エッセイ/評論/コラム 短編 完結済

目の前にコンビニのパンがある

作者からの一言コメント

深夜、その誘惑に勝てるか……?

疲れた体。 滾る創作意欲。 迫る就寝時間。 そんな葛藤の最中、私は見つけてしまった。 その誘惑を知ってはいけない。 ※「禁断の夜食コン」エントリー作品です。  よろしくお願いいたします。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 目の前にコンビニのパンがある
作者名 ハゲフラフープ
ジャンル エッセイ/評論/コラム
タグ コメディ ノベプラオンリー 日常 コンビニ 新商品 パン 甘塩っぱい 深夜 食べてはいけない24 だが断る 明日の朝ごはん 空腹 禁断の夜食コン
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年10月24日 0時07分
最終投稿日 2020年10月24日 0時08分
完結日 2020年10月24日 0時08分
文字数 4,419文字
ブックマーク登録 1件
コメント 2件
スタンプ 6件
ビビッと 2件
応援ポイント 3,100pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ーー全ては、過去の贖罪のために。

    ♡29,481

    〇30

    異世界ファンタジー・連載中・57話・155,437字 伊南

    2021年3月4日更新

    アカデミーの生徒であるレヴィスは卒業試験をクリアするため、別クラスのフロートとペアを組んで旅を始める。 彼女と旅を進めるうち、彼は他者との繋がりを感じ、少しずつ自らの考えを変えていくーー。 *以前某小説投稿サイトに載せていた作品になります *ちまちま加筆修正は行いますが、基本的な大筋は同じとなります *毎日11:00更新 *基本全年齢向けを意識しておりますが、途中で若干性的表現をにおわせる描写があるため、念のためR15のタグ付けをつけております

  • 異世界転生した天才チートな主人公のお話

    ♡1,072,800

    〇15,580

    異世界ファンタジー・連載中・188話・871,486字 普門院 ひかる

    2021年3月4日更新

    天才物理学者である普門院亮は、中世ヨーロッパに似た魔獣や魔法が存在するファンタジーな世界へと転生してしまった。 亮はバーデン=バーデン辺境伯の次男フリードリヒとして、懸命に学び、武技や魔法の修練を積んで冒険者としての活動を始める。 パーティーメンバーも次々と集まるが人外娘やら個性的な娘ばかり。クエストをこなすうち、更に人外も含む女性が集まってきて慕われるのだった。 やがてフリードリヒはシュバーベン学園に入学し、前世の妻の転生者であるヴィオランテと衝撃的な出会いをはたす。が彼女は高貴な家柄の姫だった。 ヴィオランテとの結婚をめざし、フリードリヒは早期に昇進を果たすため、軍人の道を選び、軍事学校を卒業するとシュバーベン公国の近衛騎士団への入隊をはたし、第6騎士団長に就任する。 そして、ホーエンシュタウフェン朝の復活や対デンマーク戦争で大活躍し、その軍功を認められホルシュタイン伯へと昇進するとともに、皇帝の命により元ホルシュタイン伯の娘と結婚する。 その後、モゼル公国が地方領主連合国軍に攻め込まれ、これを救出するが、モゼル公はなんとヘルミーネの父だった。フリードリヒは、ヘルミーネと結婚しモゼル公爵の地位を継ぐこととなった。 モゼル公となったフリードリヒは、ロートリンゲンの平定に奔走し、その実効支配に及ぶ。これを踏まえ、皇帝はフリードリヒにロートリンゲン大公位を与えるとともに懸案であったヴィオランテとの結婚を認めるのであった。 引き続きフリードリヒは自由経済圏の拡大などの政策に取り組んでいく (2021/1/14、1/22、1/27、2/18 部門別日間ランキング1位)

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • プロットってなんぞやという自分とあなたに

    ♡100

    〇0

    エッセイ/評論/コラム・連載中・1話・1,081字 ののあ

    2021年3月4日更新

    小説なんかを書く時に出てくる『プロット』って何!? 助けてドラ●もん!!! そんなあなたに、あるいは立ち戻りたい筆者に向けてお贈りするこのエッセイ★ プロットがどんなものか知りたい、どうやって書くの? そもそも必要なの? な第一歩目を踏み出そうとしてる方。 他の人のプロットが見てみたい、参考にしたいという二歩目以上に興味がある方、 他にもなんかあるかもしれないけど、とりあえず興味があるとかでもOK! どうぞご覧あれ。 ※なお、読めばわかりますが本内容が絶対的に正しいわけではないのでご注意です。

  • にっきです。

    ♡3,550

    〇0

    エッセイ/評論/コラム・連載中・39話・65,212字 Planet_Rana

    2021年3月4日更新

    よみづらいえっせい。 よませるつもりでかいていません。 こじんとくていをさけるためにきょげんいりまじります。 げんじつにおこったことと、それにたいするわたしのしょっかんをつづるだけのおもしろくないひとりがたりです。 それでもよければ。 だれかのひまつぶしになるのならさいわいです。 つまるところこのばしょは、わたしのこころをはきだす、わたしのびょうしゃりょくのくんれんじょうなのです。