ガンアクションのススメ(初心者向け銃の解説講座)

まずはじめに!(自己紹介)

 オッス、おら「ミハイル純」!(/・ω・)/  ノベプラの皆さま、はじめまして!! 「作中に銃を登場させたい!」「理解したい!」 「ガンアクションを書きたい!」「読みたい!」 「銃を登場させるには知識不足なんじゃ……?」 「下手に銃を登場させて、失敗したくないお……」  といった読者様、物書き様向けに、僭越ながら私が何か、教える事ができたらな~、と思ったので、ちょろちょろと書き(つづ)っていきたいと思います。 、まず最初に、本エッセイの目的。 「 読者が、銃について【だいたい】理解する事 」  銃の歴史は長く、またネットには誤りの情報、偏見(へんけん)の入り混じった情報がたくさんあります。好きな人または経験している人でないと、わかりにくいと思うのです。  そこで私がキタ\(^o^)/ ???『ここの銃の描写、おかしいですよ』  (#`Д´)ノノ┻┻;:'、・゙ 「うるせえ! 俺のファンタジーじゃあり得るんだよ!」  私も同じ考えですが、敵は来ない方が無難なので、一緒にお勉強しましょう! 、「お主は(たそ)?」  ミハイル純は、元JK (自衛官)で『銃』と『光測器材(スコープ、測量具、眼鏡など)』の整備をしてました(>ω<)  今は民間で働いていますが、入隊以前からハマってたサバゲーも歴10年ぐらいだったりと、まあ何かとそういう人生を歩んできた、ただのガンマニアです。    というわけで、そうして得た知識や経験を、皆さまへ向け、良いアウトプットをしていきたいなと思います(注、どんな事書いていくの?  まずは【 銃の基本 】を、サラっとまとめていきたいと思います。  最低限の事さえ抑えてしまえば、意外と似たりよったりなのです。  本エッセイの特徴は、ネットで得られる知識を混ぜつつ、【実体験】をもとに書く事。  だから物書き様が欲しいであろう情報。例えば、射撃するときの、感の情報だったり、撃つ人、扱う人の心情などは経験しないとわかりませんが、作中に描写したいですよね? だから、そういう参考になるような話を書いていきたいです。 、最期に  とにかく、私が書けなくとも人様が書く、銃のある面白い作品を読みたい。  その為に、楽しく、わかりやすく書き綴ってきたいと思います( *´艸`)  どうぞ、よろしくお願いします('◇')ゞ

(注1) 防衛機密に関わる事、書けない内容がある事を、予めご了承下さいませ。  →とはいっても銃を【だいたい】理解するなら、ネットで十分な量の情報が出てきます。だから問題はないです(どっちやねん)

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 強い信念と、秘めた熱血で成り上がる物語。

    ♡156,700

    〇180

    現代/その他ファンタジー・連載中・71話 かみや

    2020年7月15日更新

    毎日一話~二話更新中! 現実←→異世界を行き来するファンタジーです! 異世界が身近な存在となって久しい。 高校生になると同時に与えられる携帯端末『ギア』のスイッチをONにすることで、その日見る夢の代わりに異世界で一日を過ごせる時代になった。 主人公であるひねくれ陰キャの藤間透(ふじまとおる)は召喚魔法に対する適性を得るユニークスキルを得るが、肝心の召喚モンスターがいない。 やむなく採取で生計をたてるなか、クラスのパリピ軍団に接触し、また自分と同じように冷遇されている女子と遭遇し──。 成り上がりファンタジーものですが、主人公の成長をじっくりと書きたいので、しばらくは採取ばかりです。……が、手前味噌ではありますが、決して序盤も地味ではありません(と思いたい!)。ヒロイン達とのボケツッコミや、少しずつ認められてゆく藤間くんをいっしょに応援していただけるとうれしいです。 RPG要素強め、ラブコメ要素多め、そしてうだうだした陰キャ主人公の成長がテーマの欲張りな作品になってます! (※) 頑張る藤間くんの素敵な表紙は、 ひろまごさん(TwitterID:@hiro_mago)が描いてくれましたっ! 本当にありがとうございます(*´ω`*) (※) 本作はアルファポリスさまでも公開しております。 無断転載はかたくお断り致します。

  • 一人?違うな、俺達が妖魔師だ。

    ♡14,700

    〇200

    現代/その他ファンタジー・連載中・18話 ぷりん頭

    2020年7月15日更新

    月の光が届かぬ闇の中、瘴気とともに現れる【怪魔】たち。 人や動物にも似つかない怪魔の魔の手が忍び寄る静かな世界。 そんな世界に彼らは現れる。 半面から覗くその鋭い目で、一体何を見るのか。 それは何者かと問われれば、彼らは自らをこう答える……我々は【妖魔師】であると。 風の町、春海の高校に通う東城寺の一人息子、東城 秋は普段の遅刻魔とは別の顔がある。 夜な夜な現れる怪魔を相棒の白狐の大妖魔 白蓮とともに戦う妖魔師だった。 そんな彼らを愛おしそうに瘴気の世界から見守る赤い瞳と、黒い狐を肩に乗せ、悲しそうに見つめる水色の瞳。 クラスメイトの峯川 瑠奈も薄々と感じる異変に徐々に飲み込まれていく。 戦う使命と確かな想いが、春海の風のように吹き荒れる。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る