完結済 長編

神様に妻子の魂を人質に取られたおっさんは、地球の未来の為に並行世界を救う。

SHO

作者からの一言コメント

元自衛官とメカ少女、英雄達と共に戦う!

相棒はあの名機! 航空自衛隊のベテランパイロット、三戸花乃介。 長年日本の空を守ってきた愛機も、老朽化には勝てずに退役が決まる。そして病に侵されていた彼もまた、パイロットを引退する事を決意していた。 最後のスクランブル発進から帰還した彼は、程なくして病で死んでしまうが、そんな彼を待ち受けていたのは並行世界を救えという神様からの指令。 並行世界が滅べばこの世界も滅ぶ。世界を人質に取られた彼は世界を救済する戦いに身を投じる事になる。これはチートな相棒を従えて、並行世界で無双する元自衛官の物語。 全ては、やがて輪廻の輪から解き放たれる、妻子の生きる場所を救うために。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 神様に妻子の魂を人質に取られたおっさんは、地球の未来の為に並行世界を救う。
作者名 SHO
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ アクション/バトル 男主人公 戦記 現代日本 転生/転移 ミリタリー 異能 チート メカ少女 参考画像、挿絵あり
セルフレイティング 暴力描写あり
初掲載日 2019年5月29日 2時03分
最終投稿日 2019年12月5日 17時00分
文字数 346,040文字
ブックマーク登録 186件
コメント/スタンプ 1,380件
応援ポイント 641,186pt
ノベラポイント 31,270pt
応援レビュー 1件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 煌めきと共に、すべての敵を打ち倒せ。

    ♡402,015

    〇37,740

    現代/その他ファンタジー・連載中・358話 鶴琉世乃

    2020年7月9日更新

    「貴様はもう、私達の子ではない」 詠唱と意志力により武器や自然現象を再現する存在、【顕現者】。 適性審査で「詠唱途中で能力がランダムに発現する」という致命的な欠点を背負い、能力者として認められなかった少年は。 実の家族・友人に見捨てられ、同時に存在自体を消されかけてしまうが逃げ延び、心優しき夫妻に拾われることになった。 ――5年後。 少年は、【学園】へ足を踏み入れた。 彼が入学した時から、止まっていた運命の歯車は再び、音を立てて動き出す。 少年の「復讐」と「新しい人生」が、始まろうとしている。 異能×復讐×青春 etcetc...... 様々な要素の絡み合った学園譚、開幕。 「覚悟しろ。……そう簡単に、お前達を許せそうにない」 ※格好いい表紙は蒼原悠様(Twitter:@AzureFlag373813)に頂きました! ※祝!累計総合45位、累計ジャンル別5位。 これからもよろしくお願い致します。

  • 最高の一品となっております

    ♡100

    〇100

    異世界ファンタジー・連載中・4話 英雄譚

    2020年7月10日更新

    『最弱の魔術士』としての汚名を被せられた青年『ルーディン・アルスフィア』は誰からも侮蔑のような目を向けられていた。魔術学院では座学以外は最下位。知識だけでは生きていけない世界を前にしても尚、冒険に憧れていた彼は夢を追い求め続けた。 しかし何もかも上手くいくことは無く、冒険者達の間ではルーディンは嫌われていた。 それでも、いつか誰からも認められるような偉大な魔術師になるため日々努力するルーディンに感化を受けた、とある『A級冒険者』のパーティリーダー『リゲルト』が彼を誘うのだった。 ルーディンがどんな失敗をしようと責めることはせず、リゲルト達は彼が成長をして夢を実現するために支え続けると誓うのだった。 ——そんなある日、依頼で訪れた廃墟で強力な魔族と遭遇してしまう。ルーディンを逃すためにパーティが奮闘するが………。 ✳︎ゴシックの縦読み推奨

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 女主人公がひたすらひどい目に遭います

    ♡5,500

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・11話 辛之川敦盛

    2020年7月10日更新

    こことは違う、遠い世界。 籠城の都市コロニアの片隅で暮らすノエミは、思わぬことから奇跡の力を身に宿した。 それは、千変万化の像を生み出す粘液の能力。 謎の戦闘集団『銛士隊』に能力を見出され、市の防衛戦に身を投じていくノエミ。 しかし疑念は尽きない。銛士隊は正義なのか? この力は本当に、神に与えられた奇跡なのか? 正か邪か。本物か贋物か。 迷信と因習、そして猜疑が渦巻くこの世界で、ノエミは何者になったのか。 変容する少女の異聞奇譚。

  • 英雄王、しかし…彼は望んでいなかった…

    ♡7,200

    〇50

    異世界ファンタジー・連載中・78話 三毛猫ミィーミ♪

    2020年7月10日更新

    [表紙&タイトルロゴ:桜崎優月様作] ✴︎小説家になろう先行連載中・アルファポリス・カクヨム・セルバンテス連載中✴︎ ・あらすじ・ 俺は、ガルド=フレイ 18歳。 早くに両親を亡くし、1人で生きてきたせいか 人と関わるのは苦手。 そんな俺でも、自分の力が皆に必要とされれば断れない性分。 ある日、村の外で魔獣が現れた時も 俺は村の人々の為に立ち上がった。 魔獣の討伐が、いかに危険であるかは理解している。 しかし、誰かに必要とされる事に、俺は生き甲斐を感じていた。 そして・・・運命の日が訪れる。 俺はいつものように頼まれて村の外壁の修理をしていた。 すると山の洞窟の方から、女性の悲鳴が聞こえ俺は悲鳴のする方へ向かった。 そして俺は急いだ。 洞窟の入り口付近に、倒れている女性を見つけた。 その女性は、魔物に襲われ致命傷では無かったが深い傷を負っていた。 そして女性は洞窟の中にまだ仲間がいるから助けて欲しいと言い、俺は洞窟の中に入って行った。 そこには女性の仲間が魔物に襲われ血を流し倒れていた。 俺はその魔物と戦い倒す事は出来たが、死闘の果てに生死の狭間をさまよう事になった。 そして意識が遠のく中、誰かの声がした。 それは神の声だった。 神は俺に選択を迫った。 世界を救い英雄王となるか、このまま死を選ぶのかと。 俺は世界を救い英雄王となる道を選んだ。 だが今に思えば本当にそれで良かったのかと思っている。 ……そうこれは英雄王と呼ばれたガルドの物語である……