野球異世界! 助っ人モンスター ~野球の存在する異世界に助っ人として召喚された令和の怪物《モンスター》がご主人様と一緒にメジャーリーグ昇格を目指す話~

読了目安時間:12分

規定投球回数

 ウェンディがルーチェの頬っぺたをビンタするまでに、一体何があったのか。  時を僅かにさかのぼる。  ルーチェとブラットは人間パーティーに混ざって座っていた。ルーチェは依然として顔が赤いが、お茶を飲み続けたことで多少は酔いが覚め、せっかくの歓迎会で潰れたりしないよう、酒を我慢する程度の分別は取り戻していた。  盛り上がっているというほどではないが、好きなメジャーリーガーや出身地の話題などで、ルーチェはそれなりにコミニケーションを取っていた。ただ1人、ウェンディだけは不貞腐れた顔で、端っこの席で黙々と麦酒(エール)を飲んでいたが。  ルーチェに対してブラットは、ほとんど黙って話を聞いているだけだった。彼女は初対面の人間に弱いのだ。山田たちの時にそうしたように、キャラクターを演じることで会話を試みることもできたが、大人数を前にしてぼろが出るのが怖くなったので、口をつぐんでひっそりと潜むことにした。まるで忍者である。……いや忍者か。 「それにしても、今日は色々とついていなかったですね」  試合の話になって、ルーチェはキャッチャーを務めていた盗賊の男ヴィンスに、そう感想を漏らした。 「まぁ、な。今日は確かにツキがなかった。だがまぁ、こればっかりはしょうがねぇ」 「ウェンディさん、良いピッチングだったのですけどね」  ルーチェが何気なく口にしたその言葉に、それまで黙り込んでいたウェンディが、初めて反応を示した。 「6回5失点の何が良いピッチングよ。ひく。バカにしてるわけ?」 「そ、そうじゃないです。投げる球自体は良かったのにという意味で――」  ルーチェは慌てて弁明。しかしウェンディは、酔いも手伝っているのか、さらに苛立たし気に言葉を続ける。 「そんなの、抑えられなかったら、何の意味もないっての。野球は結果が全て。そんなこともわからないわけ?」 「……おい、ウェンディ。突っかかるのは止めろよ。大人になれ。打ち込まれてイライラしてるのは、わかるけどよ」 「ひっく。あたしがイライラしているのは、あんたにもよ。ヴィンス」 「はぁ? 俺が何したってんだ?」  ウェンディはヴィンスに詰め寄ってまくし立てる。 「なんでそんなヘラヘラと笑って、酒なんか飲んでられるわけ? わかってる? その子、あんたと同じく召喚士でキャッチャーなのよ? 召喚獣の出場枠は2体まで。ジョーイより、イッキューの方が価値があると判断されたら、あんたは試合に出ることすらできなくなるってわけ。イッキューが先発ローテーションに入ったら、3番手のあたしもアウト。もっと危機感を持ったら?」 「そりゃまぁ、危機感ならあるぜ。でも、普段からいがみ合ってても、仕方がねぇだろうがよ」 「とても危機感があるようには見えないんだけど? ひく。どうせ可愛い女の子と酒を飲めて、内心で喜んでたってところでしょ?」 「ちっ。なんでそうなんだよ……」  ヴィンスはボリボリと頭をかいた。ブラットは完全に怯えてしまい、口をあわあわとさせていた。 「ウェ、ウェンディさん」  ルーチェはおっかなびっくりと話しかけた。何とか宥めたいと思ったのだ。自分の発言がきっかけで、チームメイトが喧嘩をする様子を見るのは、忍びなかった。 「その、仲良く、仲良くしましょうよ。ね? 私たち、バッテリーを組むこともあるかもしれないんです。だからほら、握手。握手をしましょう!」  ルーチェはおずおずと右手を差し出した。 「嫌よ。あんたとだけは、なれ合うつもりはないっての」 「そんな……」 「イッキューに試合に出るなって命令して、出場機会をあたしに譲ってくれるって言うんだったら、仲良くしてあげても良いけど?」  それを聞いて、ルーチェの頭にいっぺんに血が上った。  眉根を寄せてウェンディを睨む。 「そんなこと言わないでくださいよ。取り消してください。それでも冒険者ですか!?」 「なによ?」 「自分でもわかってるでしょう!? 今のがとびっきり情けない発言だと! あなた、プライドはないんですか!?」  パァン。  ほとんど反射的に、ウェンディはルーチェの頬を引っ(ぱた)いた。  酒場を静寂が包んだ。時が止まったような静寂。  しばらく2人は睨み合っていたが、ウェンディが先に目を反らした。 「……最後のは悪かったわ。取り消す。でも、あんたと慣れ合うつもりはないから」  それだけ言うと、ウェンディはズカズカと歩いて店を出て行ってしまった。 「ちっ。ガキかよあいつ。ちょっと俺、行ってくるわ。楽しい歓迎会だったのに、うちの阿呆が悪かったな。ま、あんなんだけど、よろしく頼む」  ヴィンスはそう言うと、外に出ていったウェンディを追いかけた。  ○  マギーは言う。 「ウェンディがあぁいう風になるのにも、理由があるんだ。もちろん感心はできないが、私はあれくらい切羽詰まってしまうのも無理はないと思っている。肩を持つというわけではないが、今回のことで、彼女に何かペナルティを課すつもりはない。まぁ、ルーチェとはバッテリーを組んでもらうこともあるだろうから、後日改めて謝罪はさせるがな」  事情聴取を終えたマギー監督は、他のパーティーをみな寮へと帰して、山田たちだけを机に集めていた。ルーチェはあの後えぐえぐと泣いてしまって、瞳を赤く充血させていた。  そんなルーチェの代わりに山田が尋ねる。 「その、あぁいう風になる理由、というのは?」 「彼女は今年で20歳になる。それがどういう意味かわかるか?」 「Fランクリーグの年齢制限、でしたっけ?」  山田は入団テストに合格した時に受けた、新人説明会(オリエンテーション)の内容を思いだす。 「そうだ。Fランクは20歳。Eランクは22歳。Dランクは25歳。Cランクは28歳。その年齢を超えたら、強制的に引退してもらうことになる。厳しいルールのようだが、そうでもしないと冒険者が増え続けて、上の方が詰まっていってしまうからな。現在の冒険者ギルドのシステムを維持する為には、年齢による強制引退は必要なことなんだ。じゃないと、いつまでも下から若いのが上がってこれなくなる。わかるよな?」 「それはまぁ、わかります」 「ウェンディたちのパーティーは、みな同い年。今年で20歳。つまりラストチャンスなんだ。彼女たちは3年間、この街の冒険者として努力を重ねてきた。1年目はあまり試合に出られなかったが、徐々に野球の技術も成長し、今年は優勝争いの戦力として活躍をしてくれている。特にウェンディは、去年の途中にサイドスローに転向してから、目覚ましい成長を遂げた」 「……それでも、Eランク昇格には、まだ足りないということですか?」 「そうだな。昇格させるなら、もっと良い成績を残しているやつを昇格させるのが筋だろう。今だったらエルフパーティーか、ドワーフパーティーの、どちらかだ。だが、ウェンディ達には、今年の始めに1つ約束をしていてな。誰か1人でも、年間を通して活躍を続けられれば、昇格できないか、Eランクリーグの球団に掛け合ってみると約束したんだ。シーズン終了時にはドラフト会議が行われて、上の球団にも空きがたくさんできるからな」 「1年間通して活躍したかというのは、どうやって判断するんです?」 「規定投球回数(※防御率のタイトルレースの有資格を得る為に必要な投球回数のこと)または規定打席の到達。それを条件に設定した。わかりやすいだろう? ウェンディの場合、規定投球回数は試合数×2だから、240イニングを投げれば合格だ。先発投手が1年間ローテーションを守りきれば、120試合の3分の1、40試合に登板することになる。単純計算で、平均6イニングを投げれば、達成可能な数字だ。彼女はここまでローテーションを守り続け、今は、えぇと――」  マギーは懐から手帳を取り出してペラペラとめくった。 「今日を含めて21試合に登板。投球回数は151。平均7回を超える良いペースだ。あとは残り57試合で、89イニングを投げれば規定投球回数達成となる。これまでのペースと同様に、平均7回を投げるとすれば、あと13試合程度先発すれば足りるだろう」 「それなら、だいぶ余裕があるんでは? 残りは57試合だから、3で割ると、19回は先発の機会があるんでしょう?」 「おいおいおいおい。イッキュー、笑わせるなよ。それをお前が言うのか? 先発をやるお前が?」  マギーは呆れた顔で山田を見た。 「……あ」  そう。山田もまた先発投手。山田が先発ローテーションに食い込めば、当然誰かの先発機会を奪うことになるのだ。 「お前、バカだな」 「まぁ、よく言われますね、それは」 「ふふ。だろうな。それで、これを聞いたお前はどうする? 先発を辞退するか?」 「バカ言わないでください」  山田は当然そう口にする。  というよりも、野球を志す冒険者であれば、全員が同じことを言うだろう。 「相手の事情はわかりましたけど、それで手を抜いたりするわけないでしょう? ベストを尽くしますよ。むしろ、それを聞いて、余計に燃えました。これでローテーション争いに負けたら、何だか手を抜いたみたいじゃないですか? 俺、絶対に、先発ローテーションに入って、相応しい活躍をしてみせます。優勝争いの力になってみせますよ!」  大言壮語。  山田の得意とするところだった。  エノティラは魔災(ディザスター)のあの日、山田に言ったのだ。それぞれのランクのリーグで、為すべき仕事をし続けろと。Fランクリーグにおいては、まずは先発ローテーションに食い込むことが、自分の為すべき仕事だろう。一歩ずつだ。そういうことの繰り返しの先に、メジャーリーグがあるのだ。  山田は固く誓う。  絶対に、ウェンディには負けないと。  マギーは二ッと笑った。 「ま、そう言ってもらわなきゃ困るんだがな。とはいえイッキュー、レベルが上がるまでは、お前の役割は敗戦処理(※劣勢の試合で先発に変わって長いイニングを投げる投手のこと)だ。来週の敵地の試合には帯同してもらうが、出番があるとは限らない。本当はすぐにでも経験値稼ぎ(キャンプ)クエストに行ってレベルを上げてきて欲しいんだが、あいにく今は丁度いいのがなくてな。ま、どこかで相応しい迷宮が見つかったら、他の球団のパーティーと合同になっても良いから、なるべく早く行ってもらうことにする。それまでは敗戦処理で我慢してくれ。今年は優勝を争っているし、ちょっと試しに先発させるというわけにもいかないんだ」 「わかりました。実力が足りないなら仕方ないです」 「良い答えだ。ま、安心しろ。ウェンディだけを贔屓したりはしない。あくまでも実力で判断をする。私は常に公平であるように心がけている。それが下位リーグで監督を務めるものに要求される、最大の資質だと思っているからな」  それからマギーは、ふうとため息を1つ吐いた。 「にしても、なんで先発ローテーションは3人なんだろうな?」 「はい?」 「いやなに。私だって、悩みが大きいということだ。そうだお前たち、この後、また別の店で飲みなおさないか? というか、できれば付き合ってくれないか? せっかくの楽しい会が台無しになってしまった。その点ではウェンディを恨むべきだろうな。私が良い店に連れて行ってやるよ。もちろん、奢ってやる。おいルーチェ」 「……なんですか?」  ルーチェの声はかすれていた。 「こういう時は飲んで忘れるに限る。今日は浴びるほど飲め。行くぞ」  そう言ってマギーは立ち上がった。  ○ 「なんなんれすかーっ! あの女ーっ! むかつきますぅ! こっちは仲よくしようって言ってるのにーっ! どう思いますかぁ!? ねぇ! どう思うんですかぁ!?」 「はいはい、はいはい」  ルーチェはべろんべろんに酔っぱらっていた。メインストリートから一本奥に入った道を、山田に寄りかかりながら千鳥足で歩いている。  現在パーティーは、3次会の店を出たところだった。そこでルーチェは麦酒(エール)を浴びるほどに飲み、急においおいおいおい泣き出したかと思えば、今度は怒り出し、山田にひたすらに管を巻き始めた。 「ちょっとイッキュー! 聞いてるんですかぁ!?」 「聞いてるよ! もうこの話、3回くらいループしてるからな!?」  吐く息がとにかく酒臭い。  ヒロイン失格である。 「こりゃもう完全にダメだな。明日にはこれまでの記憶が、全部なくなってるんじゃないか?」  マギーはニヤニヤと楽しそうにその様子を見ていた。 「ヴっ……」  ルーチェは途端に口を押えた。 「ちょ、おいっ! やめろよ!? 我慢しろよ!?」 「……きもぢわるいでず。げーしたい」 「ちょ! おま! 離せ! なんで俺にしがみつくんだよ!」  ルーチェはハシと山田の体に手を回していた。 「「あははははーっ!」」  ブラットとドレミィは、それを指差して爆笑している。こいつらもダメだ。先ほどからテンションがおかしかった。 「大丈夫です。あとで”浄化(ぴゅりはい)“しますから」 「大丈夫じゃねぇから! 最初からその辺にしろよ!」 「いつもイッキューの球を受けてるんですよ! たまにはイッキューが受け止めてくらはいよ!」 「その理屈はおかしい!」  ――そして。  山田が覚悟を固めてギュッと目を閉じていると、 「……すぅ」  可愛らしい寝息が聞こえてきた。  目を開けると、ルーチェは山田の体にもたれ掛かって器用に眠っていた。ゲロインルートをすんでのところで回避である。 「寝やがったか。仕方ない奴め。おい、ドレミィ。お前ブラットと一緒に、そいつを運んで帰れ!」 「あれ? 俺とノアは?」 「お前とノアはまだまだ余裕がありそうだからな! もうちょっと私に付き合え! 4次会だ! 今度の店はもうちょっと良い酒飲ましてやる!」 「わーい! 行く行くーっ! ただ酒だぁ! 良い酒だぁ!」  ノアはノリノリで両手をあげた。  このエルフ、実はパーティー1の酒豪である。 「えぇ。俺もう帰って寝たいんですけど……」 「そんなー! イッキューも行こうよう!」  ノアは山田の腕を掴んだ。 「なんでお前、そんなに元気なんだよ?」 「お酒だよ! タダでお酒が飲めるんだよぅ! 監督と2人っきりじゃ、さみちーよー!」 「わぁーったよ! 監督も歓迎してくれてるんだしな! 行きます!」 「よぉし! 良い返事だ! それじゃあ行くぞ!」 「おーっ!」  ノアは元気よく右手を突き上げた。 「ふふ、元気だな! そういえばノア、お前は道楽師だったな?」 「そうですよ!」 「だったら、とびきり良い店に連れて行ってやろう。こっちだ」  山田たち3人は、マギーに導かれて、月明かりの照らす夜の街へと消えていく。  こうして工房街ビッグ・ベルでの1日は幕を下ろした。

 ちなみに、日本プロ野球の規定投球回数は試合数×1で143回です。作中では3人でローテーションを回すので、ざっくり2倍してみました。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • マンドラゴラ

    Sho-5

    ♡1,000pt 2019年12月22日 10時27分

    ルーチェさん、お酒が弱くてついにゲロインですかwww それと比べてノアさんは酒豪設定だったんですね!驚きました! キャラによって酒の強さの個性があって良いと思います! (^ω^)

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    Sho-5

    2019年12月22日 10時27分

    マンドラゴラ
  • 女子高生

    龍宮群青

    2019年12月22日 11時54分

    ノアはもうお酒がいかにも強そうだなぁと・・・笑 でも毎日ビール飲んでるSho-5さんほどではないかもしれません。 みんなでお酒飲んでみたいですよね。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    龍宮群青

    2019年12月22日 11時54分

    女子高生
  • 1周年記念ノベラ&ステラ

    新道 梨果子

    ♡1,000pt 2019年9月29日 12時06分

    ゲロイン回避、ようございました……。 29日、山本選手ですね! これは要注目ですね~。 まあ私が注目する試合、他にあるんで……。阪神爆弾の爆発、待ってます。

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    新道 梨果子

    2019年9月29日 12時06分

    1周年記念ノベラ&ステラ
  • 女子高生

    龍宮群青

    2019年9月29日 14時10分

    田村さん。たくさんの応援、本当にありがとうございます! 広島ファンの方にとっては胃が痛いですよね・・・! 中日に可能性ないのにプレッシャーが! メッセンジャーの引退試合に鳥谷のセレモニー。こういう肝心な時に負けそうなのが阪神ですが、はてさてどうなんでしょうか? 楽しみにします。笑

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    龍宮群青

    2019年9月29日 14時10分

    女子高生
  • みりたりステラ

    琉斗・リュート/すじしまどじょう

    ♡1,000pt 2019年9月29日 7時46分

    そういえばゲーム用語でキャンプでと、調べて吹きましたww 野球選手=冒険者となると、職業として冒険者の人気は凄まじくありそうなので、年齢制限は必要ですよね(`・ω・´) ギリギリの戦いから這い上がってメジャーまで到達した選手とかいろいろドラマがありそうです!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

  • 女子高生

    龍宮群青

    2019年9月29日 10時21分

    リュートさん。いつもたくさん応援してくれて、本当にありがとうございます! 感覚としては、いつまでも大学生ではいられないという感じですかね?笑 プロになるか諦めるかみたいな。上手く描けて行けたらと思います。頑張らねば! ところでキャンプって? 自分は特訓程度の意味で使ってました。笑

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    龍宮群青

    2019年9月29日 10時21分

    女子高生
  • かえるさん

    春雨 蛙

    ♡1,000pt 2019年9月28日 20時24分

    サイドで152放るロマンの塊が燻ってしまう異世界の野球レベルの高さよ。大人数の前で静かになってしまうブラット可愛いですね(ブラットに投票した男)

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    春雨 蛙

    2019年9月28日 20時24分

    かえるさん
  • 女子高生

    龍宮群青

    2019年9月28日 20時29分

    メジャーリーグで速球派を名乗るには190キロ必要な世界ですからね・・・! ブラット可愛いですよね。自分も書いてて、こいつ絶対飲み会とかで喋らねぇだろうなって思いました。笑 いつも応援あざっす!!!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    龍宮群青

    2019年9月28日 20時29分

    女子高生
  • みりたりステラ

    R884

    ♡200pt 2019年9月28日 22時59分

    ルーチェがあやうくゲロインに。でも大丈夫、最近では意外とゲロインも多いから。 オロオロしてるブラッドはカワイン。

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    R884

    2019年9月28日 22時59分

    みりたりステラ
  • 女子高生

    龍宮群青

    2019年9月28日 23時12分

    R884さん! コメントと応援Pまことにありがとうございます! 嬉しいです! どこぞの駄女神さまも、良くオロオロしてますもんね。 ブラッド、可愛いと言ってもらえて良かったです! 自分でも可愛いと思いました。笑

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    龍宮群青

    2019年9月28日 23時12分

    女子高生

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 電気と魔法 −電気工事士の異世界サバイバル−

    世界を救えって、俺、電気工事士だぞ!?

    261,900

    560


    2021年6月13日更新

    「始元の大魔導師を召喚したから、世界を救え」なんて言われても、俺、電気工事士だぞ。 えっ、報酬は金100キロ!? 滅びの足音が近づき、それを防ごうとする人々の善意は虚しく消費されてしまう世界。 そんな中で、現代を生きる電気工事士の技術は、この世界を救えるのだろうか? 「カクヨム金のたまご」で紹介頂きました。 扉絵は、カフカ@AUC(@Kavka_AUC)様にいただきました。ありがとうございます。

    読了目安時間:23時間25分

    この作品を読む

  • クリフエッジシリーズ第一部「士官候補生コリングウッド」

    ハヤカワ文庫さんのSF好きにお勧め!

    4,000

    0


    2021年6月13日更新

    人類が宇宙に進出して約五千年後、地球より数千光年離れた銀河系ペルセウス腕を舞台に、後に“クリフエッジ(崖っぷち)”と呼ばれることになるクリフォードの士官候補生時代の活躍を描く。 アルビオン王国軍士官候補生クリフォード・カスバート・コリングウッドは哨戒任務を主とするスループ艦、ブルーベル34号に配属された。 士官学校時代とは異なる生活に悩みながらも、士官となるべく努力する。そんな中、ブルーベルにトリビューン星系で行方不明になった商船の捜索任務が与えられた。 トリビューン星系には宿敵ゾンファ共和国の影があった。 陸兵でもないブルーベルの乗組員たちは敵基地への潜入作戦を強行する。若きクリフォードは初めての実戦を経験し、成長していく。 ■■■ 登場人物 ・クリフォード・カスバート・コリングウッド:士官候補生、19歳 ・エルマー・マイヤーズ:スループ艦ブルーベル34艦長、少佐、28歳 ・アナベラ・グレシャム:同副長、大尉、26歳 ・ブランドン・デンゼル:同航法長、大尉、27歳 ・オルガ・ロートン:同戦術士、大尉、28歳 ・フィラーナ・クイン:同情報士、中尉、24歳 ・デリック・トンプソン:同機関長、機関大尉、39歳 ・バーナード・ホプキンス:同軍医、軍医大尉、35歳 ・ナディア・ニコール:同士官 中尉、23歳 ・サミュエル・ラングフォード:同先任士官候補生、20歳 ・アメリア・アンヴィル:同操舵長、兵曹長、35歳 ・テッド・パーマー:同掌砲手 二等兵曹、31歳 ・ヘーゼル・ジェンキンズ:同掌砲手 三等兵曹、26歳 ・ワン・リー:ゾンファ共和国軍 武装商船P-331船長 ・グァン・フェン:同一等航法士 ・カオ・ルーリン:ゾンファ共和国軍准将、私掠船用拠点クーロンベースの司令 ■■■ 小説家になろう、アルファポリス、カクヨムでも投稿しております。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:58分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 死後につくる新しい家族

    血は繋がってないけど、俺たちは家族

    10,250

    0


    2021年6月14日更新

    30歳の独身おじさん、タカノトモユキは仕事中の不慮の事故で即死してしまう。 死んでしまったタカノは身に覚えのない手続きが認可されたことによってわけもわからぬまま異世界へ飛ばされることに!? 行きついた先は魔法使いに獣人、未知の生物たちがひしめくなんともファンタジーな世界。 そこでタカノは街で謎の家出少女ミラと出会い、なりゆきで彼女の養育者に!? 自分と少女の生活のため、おじさんの異世界奮闘記が幕を開ける!

    読了目安時間:38時間4分

    この作品を読む

  • 完ソロ

    神器を癒せ。神器(バイク)を駆れ。

    200

    0


    2021年6月14日更新

    ●「完ソロ」とは、ソロキャンプに出掛けたらキャンプ場に誰も居なくて、本当に一人っきり(完全ソロ)になること。 むしろ一人になりたかった主人公、楓太は、異世界に来てもソロキャンプ、ソロツーリング。慌てず騒がず、何でも一人で出来てしまう楓太は、周囲に溶け込み、空気的な自然さで、異世界人だと悟られずに旅を続けるのだが・・・。 ●世界は終焉に向かいつつあることを、殆どの者が知らない。それを救えるのは、呼ばれた者たちの特別な能力・・・ではなく、心。その心で、神器を・・・癒せ。 ●自然、バイク、キャンプ、ぼっち(笑)・・・作者の好きなものを全部詰め込んだ、思い切り自分のための作品です。 ※一話一話が概ねアニメの一話相当のボリュームになるように書いています。全12~13話(1クール)になる予定。 週一更新を心掛けています。

    読了目安時間:1時間22分

    この作品を読む