ラセリアさんは屈しない! 〜絶対に屈しない女騎士の日常〜

読了目安時間:1分以内

エピソード:35 / 160

33話 喉の渇きなんかに屈しない!

「わ、私は喉の渇きなんかに屈しない! 女騎士のほこ、ケホケホ」  咳をしながらそう叫ぶラセリアは、海で変わらずシフのスマホを捜索していた。 「本部長かシフ、水は持っていないか?」  かれこれ数時間水を飲んでいない。喉が乾くのも当然だろう。このまま水を飲まずに熱中症になるのは許されない。女騎士の誇りがあるのだ。 「水はないっスけど、浄水器ならあるっスよ」 「有難う!」  ()()タイプの浄水器を強引に受け取る。あろうことか、ラセリアはそれを使って海水を…… 『「しょっっっっっっぱ!!!!!」』

※今回使用した浄水器は簡易タイプ。海水を濾過することはできません。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • コウテイペンギンさん

    かいんでる

    ♡100pt 〇1pt 2022年9月30日 18時52分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    NICE

    かいんでる

    2022年9月30日 18時52分

    コウテイペンギンさん
  • ハーピー

    しがない文芸部鳥

    2022年9月30日 19時36分

    ノベラpt・応援いつも有難う御座います! 海水って異常にしょっぱいですからね。私の口に一滴入った時は「塩より辛くない……?」と思いました。死海とか、一瞬で口内の水分吸い尽くされるのでしょうね……

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    しがない文芸部鳥

    2022年9月30日 19時36分

    ハーピー
  • ミミズクさん

    羽山一明

    ♡1,000pt 2022年10月13日 1時33分

    喉の渇きには屈しないけど、熱中症になるのも許されない。なんとも制約の多いお方で……。少し前に災害用浄水器を買ったのですが、こちらでも海水はダメっぽいです。怪しそうなクラファンでポータブル的なのがありましたが、飲用としてはどうなのか……?

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    羽山一明

    2022年10月13日 1時33分

    ミミズクさん
  • ハーピー

    しがない文芸部鳥

    2022年10月13日 7時34分

    金コメ有り難う御座います! もう手遅れな気がしますが、プライド(誇り)を守るためには……災害用浄水器でもダメなのですね!? 多分、でっかい機械じゃないと無理っぽいようですね。ポータブル……泥水を一瞬で濾過して飲めるやつは聞いたことあります。濾過しても臭いらしいですが……

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    しがない文芸部鳥

    2022年10月13日 7時34分

    ハーピー
  • ひよこ剣士

    黒月天星

    ♡500pt 2022年11月11日 12時09分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ホラー「ありえない!」

    黒月天星

    2022年11月11日 12時09分

    ひよこ剣士
  • ハーピー

    しがない文芸部鳥

    2022年11月11日 15時59分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    いつも応援してくれてありがとう!!

    しがない文芸部鳥

    2022年11月11日 15時59分

    ハーピー
  • チンチラちゃん

    ハゲフラフープ

    ♡500pt 2022年8月2日 0時56分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    さすがですね

    ハゲフラフープ

    2022年8月2日 0時56分

    チンチラちゃん
  • ハーピー

    しがない文芸部鳥

    2022年8月2日 7時04分

    有難うございます! 高ポイントありがたいです! 最近、話から誇りが抜けてきていることがあります。誇りが抜けたらただの馬鹿になってしまう……いつになってもポンコツっぷりは健在のようで、誇りは抜けようとこっちは抜けないみたいです。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    しがない文芸部鳥

    2022年8月2日 7時04分

    ハーピー
  • 黒子

    尾に東風

    ♡300pt 2022年12月1日 21時21分

    海水では余計喉が渇く羽目になりますね; 濾過して飲み水を得るの、たのしそうなので一度体験してみたいです(*´ω`*)

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    尾に東風

    2022年12月1日 21時21分

    黒子
  • ハーピー

    しがない文芸部鳥

    2022年12月2日 21時58分

    海水の塩分濃度すごいですからね……! 濾過して飲み水を得るのは時間も手間もかかりますけど、やってみたいのわかります。浄水器では海水が濾過できるとかできないとか、調べてみてもよくわかりませんでした。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    しがない文芸部鳥

    2022年12月2日 21時58分

    ハーピー

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 隣の席の四月一日くんはどうやら異世界で勇者パーティーにいたらしい

    魔王とか勇者とか、そういうのはいません

    20,011

    15


    2022年12月8日更新

    「出席番号36番。四月一日です。所属は家庭部。趣味は筋トレ。前にいた世界では、魔王討伐のために勇者たちと旅をしていました。できればこちらの世界でも悪を滅ぼしたいと思っています。よろしくお願いします」 ここは魔法あふれるファンタジーの世界。ではなく科学あふれるただの日本だ。魔王とか勇者とかいない。しかしおかしな自己紹介をぶちかました彼はふざけるでもなく、ただただ真面目に、まっすぐと前だけを見つめていた。いやどこ見てるんだよ。 これは、そんな四月一日くんと過ごす高校生活。最後の一年のお話である。 (この作品は「小説家になろう」「カクヨム」にも掲載しています)

    読了目安時間:4時間35分

    この作品を読む

  • 僕のおくさん

    【10,000pv感謝】変なおくさん。

    391,050

    947


    2022年12月8日更新

    変なんだけど、もしかしたらそんな変でもないかも知れない、でもやっぱりちょっと変なおくさん。そんなおくさんと僕の日々や思い出をチ◯ルチョコサイズでお届けするお話。

    読了目安時間:1時間56分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 輝鑑

    無事、凡そ二年半に亘る作品に完結を捺す。

    1,121,707

    10,335


    2022年12月8日更新

    輝鑑読みの講談師、語るに曰く。 時は神武天皇即位紀元に直して2142年。但馬に稀代の英傑が生まれようとしていた。 男の名は、垣屋続成。彼はのちに大陸の皇帝にまで上り詰める伝説の大英雄であった。 だが、その続成とて当初から英傑であったわけではない。彼もまた、幼少から無敵の軍神というわけではなかった。 だがそれでも、彼は最強と言いうる名将であった。 今宵は、彼の前半生を彩る一級史料を紐解いてみたいと思う。 その、書の名は「輝鑑」。自叙伝に近い体裁を取ったその書は、公的記録であると同時に、一級史料に相応しいだけの確たる反証を受け止められる名著である。何せ、ツッコミどころが物語という体裁を取ったことと続成特有の方言は多少なりとも誇張されているのではないかというところだけであったというのだから、推して知るべしである。 そしてこの輝鑑に乗せられた垣屋続成の前半生は、おおよそ現在の我々からは知る術のない、波乱に満ちたものであった。齢八十を超え、畳の上で死したとは到底思えない、危難の連続であった。 それでは皆様、お立ち会い。初代富良東皇帝にして、かの伝説の聖君の一生を語ろうぞ!

    読了目安時間:29時間53分

    この作品を読む

  • 868回敬遠された月出里逢

    無名の少女が史上最強となるプロ野球もの

    12,950

    1


    2022年12月8日更新

    現実より多くの人々が野球に熱狂し、男女問わずプロの舞台にさえ飛び込む別の現代。 無名選手の月出里逢(すだちあい)は高校3年の秋、野球への未練を完全に断ち切る為、分不相応だと自覚していながら敢えてプロ志望届を提出し、その年のドラフト会議の日を迎えた。テレビの前で同年代や大学・社会人の有名選手が次々と指名されていくのを溜息交りに眺めていたが、六巡目で逢はまさかの指名を受ける。 逢を指名したのは、日本球界12球団で"最弱"と名高い天王寺三条(てんのうじさんじょう)バニーズ。そして逢の指名を促したのは、かつての高校球界のスター投手で、現在は女子大生でありながらバニーズのオーナーも務める三条菫子(さんじょうすみれこ)。1学年違いの逢と菫子はお互いたった一度だけ練習試合で対戦したことがあった。 体格に恵まれず、実績的にも本来なら指名に値しない逢だったが、実は人間離れした身体能力を持ち、そして、その身体能力さえも霞む程の類い稀な才能を秘めていた。菫子は逢の破格の潜在能力を見抜き、球団再建に加え、ある別の目的の為に逢を引き寄せたのである。 これは、実力も精神もまだまだ未完の大器である月出里逢が、幾多の困難を乗り越え、やがてとある怪物投手と共に"史上最強"と謳われるまでの英雄譚。そしてそんな彼女と共に困難を乗り越える者達と、彼女に挑む者達の群像劇。 (1~3日に1回くらい?のペースで1回2000文字前後くらいを予定) (更新はAM12:00かPM18:00くらいになることが多いです) twitter:https://twitter.com/best_yayoilover 表紙絵や挿絵、設定画など:https://www.pixiv.net/users/57502957

    読了目安時間:7時間21分

    この作品を読む