現代/青春ドラマ 短編 完結済

夢へのとびら

作者からの一言コメント

役者になるの夢でした

役者になるのが夢だった竹地愛美は専門学校に通っている。 学校は厳しく理不尽で、同じ役者を目指す仲間もやる気があるのか無いのかわからないことにイライラする愛美。それでも愛美は自分の夢のために毎日頑張った。 しかし、所属の最終オーディションにて全てを抱えすぎた愛美は自分の中の実力が上手く出せずに落選してしまったのだった。 悔しくて悲しみに暮れ、趣味と共に他愛ない毎日を過ごす愛美にある日一通のメールが届いて……。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 夢へのとびら
作者名 癒月
ジャンル 現代/青春ドラマ
タグ AMG夢コン
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年8月31日 13時41分
最終投稿日 2020年8月31日 13時44分
完結日 2020年8月31日 13時44分
文字数 1,531文字
ブックマーク登録 0件
コメント 0件
スタンプ 0件
ビビッと 0件
応援ポイント 0pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • エミィの世界

    小説家になろうに掲載した作品の再録です

    32,100

    310


    2021年2月17日更新

    小学生エミィは、「国の借金問題について家族と話会いましょう」と言う宿題が学校から出されます。 エミィは家に帰ると両親と相談し、経済に詳しいお父さんと一緒にファクトについて調べていきます。 多くのファクトに基づき事実を調べていきまとめていきます。そして、親子で「国の借金問題」に対して、どのように対応するべきかをまとめます。 また別の日に、エミィのママと一緒にダイニングで一緒にテレビを見ていると消費税の逆進性の話になります。 エミィとママは、消費税の逆進性を良く知らないことに気付きます。 そこで経済に詳しいパパに消費税の逆進性について話を聞きます。 最後に消費税はどう対するべきかまとめます ※絵:堺むてっぽうさん作

    読了目安時間:1時間2分

    この作品を読む

  • 魔法少女自殺〜エラープロセス

    魔法少女が自殺した。本当のゲームが始まる

    21,400

    100


    2021年4月21日更新

    魔法少女春風美兎が自殺した。 死ぬ直前に謎の数字を友人達に遺して。 以降世界にただならぬ空気が流れ始める。 偽物の魔法少女達が、真相の解明と解決に乗り出すが。 ニュースにも取り上げられる異常現象の真実は? 原因は何か? 何かを知るはずの少女、野倉野々は諦観したような眼差しで「偽善者乙〜」とほくそ笑み、何も知らない人達はただ困惑してパニックに。 知る者と知らない者達のファンタジックヒューマンドラマ 日間総合一位に一瞬だけなりました! ありがとうございました!

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:43分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 東雲とばりは諦める

    高校生が何かを『諦める』青春ストーリー!

    77,900

    158


    2021年4月21日更新

    【電撃大賞3次選考進出作品(一部改稿しています)】 【基本的に月・水・金の朝7時ごろに更新します】 「生きるということは、諦めることよ」 天文部部長、東雲とばりはそう言って、部室で『諦め屋』を営んでいた。 『諦め屋』――そこを訪ねれば、なんでも諦めさせてくれると噂される場所。 だが、同じく天文部員であり後輩の宵山晴人は、天文部が『誰かを諦めさせる場所』として使われることを好ましく思っておらず、今後の部の在り方を決めるため、東雲とばりと『賭け』をする。 そんな時、晴人の幼なじみである星宮夕月が、ひとりの女子生徒を連れてくる。 彼女はここへ来た理由は『諦め屋』を訪れるためであり、『何かを諦めるため』だった。 東雲とばりは彼女の依頼を聞き、『諦め屋』の活動が始まる。 一人、また一人とやって来る依頼者。彼らが『何かを諦める』のを見ていくうちに、晴人は「諦めるということは何を意味するのか」、「諦めた先に何があるのか」を知っていく。 揺れ動く晴人の心。 東雲とばりはなぜ『諦め屋』をしているのか。 そして晴人たちは最後に何を『諦め』、何を『諦めない』のか――

    読了目安時間:2時間20分

    この作品を読む

  • ききょうくんとなずなさん

    あの日、立ち入り禁止の屋上から始まった

    477,730

    6,278


    2021年4月21日更新

    【HJ2020後期、一次通過致しました!】 中学生の頃、僕はいじめを受けていた。そのトラウマから登校できなかった僕が高校生活を始めたのは、入学式から一週間程経ってからだった。 そんな僕が一番最初に話したのは、退屈そうな顔をした隣の席の女の子。無愛想に見える彼女が昼休みに向かったのは、立ち入り禁止の屋上。「そこ、立ち入り禁止じゃないの?」そう問いかけた僕を見下ろした瞳は、どこか影を帯びているように見えた。屋上に繋がる扉から見えたどこまでも自由な春空、そして、僕を見つめる空色の瞳。見えない何かに背中を押され、立ち入り禁止の先に踏み入れた時、僕と彼女の人生が交差する──。 表紙イラスト→八女茶様 本文内タイトルロゴ→紅蓮のたまり醤油様

    読了目安時間:8時間3分

    この作品を読む