ラセリアさんは屈しない! 〜絶対に屈しない女騎士の日常〜

読了目安時間:1分

エピソード:18 / 160

16話 Gなんかに屈しない!

「わ、私はGなんかに屈しない! 女騎士の誇りにかけて!」  そう叫ぶラセリアは、ガッチガチに固くなるよう丸めた新聞紙を持ち、辺りを見回していた。  カサカサ。 「くっ、そこか!」  と新聞紙を振り下ろすも、Gは避け、床に傷が付く。  だが、慌てない。もう既に、床はズタボロ。傷の一つや二つ、増えたとて変わらない。  他人の家であると言う事実が、まるでサウナの中にいるように汗を流させてくるが、女騎士の誇りにかけてGを逃すことはできない。  そんなことを考えている間に、Gは冷蔵庫の隙間へと潜った。 「いいのか、そこは袋小路だぞ!」  冷蔵庫の隙間を覗き込むと…… 『カサカサカサカサカサカサカサカサササササカサカサカサカサカサカサカサカサササササカサカサカサカサカサカサカサカサササササカサカサカサカサカサカサカサカサササササカサカサカサカサカサカサカサカサササササカサカサカサカサカサカサカサカサササササカサカサカサカサカサカサカサカサササササカサカサカサカサカサカサカサカサササササカサカサカサカサカサカサカサカサササササカサカサカサカサカサカサカサカサササササカサカサカサカサカサカサカサカサササササカサカサカサカサカサカサカサカサササササカサカサカサカサカサカサカサカサササササ』

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 隣の席の四月一日くんはどうやら異世界で勇者パーティーにいたらしい

    魔王とか勇者とか、そういうのはいません

    20,011

    15


    2022年12月8日更新

    「出席番号36番。四月一日です。所属は家庭部。趣味は筋トレ。前にいた世界では、魔王討伐のために勇者たちと旅をしていました。できればこちらの世界でも悪を滅ぼしたいと思っています。よろしくお願いします」 ここは魔法あふれるファンタジーの世界。ではなく科学あふれるただの日本だ。魔王とか勇者とかいない。しかしおかしな自己紹介をぶちかました彼はふざけるでもなく、ただただ真面目に、まっすぐと前だけを見つめていた。いやどこ見てるんだよ。 これは、そんな四月一日くんと過ごす高校生活。最後の一年のお話である。 (この作品は「小説家になろう」「カクヨム」にも掲載しています)

    読了目安時間:4時間35分

    この作品を読む

  • 僕のおくさん

    【10,000pv感謝】変なおくさん。

    391,050

    947


    2022年12月8日更新

    変なんだけど、もしかしたらそんな変でもないかも知れない、でもやっぱりちょっと変なおくさん。そんなおくさんと僕の日々や思い出をチ◯ルチョコサイズでお届けするお話。

    読了目安時間:1時間56分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 新・播州公書記 地方版(私家秘蔵)

    別口で練っていましたが間に合わないので。

    12,900

    3


    2022年12月8日更新

    「権少将様、この度は中国統一まことにおめでとう御座います」 居並ぶ群臣がひれ伏し、目の前の若武者に祝辞を述べる。だが、その若武者は妙な顔をしていた。 「中国統一がめでたい、か」 中国と言っても、大陸のことではない。山陰と山陽を合わせて中国地方と称するが、あの中国である。とはいえ、彼のような若武者が大内、尼子、毛利を滅ぼして山陽山陰を束ねたこと自体、非常に彼が優秀な采配能力を持つ武人であることを意味するものである。 「ははっ、権少将様の采配たるや、毘沙門天でも同じことができるかどうか……」 祝辞の続きを述べようとする群臣。それを制し、彼はまたしても突拍子も無いことを言い出し始める。 「……では、天下統一はもっとめでたいな?」 「は、はっ!?」 「……違うのか?」 眼前の若武者が天下統一を目指したのは、元号も天文に定まってまだ間もない頃の話である……。 私家版所有者より注意書き 本編は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありませんし、そもそも本書を読んでそういった行為にいそしむ人は居ないことを想定して公開致します。恐々謹言

    読了目安時間:13分

    この作品を読む

  • 龍を討つもの、龍となるもの

    第二部完。終章に入ります。

    661,111

    7,187


    2022年12月3日更新

    主人公は仇である龍を討つために西の果てからやって来るもどうしたことか仇である龍と一体化する女を護衛する役目に就かされてしまう。 二人の交流が始まり使命のため拒絶し憎悪するものの男の心は女の心によって歪み変化しそして……だがそうなることを望まないもう一人のヒロインの暗躍によって物語はめんどくさいものとなる異世界恋愛劇。 表紙の支援絵は「かくうのツン@XDDDkyjV6」様からです。主人公とヒロインの1枚、ありがとうございました。

    読了目安時間:23時間48分

    この作品を読む