連載中 長編

奴隷王子と暁の魔女

作者からの一言コメント

この世の総ての、不幸詐欺師達に贈る

世界は崩壊した。 敗北した文明は踏みにじられ、蹂躙され、「ヒト」は絶滅寸前に追い込まれていた。 希少な生き物として、魔族による人間狩りが横行していた。 抵抗する人間達の「聖なる力」をものともせず、彼らを虐殺する存在が魔族に飼われていた。 その姿は、人間達の希望である「天使シュルディア」そのものだった。 大魔女ユルドスルドは、弟子の村が焼き討ちに遭ったことで魔族と戦うことを決める。 彼女は魔族が飼っている天使の力を手に入れようと画策するのだった。 ――不定期更新です。コメントなどいただければ励みになります。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 奴隷王子と暁の魔女
作者名 天寧霧佳
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ シリアス ダーク アクション/バトル 最強主人公 人外 西洋風 異能 チート R15 ノベプラオンリー
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2019年9月25日 21時24分
最終投稿日 2019年12月5日 23時40分
文字数 41,207文字
ブックマーク登録 9件
コメント/スタンプ 20件
応援ポイント 6,800pt
ノベラポイント 5pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • タイトルに偽りあり

    ♡236,850

    〇700

    恋愛/ラブコメ・連載中・53話 神田暁一郎

    2020年6月6日更新

    コンビニエンスストアで店長を務めるアラサー男子の堂本広巳。 仕事熱心で従業員からの信頼も厚い広巳だったが、彼には人に言えない秘密があった。 その秘密とは——女子高生のコスプレをした女の子とイチャコラできる風俗遊び、JKリフレの常連客だということ! アラサー男子とニセモノJKが織り成す、ラブコメの皮を被ったヒューマンドラマ作品でございます! 甘くもあり、辛くもある、そんな「甘辛ラブコメ」とも呼ぶべきジャンルを目指して書き上げました! 甘々な作品に砂を吐かされすぎて、すっかり口の中ジャリジャリになっておられる方々、口をゆすぐつもりで一読いかがでしょう? 完結するまで毎朝9時更新、ぜひ最後までお付き合いくださいませ! ※本作はカクヨムで連載していた「かげひなたになる」という作品を改題・加筆修正したものです。

  • 超能力×学園×バトル!!

    ♡11,500

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・15話 眠すぎ太郎

    2020年6月6日更新

    超能力は、実在した。 突如としてぼくに目覚めた不思議なチカラ――サイキックは、離れたところにあるものを動かすことができる能力だった。 超能力者はサイキックを扱う者、サイキッカーだけではない。 透視・予知のクリアボヤンサー、瞬間移動のテレポーターなど、様々なチカラと個性が、学院ではひしめいている。 サイキッカーとして、ぼくはそこで着実にチカラを高めていく。 楽しい生活だと、充実した毎日だと思っていた。 だがその矢先、クリアボヤンサーたちがあることを予知した。 それはぼくのいた世界が、一年後に滅ぶということーー。 週1〜2回更新!!

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ゆっくり死んでいる

    ♡466,672

    〇1,780

    異世界ファンタジー・連載中・41話 新鮮な煎茶

    2020年6月7日更新

    それなりの人生を歩み、それなりの社会生活を送る。しかし、何かが足りない。 そんな人生を、誰かがこう呼んだ。 「ゆっくり死んでいる」 ここに、一人の派遣社員の男がいた。 男もまた、自分の人生にやりきれなさを感じていた。 ある日、謎のメールを開いてしまったことにより、突然見知らぬ世界に飛ばされてしまう。 そこは、人間のようで人間ではない、獣のようなヒトが住む世界。 そして彼らは、人間より強い野生の力を持っていた。 男は必死に新しい世界に順応しようと努める。そして小さな村で質素ながらも安定した日々を送れるようになり、新しい生活に充足感を感じていた。 しかし、そんな日々は突然現れた盗賊によって壊されてしまうことになる。 そして、男は知る。 この世界には他にも「人間」がいることを。 この世界の運命が、自分たち「人間」に託されていることを。

  • 魔法少女は鋼を打ち、振るう。

    ♡96,750

    〇10

    異世界ファンタジー・連載中・157話 ミュート

    2020年6月7日更新

    私はクアンタ。魔法少女だ。 ……終わりか、だと? 自己紹介をこれ以上続けろと言われても話す事は無い。 そうだな……私は太陽系第三惑星地球の日本秋音市に居た筈が、異世界ともいうべき別の場所に飛ばされていた。 そこでリンナという少女の打つ刀に見惚れ、彼女の弟子としてこの世界で暮らす事となるのだが、色々と諸問題に巻き込まれる事になっていく。 皇族の後継問題とか、突如現れる謎の魔物と戦う為の皇国軍へ加入しろとスカウトされたり…… 色々あるが、私はただ、刀を打つ為にやらねばならぬ事に従事するだけだ。 詳しくは、読めばわかる事だろう。――では。 イラスト:わっちめん。様(Twitter:@asunyamn) ※この作品は「小説家になろう!」様、「アルファポリス」様でも同様の内容で公開していきます。 ※コメント、スタンプ、ポイントは全て大歓迎です。何時もありがとうございます!