現代/青春ドラマ 長編 連載中

読書キャンペーン開催中!

大阪・京都・二人三脚 from「わたまわ」48

作者からの一言コメント

同棲生活の光と闇

読了目安時間:15分

総エピソード数:5話

本作は「わたしの周りの人々」略称「わたまわ」シリーズ第48章にあたるエピソードです。第1話に目次としてこれまでのエピソードへのリンクが貼ってあります。 沖縄人女性・サーコ(本名:比嘉麻子)は大阪で韓国人の恋人・トモ(本名:キム・ジング)との同棲を開始します。新生活の滑り出しは良かったのですが、気候が変化するにつれてサーコは病気がちになっていきました。 DAOKO+米津玄師の曲や井上陽水さんの音楽で彩る夏と秋を味わってください。 2022.06.22 ジャンル別日間9位ありがとうございます。

総エピソード数:5話

作品情報

作品名 大阪・京都・二人三脚 from「わたまわ」48
作者名 klmi-wata-mawa
ジャンル 現代/青春ドラマ
タグ シリアス 日常 わたまわ 沖縄 大阪 聴覚障害者 井上陽水 貧乏女子
セルフレイティング 性的表現あり
初掲載日 2022年6月22日 9時45分
最終投稿日 2022年6月22日 9時53分
完結日 -
文字数 7,744文字
読了目安時間 15分
総エピソード数 5話
ブックマーク登録 1件
コメント 7件
スタンプ 2件
ビビッと 0件
応援ポイント 1,700pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ホテルグルメはまかないさんから

    それはどこかにある日常

    60,200

    50


    2022年6月30日更新

    眞島怜は、ごく一般的な女子大生だった。 違う点があるとすれば、バイト内容。そこそこお高めのビジネスホテルの宴会部門スタッフであることだ。華やかに見えて、かなりの重労働。ヒールは低めでもパンプスを履いているせいか、脚が太めになるのがデメリットくらい。 そんな彼女の唯一の楽しみは……社員食堂で食べられる『まかない』だった。事務所の仕組みで、バイトでも500円を払えば社食チケットがもらえる。それで、少ないセットメニューを選んで食べられるのだ。 作るのは、こちらもバイトで働いている小森裕司。 二人の何気ない日常を綴る物語だ。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間36分

    この作品を読む

  • 『漂着する女子高生』 Ver1.0

    いつの間にかインストールされていたアプリ

    1,500

    0


    2022年6月30日更新

    トイレでスマホを弄っていると、妙なアプリがホーム画面にあった。 タイトルは『漂着する女子高生』。 いろいろ悩んだ末、孝雄は、アプリを開いてみる。 アプリの中の女子高生と会話をして、彼女の記憶を取り戻すのが、ゲームの目的のようだが――。

    読了目安時間:13分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 炎剣戦記

    これは、色褪せることなき物語

    298,188

    7,122


    2022年6月25日更新

    精霊使いと人間のニ種族が存在する世界。 かつては共存していた二種族の間に徐々に軋轢が生まれ、やがて互いに互いを迫害し合うようになりそれは大きな争いへと発展した。 張り詰める空気の中。精霊使いに対抗するべく生み出された剣士達の集団、騎士団に所属するシラは、精霊使いの王の婚礼から逃亡した美しき魔女・グラーニャの監視を命じられてしまう。 本来は敵同士である2人は、監視という役目を通じて、共に過ごし、共に戦い。様々な強敵と相対し、そして少しずつ2人の関係に変化が現れていく。けれど歪みきった世界は、やがて2人に残酷な選択を突きつける。 これは、悲哀と絶望で満ちた世界で、生きた剣士と魔女の物語 表紙絵:スナギモ様作

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間21分

    この作品を読む

  • 灯防女ノ人魚

    その夏、描きたい少年と探す少女が出会った

    500

    0


    2022年6月30日更新

    小さな灯台が見守る岬、鹿児島県にある長崎鼻灯台。 そこへ絵のモチーフを求めて訪れた青年、浦部竜巳は黒い人魚を彷彿させる少女と出会う。 彼女は海底に沈む宝を求め、毎日海へと潜る。描きたい彼と探す彼女。そんな彼等を今日も彼女は見守り続けている。 【祝、無事に締め切りに間に合いました!】 GENSEKIコン参加作品です。 一万文字と少し長いですので、区切れる様に細かく分けてます。気が向いたら彼等の夏の物語に少しでもお付き合い下さい。

    読了目安時間:20分

    この作品を読む