Amazonギフトカードが当たる会員登録キャンペーン実施中!詳しくはこちら

自動車教習所で泣いていた彼女を助けたら学年アイドルがグイグイ来るようになった!?

読了目安時間:8分

11 合格発表・彼女との未来

 初めて手を繋いで下校した翌日…… 「おはよー」 「あ、(だい)ちゃんが来たっ!」  朝のあいさつもそこそこに、教室の入り口を入り切らないうちにクラスの女子達に囲まれる。ここ邪魔じゃないですかね? 大丈夫? それに、 「(いつの間に『(だい)ちゃん』なんて呼ばれてたんだよ?俺)」  俺は陰キャって訳でもないし、選択的ぼっちでもない。なのでクラスの女子とは普通に話くらいはする。佐野によると女子達の間で俺の名前はそれなりには挙がるのだが、友達としての好きとか〝いいひと〟で片づけられるらしい……俺、泣いてもいいよね?  そんな俺が、今日は休み時間の度に女子に囲まれて絶賛困惑中です。  そして今は、午前中の授業が終わったところ。あのー俺、パンを買うのに購買に行きたいんですけど。なんか集まる女子が時間毎に増えてない!? 「ねーねー(だい)ちゃんって、あの3組の円谷さんと付き合ってるんだって?」 「昨日、手を繋いで一緒に帰るとこ見たって人がいるけど本当?」  あーやっぱ見られてるよね。てか朝から同じ質問何度目よ? と、思ったら他のクラスの女子も混じってる!? そりゃ集まる人数が増える訳だ。    彼女達の質問に答える度に、女子達がキャーキャー盛り上がって……ハーレムかよっ!? なんてセルフツッコミなんてしてたら、突然背後から突き刺すような絶対零度の冷気にぶるっと体が震えた。  恐る恐る振り向くと……そこにはテレビから這って出て来たような黒髪の……って、あれ? くるみ? 「お弁当作って来たからアキくんの教室で一緒に食べようって思ったんだけどっ!アキくんは女の子達と楽しくおしゃべりするのが忙しそうだし要らないかなっ?」  いや、要ります要ります。食べたいです、食べさせてください。くるみ様、女神様。って、あれ? 今日は女神様じゃない?  お弁当は食べたいんですが、それよりも気になる問題としてなんで今日は眼鏡なの? 周りの女子達も「誰?」って反応になってるでしょ?  一緒に来た佐野も苦笑いになってるし、そっちのクラスでも朝から一騒動あったんじゃない? 眼鏡かけて髪下ろして概ねすっぴんのくるみって、ほぼほぼ別人だからね? ほらみろ。女子達がひそひそとし始めたじゃないか。 「昨日円谷さんと仲良く手を繋いで帰ってたのに、今日は別な子とお昼ご飯?しかもお弁当まで作って来たみたいよ」 「(だい)ちゃんってそんなキャラだっけ?てか、そんなにモテたっけ?」 「まぁでもサイテーだよねー」  おい。聞こえてるからな! 悪かったなモテなくて!  くるみは、昨日の一件があって目立たなくしようと思ったらしい、気持ちはありがたい。気持ちはありがたいんだけど……なんかズレてないかな? 何? 恋愛方面になるとくるみも案外ポンコツ風味になるの?  そのあと佐野が、くるみの眼鏡外して髪を後ろからちょっと持ち上げて見せたら「おー」ってなって、昼休みは佐野のイメチェン講座になってたな。それを俺とレイはお互いのカノジョ弁当を食べながら、えも言われぬ幸せな気分に浸って眺めてた。  今日は二人で堂々と図書室で勉強をしての帰り道……図書室でも眼鏡バージョンのくるみの登場にちょっと騒ぎになったのは言うまでもない……今日の俺は一大決心をしてくるみの隣を歩いている。  昨日は手を繋ぐイベントだけでドキドキしていたが、今日は俺の方からもっと恋人らしい繋ぎ方で望む所存だ。    すーはー……すーはー……。よし! 落ち着け落ち着け! くるみに拒絶される筈はないんだ。と、思ってもなかなか踏ん切りがつけられない。やっぱり明日でいいやって日和ったところを見透かしたかのように、突然手の指の間にくるみの指が絡みついてきた!?  もう、自然にするっと。告白の時もそうだったけど、いざとなるとくるみの方が度胸据わってるよなー……。  恋人としてレベルアップした手の繋ぎ方をして歩く俺たち 「なぁくるみ」 「うん?」 「俺が最初に好きになったのは『野々原さん』なんだよ」  野々原さんかあ……まだ先月か、先々月くらいの話なのになつかしい感じがする。  何を言い出すんだろうって表情(かお)でこっちを見上げるくるみ 「うまく言えないんだけどさ。俺が最初に惹かれて好きになったのは『野々原くるみ』の方でさ、そっちのくるみを学校の野郎どもには見せたくないってゆーかさ」  俺は何を言ってるんだろう? 顔も熱いし、頭もオーバーヒートしてるらしい。俺の言ってる事って独占欲丸出しの非現実的な話だ。 「……。ばか」  二人で真っ赤になって俯いてしまった。やっぱり言うんじゃなかった。  駅に着いてくるみを見送ろうと手を放そうとした時、ふと思い出して駅前の花屋に目を向けた。くるみも同じようにそちらに目を向けて繋いだ手を放さず更に力を込めてきた、改めて何かを決意するように。  それからの俺たちは、連日人目も(はばか)らず、と言うか憚る必要がなくなった事によって二人で毎日図書室で勉強を続けた。俺たちに自覚はなかったけどナチュラルにイチャついてたらしく「お前らがいると気を取られて勉強にならねーから来んな!」とか「爆ぜろ!」とか言われる時もあったが。  年を越してのセンター試験。くるみの志望校判定は微妙だったが、俺が入学する予定の大学は二次試験の割合が高い。まだ時間はある。    それから若干の時間の流れのあと、それなりに暖かい日もあるようになったある日。それでもまだまだ寒い3月初めに、俺たちは大学の合格発表に来ていた。ネットで確認できるご時世だけどそんなに遠い訳でもないし、発表の臨場感を味わいたいと現地まで赴いた。    いよいよ掲示板に結果が張り出される。くるみが受験票の番号を探す。俺も一緒に数字を追う……が、くるみは俯いて探すのをやめてしまったようだ。俺は何度も何度もその番号があるはずの場所を確認したけどくるみの番号は無かった。  二人で一緒に泣いた。色々な事が頭に浮かんでは消える。くるみが泣き終えるのを待って、 「よし。今日から勉強しよう。たぶん2週間ないくらいだ」  と、言葉をかけて励ます。そう、くるみは後期試験にも願書を出しておいたのだから。 「気持ちを切り替えて行くぞ!」 「うん」  涙を拭いつつもくるみは力強く応えてくれる。俺自身も気持ちを切り替えて一緒に頑張らなきゃな。    三寒四温とはよく言ったもので、昨日は冷え込んだものの今日はぽかぽか陽気の3月下旬。朝は相変わらず寒いけど、日中は過ごしやすい季節だ。俺たちは再び大学の合格発表の場に立っていた。    そして今、コートを脱いだ俺の腕にくるみは抱きついて泣いている。  俺には今日のこの日に確信があった。  試験に落ちたくるみが、ようやく合格した時の発表の場……それが俺たちの始まりだからだ。  ただし、あの時と違う事が一つあるとすれば、腕に当たる柔らかな感触にそうドギマギしなくなっている事だろうか。  俺たちは、これからも何度となく壁にぶつかっては乗り越え(時には迂回するかもだけど)大人になっていくのだろう。  「自動車教習所の試験に落ちたくらいで泣いてたよなー」なんて飲み会の笑い話になっている未来に思いを馳せて、泣いてるくるみの体を抱き寄せながら頭を撫でるのだった。  それから季節は巡り、何度目かの春を迎えた頃……  突然ですが、私の名前は『野々原唯』と言います。以後お見知り置きは特に必要ありません。この春で大学生になりました。  彼氏ですか? 多分いないです。今私の隣にいるのは幼稚園からずっっっと一緒の幼馴染……と言うよりかは腐れ縁と言った方が正しい男の子です。この(ばか)(いま)だに「初恋の幼稚園の先生の事が忘れられねーんだ」とか言い出す時があるので、その度に頭を引っ叩いてあげてます。  その幼稚園の先生……正確にはその頃はまだ先生ではなかったけど……とは、私の従姉(いとこ)のお姉さんの事なんです。お姉さんの当時の彼氏から「マセガキ」とよく言われてたんですが、マセガキどころか超ヘタレです。  だいたい休日はどちらからともなく殆ど一緒に過ごしているのに、何もしてこないどころか何も言ってもこない、(あまつさ)え都合が悪くなると初恋話に逃げる信じられないくらいのヘタレ加減です。  そのお姉さんは訳あって高校時代に私と同じ苗字である野々原になったのですが、大学を卒業するとすぐにまた苗字が変わってしまいました。なんか奈良とか鎌倉で座っていそうな、そんな珍しい苗字です。  当時の彼氏、と言ったのはお姉さんの彼氏が変わった訳ではなくてですね、今は彼氏ではなく旦那さんだからです。    旦那さんは大学を卒業して県の職員さんになりました。大学に入学してからやりたい事ができたそうですが、今時は県の職員さんになるのも狭き門とかで夏休みも大学に通っていたようです(夏休みにどこにも連れってくれないってお姉さんが愚痴ってたので)  旦那さんは異動すれば偉くなれるのに、それを断って福祉の課で幼稚園とか小さい子の係をしてるようです。何かに目覚めてしまったのでしょうか?    あ、そのお姉さんも私のお(うち)でもある幼稚園で今は先生をしてます。  お姉さんも今はお母さんになって、今ちょうど年長さんに自分の娘がいます。年長さんの頃の私の次くらいには可愛い子です。旦那さんの方に似なくてよかったねと、皆んな思ってるようですが誰も口にはしません。それと…… 「おーい、そろそろ時間だぞ」  おっと、私は今、(ヘタレ)と教習所に来ていたのでした。お兄さんとお姉さんが出会った(うち)の近所の教習所。  今日は初日の適性検査の予定です。 「第一教室だよね?」  と、言いながら彼の横に並び立ちます。  さて、私たちにとってはどんな教習になるのでしょう……。

 ここまで読んで下さった皆様、本当にありがとうございます。  当初、5話くらいで一気に伏線を回収して完結する予定だったのですが、だらだらと文字数が増えてしまい、構成力の甘さを反省しております(そのために最後がやたら駆け足気味になったことは否めませんし)  しかしながら、これ以上大学生編とかまで引っ張るとタイトルとも離れてしまいますし、一応の完結とします。  このあと閑話やSSを数話投稿して実際に完結設定にする予定でおりますので、宜しければあと少々お付き合い下さいませ。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 【連載】魔力が強すぎる令嬢は森の奥でこっそりと育てられました

    生まれた赤ん坊の魔力が強すぎた

    0

    0


    2021年7月30日更新

    生まれた赤ん坊の魔力が強すぎたため、森の奥でこっそり育てられる話。

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 令和十文字つやばなし

    一寸Hな十文字を君に

    77,191

    165


    2021年7月30日更新

    牧田紗矢乃=サンの『10文字怪談集』にインスパイアを受けて、十文字で描かれるちょっと? いやさ、かなりえっちっちな言葉遊びの恋愛系な短編集。 いろは歌による第1弾『いろは十文字つや巡り』(10月20日から12月7日まで) 12月1日から2021年1月15日まで『つや話 歳末ひめめくり』 1月16日から2月19日まで『春遠からずや 艶咲き桜』 2月20日から3月26日まで『春よ恋 蕾ほつれる 艶桜』 3月27日より4月30日は『春爛漫 風も嵐も つや桜』 5月1日から6月10日までが『初夏薫風の あいそら囃』 6月11日から7月21日までは『 盛夏燎原の なつぞら祭』 7月22日から8月31日の期間では『晩夏星晨 ほしぞらの宴』 ※この作品は15歳以上推奨です。お赤飯前の少女やエッチに対して免疫のないショタっ子、夜の営みに対してアレルギーを引き起こす方はブラウザバックを推奨いたします。 ※時折、ネット上で起きた出来事をネタにしたものも在りますが、笑って読んで下さいませ。 ※想像力が足りないと、わからないような表現があります。 本編開始:202010200721 この作品は、殆んどがフィクションです。 実際の人名・地名や団体、出来事等は(一部エピソードを除いて)架空のものです。 そしてこの作品は、犯罪や悪事を推奨する作品では御座いません。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:18分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • A BODY WITHOUT A HEAD

    自分を愛せていない全ての人へ🤟

    18,150

    230


    2021年7月29日更新

    【あらすじ】 一人の女子高生が精神科の診療所を訪ねてきた。 曰く「多重人格だから治療して欲しい」という事らしい。 担当医は少しずつだが治療し、元々は30個以上あった人格を7個まで減らせた。 しかしリーダーである人格(行方不明)や「頭脳」である人格(面会拒否)を診察出来ていなく「これ以上の統合は僕には無理かな」とその少女に伝える。 そして「彼女達」の中の一人が、その医者に長い長い告白をする── 【ご挨拶】 初めまして。CMZOです。 私は学生時代から多重人格に惹かれ、自分で言うのもなんですが、医者でもなんでもない一般人がお手軽に手に入れられる多重人格の日本語の本はほぼ全て読破したつもりです。 だから他の、知識がない方々がキャラに色付けで使う多重人格のお話とこのお話は根本的に違うと胸を張って言えます。 ……ですがそこはフィクションなので「これは本物の多重人格では絶対にあり得ない」という確固たる部分が一箇所だけあります。 その答え合わせはキリが良い所の後書きに書いておきますので、是非読みながら「どこがあり得ないんだろうか」と推理してみて下さい。 それでは少しでもお楽しみ頂ければ幸いです。 ※読んで頂ければ分かると思うのですが、章名が「この場所を中心に物語が進みます」という舞台で、エピソード名が「その時の主観のキャラ」になります🤔

    読了目安時間:2時間56分

    この作品を読む

  • 蒼空世界のメカ娘~レミエと神とあの空の話

    生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    846,161

    3,723


    2021年7月25日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:22時間15分

    この作品を読む