歴史/時代 短編 完結済

本当はこうだった? ハイチとドミニカ ~どうしてここまで差がついた!?~

LED

作者からの一言コメント

まるで独裁者のバーゲンセールだな……!

読了目安時間:17分

 俺は歴史好きの高校生、下田(しもだ)一郎(いちろう)! 「中国が尖閣諸島を狙ってる! 日本の水資源も奪ってるし、ホントひでえよな!  あっちの大陸じゃ環境汚染も進んでるし、やりたい放題だなあの国は!」  ……なーんて話をクールな幼馴染・莉央(りお)ちゃんとしていたのに、今回のタイムスリップ先は中国ではなかった。 「えーと……ここどこ?」 「イスパニョーラ島です。中南米はカリブ海――現在ではハイチとドミニカと呼ばれる国ですね」  一体なんだってまた、中南米の島なんかに!? 「多分、環境汚染がどうとか話していたせいじゃないですか?  西のハイチはとっても貧しい国で、クソ野郎の独裁者に支配されていました。逆に東のドミニカは経済発展しましたね」 「へー。そうなんか……じゃあドミニカはきっと、民主的で自由な経済を推し進めていったんだな?」 「……いいえ。ドミニカの支配者も、まごうことなきクソ野郎の独裁者でした」 「マジでどういう事だってばよ!?」  意味が分からねえ。同じクソ野郎の独裁者が支配してたのに、どうしてここまで差がついちまったんだ!?  いまいちマイナー感のあるドミニカ共和国だが、その歴史を知れば環境問題の何たるかが理解できる、とは莉央ちゃん談。果たして……?  短編シリーズ「莉央ちゃんとタイムスリップ!」第七弾。 ※参考文献:「文明崩壊 滅亡と存続の命運を分けるもの」 ジャレド・ダイアモンド/著 楡井浩一/訳(草思社)

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 本当はこうだった? ハイチとドミニカ ~どうしてここまで差がついた!?~
作者名 LED
ジャンル 歴史/時代
タグ コメディ ダーク ハイチ ドミニカ共和国 デュヴァリエ親子 ホアキン・バラゲール 独裁者 環境問題 リアルトロピコ タイムスリップ 莉央ちゃん
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2021年3月18日 19時00分
最終投稿日 2021年3月18日 19時00分
完結日 2021年3月19日 0時59分
文字数 8,266文字
読了目安時間 17分
ブックマーク登録 9件
コメント 4件
スタンプ 24件
ビビッと 4件
応援ポイント 14,000pt
ノベラポイント 21pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 高校生の主人公ソラは、ずば抜けた適性を持っていたため、現代に出現したダンジョンの調査をする組織、「攻略隊」に入る。各国から若者が精鋭として東京に集められ、共同生活をしながらダンジョンに挑むのだが他の隊員は難のあるやつばかり。しかも真の敵はモンスターではなく旧東側陣営のロシアや中国で……

    読了目安時間:50分

    この作品を読む

  • なにぶんわがままなものでして(旧題:わがままでごめんあそばせ)

    わがままだって突き通せば幸福になるのです

    91,800

    230


    2021年6月13日更新

    シシリアは五歳の時にこの世界が前世で読んだ小説の物とそっくりな世界であり、自分はその中に登場する悪役令嬢出ることに気が付いた。 幼い頃から婚約させられる第二王子を異母妹に奪われた挙句に失意に飲まれたまま修道院に移され、そのまま自害するという未来を思い出し、シシリアはそんなこと許されないと決意をする。 そして幸せになるにはどうすればいいか考えた末、第二王子と婚約をしなければいいのだということに思い至り、親に強請って夜会に連れて行ってもらい、婚姻相手を探すことに。 そこで目に入ったのが大叔父であるルツァンドだった。 年の差なんてなんてその、猛烈にアタックをして思わぬ見方をつけて無事に婚約にこぎつけたシシリア。 けれども彼女の本来の目的は婚約ではなく婚姻。 そうして迎えた六歳の誕生日、シシリアはルツァンドと婚姻届けを正式に提出した。 わがまま娘として評判のシシリアは婚姻しても相変わらず自分の意志を押し通し、自分が幸せになる為の努力を惜しまない。 そしてその周囲の人々はそんなシシリアに巻き込まれて人生を変えていく。 優しく厳しく、いっそ残酷なまでに自分の道を歩いていくシシリアの愛は、未来は何処へ向かっているのだろうか。 そしてそんな彼女が選んだ最期とはどういうものなのか。 シシリアの真の願い、そして最期の結末に気が付いている者は、それが羨ましいとうっとりと囁く。 貴族として生まれたシシリアの選ぶ道は難しいものだけれども、だからこそやりがいがあるのだとシシリアは笑う。 死ぬまで永遠に終わらないいたちごっこでも、シシリアは自分の幸せの邪魔をする物を絶対に許さず、邪魔な者は徹底的に排除する。 ※わがままでごめんあそばせの改稿版(「冷たい指先に触れる唇」まではほぼ変わりませんが名前や口調、表現が多少変わります) 以降は別物になります

    読了目安時間:7時間7分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • おてんば姫さま!結婚拒否ですわ!

    ふざけた作品です。悪しからず。

    0

    未参加


    2021年6月13日更新

    むかーし、むかし!! あるところに「おてんば姫」がおりました。 姫の名は”蛍姫”。 彼女はの好きな事は、木登りとご飯。 名前にそぐわぬ、その素行に父上母上は悩むどころか 笑って許してしまう始末。 しかし、このおてんばな行動にも理由があったのです。 まぁ、その理由が大変間抜けなものでして、皆様よければ 最後までお読みくださることをおススメします。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 地の瑞獣

    三国志演義ベースのファンタジー

    500

    0


    2021年6月13日更新

    三国志演義ベースのファンタジー

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間14分

    この作品を読む