンジェラです。 タイトルロゴは、草食動物様の企画にてお願いさせていただいたものです!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:79時間45分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • メリッサ/クリア・カラー

    アイドルとアイドルが戦う小説です。

    15,900

    0


    2022年8月17日更新

    アイドル大戦国時代――国家によるアイドル活動の推進プロジェクトが行われ、5年の月日が経過した。 激動のアイドル界のトップに君臨しているアイドルグループ『i─Con』は新メンバーの募集オーディションを開始し、数万人の少女達が夢をかなえるために応募する。 他人と違う身体的特徴から過去にいじめを受けていた少女、千倉ヒカル 彼女は過去のトラウマから中学生になっても1人も友達を作らず、孤独な日々を過ごしていた。 そんな彼女も中学校を卒業し、16歳の春を迎える。 ずっと憧れだったアイドルグループ『i─Con』に入るため、彼女もまたオーディションに参加する。 アイドルとは―― ファンとは―― アンチとは―― 幸せとは―― 勝利とは―― 千倉ヒカルの人生を懸けた戦いが今始まろうとしていた。 ※アルファポリスでも連載中です。

    読了目安時間:12時間27分

    この作品を読む

  •         【 R·O·S·E 】

          女主人公のダークファンタジー

    141,655

    460


    2022年5月1日更新

    ▼ 女主人公のダークファンタジー ▼ ▼ 学園が舞台で設定も細かく丁寧 ▼ ▼ 壮大かつ無慈悲な世界をお楽しみください ▼ ───◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆─── 異物の異郷【ミスティルテイン】剣聖学園。 毎年、何百人もの入学生を迎える世界の中心にある剣の学園へ入学した女性【リディア・ローズ】は異郷での六年間を開幕させる。 不安定な安寧、不特定な混沌が蠢く世界の中心で、墓標に朽ちた【極剣】と新たな【極剣】を携え、復讐の華を咲かせる。 許しなど必要ない。自分にも誰にも、世界にも。 最低な選択でもいい。それで未来を一滴たりとも残さず奪えるのなら。 九年前に平凡な未来を奪われた少女が今度は未来を奪う、なんて事ない平凡を失った、少女達の復讐劇。 ───◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆─── ★ジャンル日間一位★ ★総合日間六位★ 一章【ローゼングレイヴ】だけでも是非一度!! ※最新話の約、3ヶ月から5ヶ月後 に章規模で更新※ ※ひとつの章、8万から10万文字程度※ 【R·O·S·E】の特設ページなるものを設置しました! R·O·S·E本編をより深く楽しめるようにタイミングを見て随時追加していこうと思っています。 活動報告なども設置しましたので、よかったら覗いて見てください。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:14時間44分

    この作品を読む