文芸/純文学 短編 完結済

冬に沈んだ人魚

作者からの一言コメント

その人魚は冬の海に沈んでいる。

読了目安時間:1時間38分

冬に沈んだ人魚の表紙

ある日、突然弟が出来た。 水澤仁成はわけあって全く血の繋がりもない花村清司と暮らして十一年が経っていた。 この家に来たのは二桁になりたての子供の時分、暮らし始めた当初にはここにいる理由があったがそれは五年前に跡形もなくなってしまった。 最早仁成がこの家にいられる理由もない。けれど、未だにここにいる。清司の優しさに甘んじて、罪の意識を感じながらも赦され続けていた。 そのある日、清司が突然「弟が出来ます」と連れ帰ったのは清司と同じ苗字の花村臣だった。「少し変わった子かもしれないけど」そう紹介されたのは高校の卒業をほんの数カ月後に控えた少年だった。 あとほんの少しの高校生活にも関わらず親元から引き離さなければならなかった理由はなんなのか。その理由は明かされない。けれど清司の言った言葉は間もなく現実となる。 持ち込んだ荷物の荷解きも終わらないまま弟は姿消した。そして、見つけた弟は海の中にいた。服を着たまま、座って波に打たれていたのだ。 どうしようかと思った。どうしたらいいのかと。 花村家に臣が加わったその日からその奇行は繰り返される。どれだけ咎めても、どれだけ叱ってもけして海に入ることをやめはしなかった。 突然出来た弟の奇行に振り回される仁成は苛立ちを募らせる。しかしそれもまた、仁成自身の心を誤魔化す為の術でもあった。 誰一人血の繋がらない三人の家族と彼等の生きた崩壊した家庭、そこから受けた心を締め上げられるような苦悩、苦痛。 血の繋がりこそが呪縛となり、それぞれの抱える問題とそこから繋がる絆と不確かな存在となった青年と少年の物語―― ※BOYSFANコン参加作品・お題フリー ※暗いです

前へ

次へ

  • 投稿日2021/9/1 16:06 文字数4,441文字

  • 投稿日2021/9/2 16:01 文字数3,066文字

  • 投稿日2021/9/3 16:17 文字数1,891文字

  • 投稿日2021/9/5 16:01 文字数2,876文字

  • 投稿日2021/9/7 16:02 文字数1,554文字

  • 投稿日2021/9/9 16:43 文字数4,266文字

  • 投稿日2021/9/11 16:00 文字数2,073文字

  • 投稿日2021/9/13 16:00 文字数3,953文字

  • 投稿日2021/9/14 16:29 文字数7,235文字

  • 投稿日2021/9/15 16:01 文字数1,891文字

  • 投稿日2021/9/16 16:04 文字数2,141文字

  • 投稿日2021/9/17 16:02 文字数4,019文字

  • 投稿日2021/9/18 16:06 文字数1,907文字

  • 投稿日2021/9/19 16:00 文字数2,056文字

  • 投稿日2021/9/20 16:01 文字数2,222文字

  • 投稿日2021/9/21 16:02 文字数3,164文字

前へ

次へ

作品情報

作品名 冬に沈んだ人魚
作者名 御 一
ジャンル 文芸/純文学
タグ BL 機能不全家族 同性愛 絆の家族 ボーイズラブ BOYSFANコン 欠けたもの 兄弟
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年9月1日 16時06分
最終投稿日 2021年9月21日 16時03分
完結日 2021年9月21日 16時02分
文字数 48,755文字
読了目安時間 1時間38分
ブックマーク登録 7件
コメント 1件
スタンプ 11件
ビビッと 0件
応援ポイント 8,700pt
ノベラポイント 100pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けていません

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • お題付き短編広場

    お題に沿って短編を書いてます。お題募集中

    14,900

    240


    2021年9月21日更新

    主にショートショートの短編で構成されています。 各話の繋がりはなし。 お題を元に小説を書いているので、落語の三題噺のような形式をとっていますので、コメント(感想)でお題を頂けると有難いです。 ジャンルが様々なので、現代文学で登録しています。

    読了目安時間:2時間46分

    この作品を読む

  • 秋と七日間の夏

    夏から秋へ、ゆったりと物語を

    7,700

    0


    2021年9月21日更新

    ゆったりとしたヤツ。 それが好きです。 ゆったりと流れていく時間、ここではないどこかの風景とできごと。 そんな感じで書いています。 それでも悪魔の書いているヤツです。 よろしく。

    読了目安時間:1時間57分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る