野球異世界! 助っ人モンスター ~野球の存在する異世界に助っ人として召喚された令和の怪物《モンスター》がご主人様と一緒にメジャーリーグ昇格を目指す話~

読了目安時間:15分

キャッチボール

 神殿を出ると中世風の街並みが広がっていた。  とりあえずその変な格好を何とかしましょうと言って、ルーチェは服屋に入ると、布の服と革の靴を山田に買い与えた。ざらざらとした質感の安物の衣服。着ていたユニフォームとウイニングボールは、合せて買ってもらった麻袋に大切にしまった。  店を出ると、屋台の並ぶ大通りをルーチェに続いて歩く。行きかう人々の中には、ドワーフと思われる小柄でガタイの良い種族や、耳の尖ったエルフ、頭に動物の耳を生やした亜人もいる。ここが異世界であるということを、山田はいきなり痛感した。 「色んな人種がいるんだな……」 「この街、ファンボーケンは、東の大陸のちょうど真ん中に位置してますからね。各都市の中継地点になっていて、様々な人が集まるんですよ。交易も盛んです。資源の乏しいルーキーレベル帯で、唯一栄えている街ですね」 「ルーキーレベル帯ってのはなんなんだ?」 「その地域の魔力の強さのことです。ルーキーレベルは一番低いランク。その上にはF~Aまであって、全部で7段階のランクがあります。魔力が強い地域ほど、作物や動物に活力が満ちて豊かになりますが、その分周囲に住む魔物も強くなります。魔力は基本的には海の外から風に乗ってやってくるので、大陸の周辺部に行くほど魔力が強まり、大陸の中央ほど魔力が低くなります。魔力の濃い大陸周辺部だと様々な魔道具が使える為、こことは比較にならないくらい栄えているんですよ」 「なるほど。じゃあ大陸の真ん中にあるってことは、さしずめここは初心者の街ってところか」 「そうですね。冒険者ギルドへの入団を目指す人々が大陸中から集まってくるので、通称『東の駆け出しの街(イースト・ルーキー・タウン)』とも呼ばれています。私がこの街に来た目的も、召喚の神殿で召喚獣を呼び出し、そしてその力を借りて、冒険者ギルドへ入団することなんです」  ルーチェはグッと両手を握った。 「その為にもイッキューには、頑張ってもらわないといけないんです。召喚の力を宿すものは、代償としてステータスが低くなりがちです。あなたには1・5人分くらい働いてもらわないと割に合いません」 「……任せておけ」  山田はとりあえず、そう言っておいた。  〇  二人は街の端まで歩き、大きなレンガ造りの門から外へ出た。  草原の向こうに土の道が果てしなく続いており、交易商と思われる馬車が、ゆっくりとこちらへ向かってきていた。牧歌的な風景だ。 「さて、それでは、実力を見せてもらいましょうか」 「実力を見せろって、何するの? モンスター倒したりとか?」  異世界転生的には王道のイベントである。ワクワクした。 「魔物と戦う力も大事ですが、その前に確認したいことがあります」  ルーチェは革の鞄をごそごそとあさって、中から2つのグラブを取り出し、片方を山田に差し出した。 「私とキャッチボールをしましょう」 「え?」 「あなたの世界にはなかったかもしれませんが、この世界には野球というスポーツが存在します。冒険者に求められるのは、魔物と戦う力と、野球の腕前です。召喚の魔法陣の効果で、野球に必要な基本的な動作は身についているはず。ルールを1から説明するのは大変なので、まずはボールを取って投げることができるかの確認を――」 「ちょっと待て」  山田は手でルーチェの言葉を遮る。 「むぅ。なんですか? 人が喋っているのに」 「野球なら任せろ。俺は野球が得意なんだ。当然ルールも知ってる!」 「おお? おおお? 本当ですかっ?! なんでですかっ?! 召喚獣が最初から野球のルールを知っているなんて、聞いたこともありませんよ!?」 「俺のいた世界でも、野球は大人気だったんだ。『令和の怪物』ってのは、俺の野球の腕前が凄いから付けられた異名だ。野球なら任せておけ!」 「おおおー」  ルーチェは口を開けてキラキラと瞳を輝かせた。  山田は差し出されたグラブを受け取って左手に嵌める。投手用のグラブだった。形は現実世界のものとほとんど変わらなかったが、素材に違和感があった。少なくとも使い慣れた牛革のグラブではなさそうだ。 「ボールは?」 「はい、どうぞ」  ルーチェは鞄からボールを取り出して渡した。  山田は受け取ってマジマジと観察する。  サイズこそ現実世界とほぼ同じだが、こちらも材質に違和感があった。慣れ親しんだ感触ではない。ボールの縫い目も不規則だ。そして何より色がくすんでいた。野球のボールのことを白球というが、白さが十分でなく、茶色く濁ったような色をしていた。汚れてそうなったというわけではなく、最初からそういう色という具合だ。 「なんというか、これ、汚いな? もっと綺麗なボールはないの?」  袋の中には甲子園のウイニングボールが入っているが、それを使う気にはなれない。 「むう。贅沢ですね。私たちみたいなルーキーレベルなら、それくらいの低魔力ボールで十分です。どうせ限度を超える魔力なんて込められないんですから。純白の高魔力ボールを使うのなんて、せいぜいBランク以上ですよ?」  ルーチェが何を言っているのか、全く分からなかった。 (低魔力? 低反発球みたいなことか? 飛ばないボール?) 「そうか……」  山田は疑問を放置することにした。理解するのが大変そうだったし、何より今はキャッチボールをしたくてうずうずとしていた。 「……まぁいいや。とりあえず、早くやろうぜ!」 「はいっ」  良い返事だった。ルーチェは鞄を置いて、キャッチャーミットを左手に嵌め、とてとてと走って山田から遠ざかり、マウンドより近いくらいの距離に立った。 (的が小っちゃくて投げづらい感じだな……)  ルーチェは小さな女の子である。野球部にいた連中はみなガタイの良い男たちだったので、少女とキャッチボールをするということに違和感があった。 (ちゃんと捕れるのか……?)  ちょこんと立っているルーチェを見ていると不安になってきた。 「何してるんですかー? 早く投げてくださいよー」 (とりあえず加減して投げるか)  山田はできるだけ軽く、ふんわりと山なりに投げた。  ポス。グラブを構えていたところに寸分たがわず収まり、ルーチェは問題なく捕球。 「うーん。コントロールは良いですけど、へなちょこじゃないですか。自信があったわりに、その程度ですか?」  ルーチェは残念そうな顔を浮かべた。山田はムッとする。 「女の子相手だから加減して投げたんだよ」 「なっ? 女性だからって舐めないでくださいっ! 冒険者に男女の別はありません! ステータスは女性でも変わりませんよ! グラブを持ったら一人の野球人――ですっ」  ルーチェは山田にボールを投げ返した。  矢のような返球。パンッ。乾いた音を鳴らしてボールが山田のグラブに収まる。ルーチェはとても綺麗なフォームだった。女の子の投げ方によくあるぎこちなさというのは一切なかった。全身を使った投げ方。  山田は感心した。そして見くびったことを素直に申し訳なく思った。投げ方を見れば一目でわかる。ルーチェは立派な野球人だ。 「……すまんかった。良い球投げるな。俺も真面目にやるよ」 「ふふん。肩には多少自信があるのです。まだまだ本気じゃないですよ?」  褒められたルーチェはまんざらでもなさそうな顔である。  先ほどは小さく見えたルーチェの体が、急に随分と大きく見えた。  山田は左足を軽く上げ、体重をきちんと右足に乗せてから、5割程度の力でボールを投げた。右腕が鞭のようにしなる。  ズバン。  ルーチェのミットに球が突き刺さる。コントロール良く構えたところに投げたので、ルーチェはミットをピクリとも動かさないで捕球することができた。 「お、おおお!? ナイスボールです! コントロールも良い!」  ルーチェは興奮気味に目を輝かせた。今度は山田が得意げな顔である。 「俺もまだまだ本気じゃねぇ。軽く投げただけだ。もうちょいウォーミングアップしようぜ」 「はいっ」  そうして二人は20分ほどキャッチボールをして肩を作った。  その間、特に会話はない。交わす言葉は「ナイスボール」という掛け声だけ。しかしそれだけで、山田はルーチェとの距離が随分と縮まったような気がしていた。  非言語コミュニケーション。  相手の投げた球を捕り、丁寧に胸に向かって投げ返す。ただそれだけの行為の反復だが、人の仲を縮める不思議な魔力がキャッチボールにはあるのだ。最初はゴブリンだの何だのと言われて腹を立てたが、キャッチボールをしていると、そんなことは些細なことであると思えた。  〇  肩を作り終えた山田は、ルーチェを座らせて、だいたい18メートル程度離れた場所に立った。マウンドからホームベースまでの距離だ。地面が盛り上がっており、天然のブルペンのような場所だった。 「よし。じゃあ、いっちょ本気で投げるぞ! 大丈夫か?」 「頑張りますっ。私も小さい頃からキャッチャーの練習をしてましたから、多分大丈夫だと思いますよ!」  山田は大きく振りかぶって、ルーチェの構えるキャッチャーミットだけを見た。  できるだけコントロール良く投げることを心掛けた。ミットを動かさなくても捕れるように。しかし、キャッチボールの段階で130キロ程度の球は難なく捕球していたので、全力で投げても大丈夫だろうという安心感はあった。  左足を上げる。それから右足にしっかりと体重を乗せ、大きく踏み込んで腕を振る。  ゴウッと空気を裂くような音がして、ボールはルーチェが構えた位置に糸で導かれるように真っすぐ飛んでいき、スパァンという音が響き渡った。  捕球したルーチェは、目を真ん丸にした。 「すごいですっ。150キロ近く出てるんじゃないですかっ!? 手が痺れちゃいましたっ! ルーキーレベルでは異次元です!」  山田はむしろ、恐れることなく捕球してみせたルーチェに驚いていた。改めて彼女のことを見直しつつ、投げ返されたボールを捕球する。 「だから自信があると言っただろ? ご主人、俺の実力には満足したか?」 「そうですねっ! 球が速いのは良くわかりました! 大満足です! あとはじゃあ、魔力を込めた球も一度投げてみてくださいっ!」  山田はぽかんとする。 「え? 魔力? なにそれ? なに言ってんの?」 「え? 魔力ですよ。魔力。球に魔力を込めて投げるんです」  二人は18メートルの距離で、しばし見つめ合った。 「いや、俺の世界にはそういうのなかったし。いきなり言われても。なに? 魔力とやらをボールに込めるには、どうすりゃいいの?」 「そんなこと聞かれても……ボールにえいって力を入れる感じというか、体の中にあるエネルギーを送り込む感じというか。魔力を込めるというのは自然とやれちゃうので、うまく説明できないです。とりあえず、ちょっとやってみてください」 「……よし。まかせろ」  やってみろと言われたらやってみる男、それが山田一球である。  手に持ったボールを見つめてみる。指先にググっと力を入れて、ボールにエネルギーを送り込むようなイメージをしてみる。アニメ視聴で培った想像力を活かす時だ。 「ぬうううううん」  うなってみたりなどもした。ボールに変化はない。が、できることはしたような気になった。魔力を込めたつもりのボールを握り、もう一度振りかぶって投げた。  スパァン。剛速球がルーチェのミットに収まる。先ほどと同等のスピード。  しかしルーチェは不満顔であった。 「全然魔力、こもってないじゃないですかっ! 球は速いですけど! これじゃ打たれたら300メートルくらい飛ばされますよ!?」 「んなバカな……」  ホームランの飛距離はどんな化け物が飛ばしても、せいぜい180メートルだ。日本のプロ野球記録でもそれくらいなのである。300メートルというのは漫画でもありえない数字だった。 「じゃあ試しに、ご主人が魔力を込めた球とやらを放ってみてくれよ」 「わかりました。私は投手が専門ではないのでたかが知れてますが、行きますよ?」  ルーチェはセットポジションのモーションで、山田に向けて投球した。  低い球筋で山田に向かってくる球は、白いオーラのようなものを纏っている。  山田がグラブを差し出して受け止めようとすると――、ボールが触れた瞬間に衝撃で体が吹き飛ばされた。10メートルほど体が飛んで、草原の上をゴロゴロと転がる。 「ちょっとー!? 大丈夫ですかっ!?」  慌ててルーチェは駆け寄った。 「え? え? え?」  山田は頭が真っ白になる。痛い。何が起きたのか理解が追い付かない。  地面に手をついてよろよろと立ち上がる。 「ねえ、今、何したの? 車にはねられたみたいな衝撃だったんだけど」 「魔力を込めた球を投げたんですよ。私の魔力はたかが知れているので、そんな風に吹き飛ぶはずはないのですが……。ちょっと、ステータスを見せてもらっていいですか? 時間も経ったので、そろそろ見られるようになっているはず……」 「何それ?」 「じっとしててもらえば大丈夫です」  そう言って、ルーチェは鞄から一枚の羊皮紙を取り出した。 「”能力転写(ステイト)“」  ルーチェが唱えると、羊皮紙が淡く光り、炙り出しのようにして文字が浮かび上がった。山田もルーチェの背後からのぞき込む。神様の不思議な力によるのか、見慣れない文字だったが、不思議と全て日本語として理解することができた。 【名】ヤマダ・イッキュー 【種族】人間(召喚獣) 【クラス】ニュートラル 【LV】1 【スキルポイント】0 【HP】106 【MP】15 【力】261 【魔力】0 【技量】114 【俊敏性】123 【スキル】無し  ゲームのステータス画面のような記載に、山田は興奮した。 「おおー。ゲームっぽい! でも……このステータスは、高いのか?」  ルーチェは羊皮紙を持つ手を震わせた。 「な、な、なんですかこれはーっ!」 「大きな声出すなよっ。なんだよ急に!」 「これ! これを見てください!」  ルーチェは【魔力】を指差した。 「ゼロって書いてあるな……」 「ええそうです! ゼロですよ! ゼロ! ナッシングです!」  大袈裟なリアクション。  これが異世界転生物でお馴染みの、「俺、なんかやっちゃいましたか?」というやつかと山田は訝しむが、しかしゼロというのは一般的によくないものである。  というか、褒められている雰囲気ではない。 「……それってヤバいの?」 「ヤバいなんてもんじゃないですよ! 聞いたことがないです!」 「その、魔力ってやつが低いと、どうなるの?」 「魔力は主に投球の威力や打球の飛距離に影響します」 「……つまり?」 「今のイッキューが投手をしても、ボールに魔力を込められないので、相手の魔力がほとんど全部バットに乗っかり、当たれば全てがホームランになるでしょうね。また、打者としても、魔力の込められた球には振りまけてしまい、まともに前に飛ばせないでしょう。魔力は野球をするうえで、とても重要なステータスなのです」 「そんな馬鹿な! なんだよそれ! 異世界の野球無理ゲーすぎるだろ! インチキじゃねぇか!」 「インチキじゃないです! 自分の持てる力を全て発揮して勝利を目指すのが野球です。あなたのいた世界では違ったのですか?」 「それは――そうだけどさ」  正論だ。ルーチェの言うことに納得してしまった。  この世界の野球では、魔力とやらをボールに込めるのが禁じられていないというのであれば、確かにやらない手はないのだろう。 (少しだけ違う所もあるなんて神様は言ってたけど、結構大きな違いじゃねぇかよ……)  山田としては騙されたような気分である。 「どうしましょう……」  ルーチェは羊皮紙を鞄にしまってうなだれた。  そうやってがっくりされると、山田としても心が痛む。 「なに、俺、全然ダメだった?」 「いや……ダメかと言われると、難しいです。魔力が0なのは驚きましたが、他のステータスは、レベル1とは信じられないほど高いです。モンスターの召喚獣と同じ水準。人間離れしています。特に力の高さはありえません。ルーキー帯よりも2ランク高いEランク帯でも通用するような値です。だから何というか……評価に困っちゃいます」 「ならまぁ、いいじゃん」  山田はあっけらかんと言った。 「……えぇ? なにが良いんですか?」 「つまりさ、その弱点を何とかして補えばいいってことだろ? やるべきことが明確になって良かったじゃん。魔力さえ上げれば、俺はバリバリ通用するってことだろ? レベルとやらが上がれば多少は魔力も上がるんじゃないのか?」 「それは……そうかもしれないですけど」 「そうやって落ち込んでてもしょうがないだろ。それが俺のステータスだっていうなら仕方ないじゃん。元気出せよ、俺、頑張るからさ。代わりの奴を召喚するとかもできないんだろ? なら俺に期待してくれ。俺は野球をやる為にこの世界に来たんだ。魔力とやらがないと活躍できないってんだったら、何とかするしかない。魔力が上がる方法を、一緒に考えてくれよ」  ルーチェは驚いたような顔で、マジマジと山田を見上げた。 「なんだよ? なんか顔についてるか?」 「いえ。イッキューはとても前向きなゴブリンだなと思いまして」 「ゴブリンじゃねぇ!」 「でも……それもそうですね! 私はイッキューを鍛えて何とかするしかないのです。落ち込んでいても仕方ありません。宿に戻って対策を考えましょう!」  ルーチェは起き上がって、鞄を肩に提げて街へと戻ろうとした。  その腕をはしと掴んで、山田は引き止める。 「な、なんですかっ! びびびっくりするから急に触らないでくださいよぅ! 男の人には苦手意識があるのです」 「すまんすまん、つい」  山田は慌ててルーチェの腕を離した。 「で、なんですか?」 「いや、もっとキャッチボールしてこうぜ!」 「え?」  山田は空を指差した。 「ほら、まだお日様は登ってるだろ? もうちょっとやってこうぜ! 俺、変化球も得意なんだよ! まだストレートしか投げてないだろ? もっと受けてくれよ」  ルーチェは間抜けな顔で山田を見て、それから「ぷ」と小さく笑った。 「何笑ってんだよ」 「いえ、とても野球が好きなゴブリンだなと思いまして」 「だからゴブリンじゃねぇって言ってんだろうが!」 「まったく。しょうがないですね。私も一人で旅をしていてキャッチボールには飢えていました! 良いですよ、付き合いましょうっ!」  そうして、二人は日が暮れ始めるまで、たっぷりとキャッチボールをした。  スライダー、カットボール、カーブ、フォーク、チェンジアップ、シンカー、ツーシーム。山田は持てる球種全てを投じて見せた。その切れ味にルーチェは舌を巻く。  七色の変化球。それもまた彼の大きな武器なのだ。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • 女魔法使い

    itiri

    ♡1,000pt 2020年3月19日 19時12分

    別の場所で再度読む小説も乙でいいものですね( ´ ▽ ` ) 2度目でも面白い! ゆっくり読み進めていきますー

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    itiri

    2020年3月19日 19時12分

    女魔法使い
  • かえるさん

    春雨 蛙

    ♡1,000pt 2019年8月25日 16時42分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    センスに脱帽です

    春雨 蛙

    2019年8月25日 16時42分

    かえるさん
  • 女子高生

    龍宮群青

    2019年8月25日 17時03分

    春雨さん。応援ありがとうございます! 春雨さんにそう言っていただけて嬉しいです!!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    龍宮群青

    2019年8月25日 17時03分

    女子高生
  • 文豪猫

    木村竜史

    ♡700pt 2019年9月24日 7時33分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    見事なお点前で

    木村竜史

    2019年9月24日 7時33分

    文豪猫
  • 女子高生

    龍宮群青

    2019年9月24日 8時12分

    木村さん。読んで応援してくださり、誠にありがとうございます! とても嬉しいです!!! 励みになります・・・! 良ければですが、またぜひ読みにいらしてくださいね。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    龍宮群青

    2019年9月24日 8時12分

    女子高生
  • マンドラゴラ

    Sho-5

    ♡500pt 2019年8月15日 20時25分

    ルーチェのキャラ良いですね!(^ω^) 可愛いし、キャッチャーできるし最高です!!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    Sho-5

    2019年8月15日 20時25分

    マンドラゴラ
  • 女子高生

    龍宮群青

    2019年8月15日 21時57分

    応援ありがとうございます……! キャッチャーって女房役だしヒロインかな……みたいな安易な発想で始まってたりするので、そう言ってもらえるとすごく嬉しいです!笑 引き続きぜひぜひよろしくお願い致します!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    龍宮群青

    2019年8月15日 21時57分

    女子高生
  • 1周年記念ノベラ&ステラ

    新道 梨果子

    ♡100pt 2019年9月2日 23時31分

    おお、こちらもヒロインはキャッチャーなんですね。 やはり女房役はヒロインですよね!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    新道 梨果子

    2019年9月2日 23時31分

    1周年記念ノベラ&ステラ
  • 女子高生

    龍宮群青

    2019年9月2日 23時35分

    そうなんですよ! だから田村さんのやつ初めて見たとき、やべぇかぶった!って笑 でも仕方ないですよね、実際に女房役ですから!!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    龍宮群青

    2019年9月2日 23時35分

    女子高生

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 死ねない魔法少女の異世界転生記

    「死ぬことは罪だよ。私は死にたいけど」

    71,700

    40


    2021年7月26日更新

    やぁ。私は赤松玲。二十一歳のお姉さんさ。 いや、この自己紹介はあまり正しくないかもなぁ……正確に言うと私は二十一歳のお姉さんだったのにも関わらず、とある事情から死んじゃって輪廻転生、今は十七歳の美少女になっている。 そして十七年間、今の世界でクシャナ・アルスタッドとして生活をしているのだけれど…… どうにもこの世界に、私と生前因縁があった【アシッド】という怪物が出ているらしくてね。 私はあまり興味ないのだけれど、若い子達を無下に見殺しには出来ない。 とある事情で手にしたマジカリング・デバイス【イリュージョン】を用いて、魔法少女に変身し、戦う事になったんだ。 詳しくは本編を読んでくれたまえ。お姉さんも大歓迎だよ? ※ご覧になる方によっては気分を害する描写等もあります。 予めご了承ください。 ※この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。 ※この作品は「小説家になろう!」様でも同様の内容で掲載しております。 ※コメント・スタンプ・レビュー・ビビッと等も大歓迎です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:37時間27分

    この作品を読む

  • 問題が発生したため【人生】を強制終了します。 → 『精霊使いで再起動しました。』

    女性だけしかなれない精霊使い達の物語

    5,600

    0


    2021年7月26日更新

    ――その国の王となるには、次期王候補者と精霊使いは、四つの属性の大精霊と大竜神の祝福を受けなければならない。 『ニュースです。昨夜、銀座のビルのテナントの一室で起きた爆発事故で、連絡が取れなくなっていた従業員とみられる男女四人の遺体が発見されました。』 女子大生のハルナはMMORPGにどっぷり浸かった生活を送っていたが、PCパーツ貧乏となり親族のお手伝いで夜のアルバイトへ。不慮の事故により異世界へ転生し、精霊と出会う。 ハルナは失踪した精霊使いの少女と似ていたため、この世界の事情に取り込まれていくことになる。 ※:基本的に毎週日曜日は休載させていただいております、ご了承くださいませ。 【以下のサイトでも掲載を始めました】 小説家になろう様 https://ncode.syosetu.com/n6489fn/ アルファポリス様 https://www.alphapolis.co.jp/novel/623593810/11277286 エブリスタ様 https://estar.jp/novels/25497426 カクヨム様 https://kakuyomu.jp/works/1177354054893181287 ノベルバ様 https://novelba.com/indies/works/913633

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:52時間42分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 消えゆく世界で星空を見る

    人の行動は、善と悪の二面を兼ね備えている

    78,450

    3,942


    2021年7月25日更新

    現実の世界。妄想の世界。夢の世界。 どれも同じ世界。 七百年間に渡る人間と神の死闘の末、救世主によって神は殺された。 それから五十年の歳月が流れ、人々は穏やかな暮らしを取り戻していた。 月見里諦止は生まれ落ちてから二十七年間を、幼馴染の鳥柿咲音と共にポソリ村で過ごしてきた。 だが、そんな穏やかな日々に再び暗雲が立ち込める。 二人の前に現れたのは、星空をそのまま切り取ったかのような存在。遥か昔に世界を滅ぼしかけた星影という生物だった。 御伽噺として語られていた星影という存在は何故再び現れたのか。 その理由を探るために、神殺しの救世主として知られる男が統べる国、桜樹国に月見里諦止は向かう。 果たして、世界が滅びる前に再び星影を封印することができるのか。 月見里諦止の前に現れた謎の男は何者なのか。 愛から始まった復讐の物語。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間34分

    この作品を読む

  • 笑顔のベリーソース

    天才を理解できるのは、天才だけ

    13,500

    0


    2021年7月25日更新

    青年ラウルは、とある王国の城下町デリツィオーゾで天才料理人として名を馳せていた。 ある日、ラウルの店に身分の高そうな客が来店する。客はうまそうに「仔グリフォン肉のソテー」を平らげるが、客が連れていた毒見役は、その食材が実際には仔羊の肉であることを見破った。彼――「神の舌」を持つ天才毒見人レナートは、客がお忍びの国王であることを明かし、ラウルへ宮廷料理人になるよう迫る。 「羊とグリフォンの区別もつかない凡人たちのために、あなたは料理を作り続けるおつもりですか?」と。 「【自主企画】天才フェス」 https://novelup.plus/story/686634039 短編部門参加作です。 表紙画像: 写真AC ヨータさん https://www.photo-ac.com/main/detail/5103548

    読了目安時間:10分

    この作品を読む