連載中 設定・プロット

妖術師たちの晩餐会

作者からの一言コメント

そのままです

妖術師たちが、日本呪術協会に入り、そこで蒼い月の夜というロボット達が村を襲う事件をなんとかすることになった これはロボットと×妖怪達の物語

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 妖術師たちの晩餐会
作者名 伝説の大曲現品限り
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ コメディ TS ノベプラオンリー
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2020年8月1日 23時55分
最終投稿日 2020年8月2日 11時12分
文字数 1,166文字
ブックマーク登録 2件
コメント/スタンプ 5件
応援ポイント 700pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    ♡280,750

    〇2,184

    SF・連載中・60話 新星

    2020年8月9日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

  • あの夏コン参加作品です。

    ♡5,600

    〇0

    現代/青春ドラマ・完結済・1話 咲蘭

    2020年8月12日更新

    「花火は魔法の光なのよ」 花火を見るとあの夜を思い出す。 それは──僕の小学校最後の夏休みの出来事。 僕が恋した女の子は、隣家の不思議ちゃんだった! 蝉時雨の中で、今夜八幡祭りの花火があがる。 そんな──夏の日の物語。 ※あの夏コン参加作品。

    タグ:

    あの夏コン

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • お読みいただけたら嬉しいです。

    ♡8,500

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・30話 二重人格

    2020年8月13日更新

    かつて神具を使い、魔族の大半を封印した三人の若者達。 彼等は、それぞれ違う大陸に移り住み、国を造り上げ、王となった。 人々は三人の勇気ある国王を称え、三勇王と呼ぶようになった。 それから数十年後──。 王達の対立により戦争が始まる。 平和は脆くも崩れ去る。 地上に残っていた魔族は、それを待っていたかのように、動きを見せ始めた。 大地は枯れ……沢山の人間と魔族が死んでいく。 神は嘆き悲しみ、最後の手段として、神の使いリースに聖剣を授け遣わせた。 そんな状況下の中、王の意志に背き、反乱を企てている男がいた。 彼とリースとの出会いが、一つの国を大きく揺るがし、 それに導かれるかのように、4人の神具使いが、リースのもとへと集結する。 それぞれが抱える悩みを解決し、絆を深めていくリース。 はたして彼女は仲間とともに、平和を齎《もたら》すことが出来るのか。

  • これは、少女が夢を捨て死を望む迄の物語。

    ♡11,600

    〇50

    現代/その他ファンタジー・連載中・10話 n00ne

    2020年8月13日更新

    『不死色の魔女』、氷空町(そらまち)慕(しのぶ)。 彼女は、『壊理(アンチロジカル)』が起こった狂乱の世界で、有り得ない程の力と有り得ない様な意志を持って、生き長らえていた。 彼女は、如何にして狂乱の世界を生き延びたのか。 彼女は、如何にして狂気な意志を持つようになったのか。 これは、零(ゼロ)から負(マイナス)に至る前日譚。 ※この物語には、かなりキツめの残酷描写があります。耐えられる方のみお読み下さい。怖いもの見たさでいらっしゃるのは大歓迎です! ※この物語は、『死なずの魔女の恋愛譚(ファンタズム)』の前日譚に当たる物語です。設定は大きくこの物語を踏襲しています。この話からでも読めますが、『恋愛譚』から読み始めることを作者としては推奨します。