文芸/純文学 短編 完結済

青に抱かれて

作者からの一言コメント

GENSEKI 応募作品です

読了目安時間:6分

総エピソード数:1話

夜明け前の青の世界を感じてもらえたらと思います。

総エピソード数:1話

作品情報

作品名 青に抱かれて
作者名 川本 薫
ジャンル 文芸/純文学
タグ GENSEKIコン 恋愛 瀬戸内海 日常 夜明け 漁師 島暮らし
セルフレイティング なし
初掲載日 2022年6月23日 14時04分
最終投稿日 2022年6月23日 14時05分
完結日 2022年6月22日 8時17分
文字数 3,139文字
読了目安時間 6分
総エピソード数 1話
ブックマーク登録 0件
コメント 6件
スタンプ 2件
ビビッと 0件
応援ポイント 13,800pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 星雲珈琲店のはなし

    架空の喫茶店のおはなしとイラストです。

    99,800

    825


    2022年7月2日更新

    架空の喫茶店の星雲珈琲店や奇妙なカクテルを出すバーを中心に土星頭の店主や少年探偵が登場する一話300字程度の少し不穏で不思議な怪奇な日常の話。 イラスト@さかきちか

    読了目安時間:49分

    この作品を読む

  • 不幸を背負って、親父は笑顔で逝った

    幸せを人に譲りつづけた、親父の人生の話

    300

    0


    2022年7月1日更新

    親父が死んだ。有名人でも、企業の重役でもない、タダの田舎の、お調子者のくそオヤジ。ただ、親父には、家族でさえも知らなかった、「自分の幸せを切り売りする能力」があったのだ―― 神奈川県のとある港町を舞台に展開する、「幸せを切り売りする力」に翻弄された、不器用な親父と家族の物語。 あなたは、大切な人のことを、どれくらい知っていますか。 第一章 親父の背中 父親の葬儀の準備をすすめる中、息子である俺は、親父の日記帳と、不可解な内容が書かれた芳名帳を見つける。そこには、親父が家族にも隠していた、ある能力の事が書かれていた。なんでも芳名帳に自分の幸せを与えたい相手の名前を記載すると、自分の幸せを相手に譲渡することができるというのだ。 そんなことをして、親父は、幸せな人生を生きられたのだろうか。 悲しみの底の中で、俺は一枚一枚、芳名帳と、幸せを譲る経緯が書かれた日記帳をめくっていく。 第二章 消えない傷と、あなたへの想い 自分の幸せを家族のために犠牲にしてきた夫。妻である私は、夫の優しさや思いやりにあぐらをかき、最後の最期に彼を大事にしてあげられなかったことを心から悔やんでいた。 後悔と懺悔を繰り返しながら亡くなった私は、その後の世に、前世の記憶を持ったまま生まれ変わる。 運命の悪戯か、夫の生まれ変わりと再会した私は、複雑な思いを抱えながらも、再び彼に好意を持ち始めた。――しかし、「元夫」のもとには、前世の因縁から再び不幸が襲い掛かろうとしていた。 第三章 白い猫と神主 かつて「呪いの道具」として人間相手に猛威を奮ったワシは、術者の死によって、自由の身となった。永遠に続くとも思われる生に飽き飽きし、戯れに人を殺し、災厄の権化と化した。 ただ殺すだけでは飽き足らず、とある「道具」を生み出したことで、運命の歯車は思わぬ方向へ回り始めた。 ――「幸せを切り売りする力」が生まれるまでの経緯と、それを巡る人間と「神主」の悲哀を描く、もうひとつの「幸せを切り売りする力」の物語。

    読了目安時間:1時間11分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 虹魔の調停者

    凄腕魔法士たちが暗躍する本格ファンタジー

    272,130

    665


    2022年7月1日更新

    国を離れた精鋭たちの集う独立ギルド『ガレーネ』。 彼らは世界各地で起きる様々な問題を秘密裏に解決する役割を担う。 ある時、村育ちの兄妹であるジオとネルマは王都の観光をきっかけに彼らから勧誘を受けることに。 ギルドに加わった二人はメンバーたちと任務や休日の時間を共にしながら、少しずつ互いのことを知っていく。 しかし重要な任務の最中、別行動をしていたジオに不穏な影が忍び寄る———— 『厄災編』『竜人編』ともに、表紙イラストは菊月様に描いていただきました。 【無断使用・無断転載等は厳禁】 また、第一弾のイラスト公開記念として第0話を合わせて公開中です。 『厄災編』最終話で鮮明に描かれなかった主人公ジオの過去に遡ります。 *上のイラストは『竜人編』の表紙になります。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:9時間48分

    この作品を読む

  • 海は泣かない

    海は、苦しみを誰にも見せないのだろうか。

    3,000

    0


    2022年7月1日更新

    ミオ。葛森澪。あたしの幼馴染。 掴みどころがなくて、いつもふわふわと笑ってて、どんなことでも引き受ける、海みたいな子。 海は何も言わないのだろうか。 それとも――誰にもその声が聞こえていないだけで、ずっと叫び続けていたのだろうか。

    読了目安時間:20分

    この作品を読む