ミステリー 長編 連載中

PORT80 ゴルゴーン姉妹の憂鬱

作者からの一言コメント

3人の少女の友情と挫折そして再生

男の妄想が生み出したAIウィルスが少女たちを翻弄する。 愛する人を失ってもなお強く生きる少女。 「約束するの私たちはひとつ、此れから先一人が消える時、全てが消える」 彼女たちはコンピュータウィルスを消滅させる事が出来るのか。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 PORT80 ゴルゴーン姉妹の憂鬱
作者名 赤兎
ジャンル ミステリー
タグ 少女 解離性人格障害 多重人格 AI ウィルス 友情 洗脳 ロボトミー
セルフレイティング 暴力描写あり
初掲載日 2020年1月29日 12時43分
最終投稿日 2020年1月29日 12時50分
完結日 -
文字数 27,114文字
ブックマーク登録 0件
コメント 0件
スタンプ 0件
ビビッと 0件
応援ポイント 0pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 12月の特集 『満足度』を分析する

    ♡18,600

    〇0

    エッセイ/評論/コラム・連載中・11話・35,077字 板皮類

    2020年12月2日更新

    ここは、2018年にゲーム制作業を引退した、私こと板皮類がプレゼンツ。 14年間にわたって企画&シナリオライターとして活動し、身に着けてきた雑学を、幾つかご紹介していきたいと思います。 取り上げるジャンルに垣根は設けませんが、企画屋もやっていた筆者の性質上、『大勢に自分の作品を読んでもらう・支持される』ための、ちょいテク・心理学・発想法に比重がよるかもしれません。 ■ 2020年12月前半のお品書き ■ 1. マルタ包囲戦と火縄銃 2. アメリカンピザとゲームの歴史 3. なぜ映画館でポップコーンが売られるのか 4. 『敗軍の将は兵を語らず』の真実 ■12月の特集 (全2回)■ ユーザー満足度を決める4つの法則 ※ この作品は、2019年よりカクヨムに投稿している、『【シュレディンガーの猫よりも】クリエイターならば知っておきたい雑学』のバックナンバーを、再編集してお送りします。 ※ 2020年度中は、毎週・月・水・金曜日に更新します。お楽しみに!

  • 舞台は日本でもNo和風バトルファンタジー

    ♡4,600

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・13話・35,618字 戸﨑享

    2020年12月2日更新

    『彼女は恋をして、その恋のために命をかけてでも戦う』 万能粒子テイル。おとぎ話の名を冠するそれは、己の頭に浮かべる想像を現実で形とする機能をもつ万能粒子。人体の中で生成されているにも関わらず、これまで誰にも知覚されていなかった未知のエネルギー粒子だった。 万能粒子は人々の明日を拓く力となる。そう信じて、発見者はその粒子の存在を公表した。その馬鹿は分からなかったのだ。『想像を現実へと変える』力とは、世界を滅ぼし打る力そのもの、ファンタジーの世界にありがちな魔力よりも、たちが悪いものだと。 テイルの発見の後、100年続く暗黒時代の直前。その様子を語った最後の記録がある。 『この世界に神が生まれてしまった……。人間が太刀打ちできる存在じゃない! きっと、この国は神の支配する魔境になる』 ある島国は『倭』と呼び名を変え、予言通り、八百万の〈人〉が存在する魔境となった。 倭を分割して統べるのは2人の善神の末裔、2人の中立神の末裔、そして8人の邪神の末裔の12柱。彼らは人の形で生み出された現代の神〈現神人《あらがみびと》〉であり、通称〈人〉と呼ばれる存在。 善悪は人間側から見て判断されたものだ。彼らは配下の〈人〉と共に人間を支配下に置き、己の治世で倭を統一するために、相容れぬ他の神との戦いを続けている。 12の神の末裔たる〈人〉は、未だ他の神を殺すに至らず、天下統一を成し遂げてはいない。しかし、その均衡と安定は13番目に誕生する悪なる女神と、彼女と戦う紅色の英雄を中心に破られることになる。 『紅色に染まった蝶』――それは特異点たる少女の選択が歴史を動かす瞬間―― 〈人〉の管理する孤島で生まれ育った人間の少女、明奈。彼女もまた〈人〉のために尽くす存在となるはずだったが、明奈を臣下に迎えたのは〈人〉ではなく人間の少年2人だった。 彼らに特別な感情を抱き生きる意味を見つけた明奈は、主である少年の敵となった〈人〉、そして悪たる〈影〉との戦いへとその身を投じていくことになる。 彼女は知らない。己の恋がいかに重いものだったかを。そのために戦うと誓った彼女の決意と選択が『倭』の未来を変えることになると。 ※小説家になろう カクヨム ノベリズム アルファポリスでも掲載中 ※作者Twitterで活動情報等のお知らせをしてます→@TT_againsthuman

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 影とそれを内包する闇の不思議な物語

    ♡400

    〇0

    ミステリー・連載中・20話・38,887字 希藤俊

    2020年12月3日更新

    暗く深い闇の中で ざわめき蠢くもの それは名も無き無数の影 闇と影に名など無い 無限の時空間の中で 善と悪を 魂と肉体を 生と死を 輪廻さえも内包し闇は漂う 影とそれを包合する闇 永久に織り成す重く不思議な物語 ※なろう、アルファポリス、カクヨム、ノベルバに同時投稿

  • 模造人体展覧会、それは狂気の宴。

    ♡5,800

    〇0

    ミステリー・連載中・13話・30,728字 氷口雪

    2020年12月3日更新

    東京都八ツ森市で起きた連続少女誘拐監禁事件。通称生贄ゲーム事件と呼ばれる事件から七年が経っていた。 それは唐突に始まり、理不尽で無慈悲だった。切断魔による連続通り魔事件。 この事件の特殊な点は二つある。 一つ、被害者の体の一部が犯人により持ち去られる事。ある者は斬り落とされ、削がれ、刳り抜かれ、命すらも奪われた。 二つ、その被害者は市内の小学校、そのクラスメイトを狙ったものであった。それもターゲットは全員。 犯人の切断魔には容疑者が居る。捜査線上に同じ様な手口で世間を震撼させた傀儡師と呼ばれる殺人鬼だ。彼とも彼女とも分からないその仮面の者は未だに捕まってはいなかった。 バラバラ人形殺人事件とも呼ばれた三年前の事件は被害者から持ち去った身体の一部を何故か精巧に模造した物を作製し、その展覧会に敢えて被害者達を招くのだ。 悪趣味極まりない未解決事件の再来として世間は再び恐怖に包まれる。 三年前の傀儡師による過去と現在が交錯し、悲劇は再び紡がれていくのか。 前作、幼馴染と隠しナイフより七年後の世界、彼等の街で再び事件が起こる。 それは呪い、愛は鎖となりて鬼は産まれる。