Amazonギフトカードが当たる会員登録キャンペーン実施中!詳しくはこちら

自動車教習所で泣いていた彼女を助けたら学年アイドルがグイグイ来るようになった!?

読了目安時間:5分

2 涙再び・彼女の笑顔

 ロビーの一番奥、窓際に自習用のカウンターが設置してあるスペースに人混みを避けるようにして座る。結果の発表待ちだ。   「あの、先ほどはありがとうございました」    スマホをいじっていた俺はその声で顔を上げる。目の前に野々原さんが立って いた。   「いえ、良かったですね」    意識して野々原さんにアドバイスしたわけでもないので、礼を言われるほどのこともしてないのだが一応無難に言葉を返す。   「これ、よかったらですけど……」 「え?」  野々原さんの手には缶コーヒーがあり、こちらに差し出していた。   「いやいや、それは受け取れませんよ」 「お、男の子が好きな飲み物なんて、わ、私よくわかんなくて。そ、そうですよね、コーヒーを飲まない方だっていますもんね」  いや、そういう事じゃなくてね。  野々原さん、また目が渦巻きになってる(ような気がした)   「とりあえず掛けましょう」  何人かこちらをチラチラ振り向いて伺ってる。話す内容も内容なので苦笑しながら椅子に座るように促すと、彼女は一つ席を空けてこちらに体を向けて座る。    こうして正面から見ると、肩より少し下まで伸びるサラサラの黒髪、小さな顔にかけられた眼鏡の奥には黒目がちの瞳。眼鏡で目が小さく見えてることを考えれば、もしかするともっとぱっちりと大きな瞳なのかも知れない。若干地味なことは否めないが清楚な美少女には間違いなさそうだ。落ち着いてる雰囲気からすると年上……大学生なのだろうか。   「さっきのは俺の完全に自爆なんで気にしないでください。ちょっと恥ずかしいくらいなんで」 「でも、それで助かったのは事実なんです。本当にありがとうございました」    でもどうしましょう、私コーヒーは苦手でと小さく呟くのが聞こえた。   「じゃあそれ頂きますね」 「はいっどうぞ!」    一つ空けた席をこちらに詰めて座り直しながら渡してくる。   「甘さの好みもわからなかったので微糖を買いました」    ドリップしたコーヒーならブラックでも飲むが、缶コーヒーは割と甘目が好みである。   「大丈夫ですよ。ブラックも好きですし、ミルクたっぷりの甘いやつも飲みたくなる時もありますしね。じゃあありがたく頂きます」    プルタブを開けて一口飲むと人工甘味料の味が舌に広がる。実は微糖のこの味は苦手なのだが当然表情には出さない。  なんとなく間が持てないので、コーヒーの缶を口に近づけながら話しかける。   「そういや、ギア車で頑張ってるんですね。女の子はオートマで取るもんだと思ってましたけど偏見かも知れません。何か理由があるんですか」    本当に軽い気持ちで聞いたつもりだった……のだが。   「そ、それは……」    俯いてしまい、ぎゅっと下唇を噛む野々原さん。   「(え~!?今のNGワード?やっちまった?)」    人間何が地雷なのかわからない。いや、見えてないからこそ地雷なのだが。  二人の間に気まずい沈黙が流れて、この空気どうしようと途方に暮れたその時……  ピンポンパンポ~ン♪  発表だ。俯いてた彼女もハッとして顔を上げモニター画面に向ける。  モニター画面に受験番号と合否の結果が表示された。  自分の番号に合格のマークが付いてるのを見てホッとするが、次の瞬間   「あっ、あった!ありました!合格です!」    と、耳に衝撃が訪れたあと    むにゅ!    と、腕に柔らかな衝撃が。  見ると野々原さんが感極まって俺の腕に抱きついて……泣いていた。   「え?ちょ、ちょっと!」    周りからの注目も集めているしやめて欲しいが、泣いている女の子を無理に引きはがすわけにもいかない。結局彼女自身がハッとして離れてくれるまで俺は、腕の感触にただただオロオロするのであった。 「本当にすみません!」  もう何度目かわからないくらいに頭を下げる彼女に、気にしてないからとこれも何度目かの返答をする。  いやむしろ「ありがとうございます」なのだが、これは口が裂けても言えないな。 「実は私、今日で試験受けるの4度目なんです」    少し時間が経過し落ち着いた彼女が話始める。   「前回は、3度目の正直で合格を信じていたのに落ちてしまって……つい、堪えきれずに二階の談話室まで行って泣いてしまいました」    やっぱり、あの泣いている姿は野々原さんだったようだ。   「練習では上手くいくんです。でもどうしても特にS字だけは苦手で、あそこに行くと頭が真っ白になっちゃうんです」    うん。知ってる。さっき見た。   「試験にはお金もかかるし、親とかに叱られちゃうの?」    心配して訪ねてみると、彼女は小さく首を横に振った。   「自分のお金なんです。お小遣いとか親戚の仕事をお手伝いして頂いたお金を貯めてた分で通ってます」    それを聞いて俺はちょっと自分が恥ずかしくなった。推薦で大学が決まって、やることがなくていたら親から「今の内に免許でも取っとけ」って言われ、何の疑問も感じず親が出した金で通っていたのだから。   「じゃあ合格の喜びも一入(ひとしお)だったんだね」    泣くのも仕方ないわ、そりゃ。   「はい。まー自分のお金って言っても、お小遣いとかはやっぱり親に貰ってるのに変わりはないんですけどね」 「それでも偉いよ」    本心からそう思っての言葉だ。   「でも、あの時後ろからのアドバイスがあってS字を切り抜けたら意識が変わったんです。自分でもよくわからないんですが、そこからは落ち着いて運転できたんです。改めて本当にありがとうございました」 「……っ!」    思わず息を呑んだ。だってそこには……俺の目の前には……屈託のない、はじけるような満面の笑みがあったのだから。  俺は今日、彼女の泣く姿を図らずも再び見ることになったようだ。  いや、それ以上に魅力的な笑顔を記憶に残すことになった。いまだ残る腕の柔らかな感触の記憶とともに。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 令和十文字つやばなし

    一寸Hな十文字を君に

    77,191

    165


    2021年7月30日更新

    牧田紗矢乃=サンの『10文字怪談集』にインスパイアを受けて、十文字で描かれるちょっと? いやさ、かなりえっちっちな言葉遊びの恋愛系な短編集。 いろは歌による第1弾『いろは十文字つや巡り』(10月20日から12月7日まで) 12月1日から2021年1月15日まで『つや話 歳末ひめめくり』 1月16日から2月19日まで『春遠からずや 艶咲き桜』 2月20日から3月26日まで『春よ恋 蕾ほつれる 艶桜』 3月27日より4月30日は『春爛漫 風も嵐も つや桜』 5月1日から6月10日までが『初夏薫風の あいそら囃』 6月11日から7月21日までは『 盛夏燎原の なつぞら祭』 7月22日から8月31日の期間では『晩夏星晨 ほしぞらの宴』 ※この作品は15歳以上推奨です。お赤飯前の少女やエッチに対して免疫のないショタっ子、夜の営みに対してアレルギーを引き起こす方はブラウザバックを推奨いたします。 ※時折、ネット上で起きた出来事をネタにしたものも在りますが、笑って読んで下さいませ。 ※想像力が足りないと、わからないような表現があります。 本編開始:202010200721 この作品は、殆んどがフィクションです。 実際の人名・地名や団体、出来事等は(一部エピソードを除いて)架空のものです。 そしてこの作品は、犯罪や悪事を推奨する作品では御座いません。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:18分

    この作品を読む

  • 悪役令嬢に私はなる! 婚約破棄? いえ、ヒロインに王子をとられるのは乙女ゲームではふつうです。

    悪役令嬢、暗躍します!

    3,600

    0


    2021年7月30日更新

    侯爵令嬢のアイリス・マークスは転生者だった。乙女ゲーム『赤毛の聖女』の世界だと気づくも、本来は名前しかないモブであることが発覚。しかも知識チートをした結果、王子の婚約者という悪役令嬢のポジションになっていた!? それならばとゲーム知識でハッピーエンドを目指すも何故かループしてしまう現象に巻き込まれる。毎回同じところでループしてしまうアイリスは、同じく転生者であるゲームのヒロイン、メアリーと協力して真のハッピーエンドを目指しつつループを抜ける方法を模索する。 ヒロインのハッピーエンドとは、すなわち悪役令嬢の失脚。つまり追放ね!――よりよき追放を目指し、暗躍するアイリスは悪役令嬢を演じる! 婚約者である王子をメアリーとくっつけつつ、自分は王子の護衛でもある騎士アッシュと関係を深めていく……。 悪役令嬢に私はなります! 《小説家になろう、カクヨムにも投稿しております》

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間30分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 蒼空世界のメカ娘~レミエと神とあの空の話

    生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    846,161

    3,723


    2021年7月25日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:22時間15分

    この作品を読む

  • お清め日和

    ホラーの連作短編です。

    363,680

    10,172


    2021年6月4日更新

    ホラーの連作短編です。暴力グロ残酷表現など使わず恐怖を表現出来たらと思っています。よろしくお願い致しますm(_ _)m

    読了目安時間:3時間1分

    この作品を読む