恋愛/ラブコメ 短編 連載中

猫ですが、ニャにか?~俺の飼い主がビッチすぎる件~

作者からの一言コメント

ご主人様の為に猫だって暗躍(●ↀωↀ●)

読了目安時間:28分

猫ですが、ニャにか?~俺の飼い主がビッチすぎる件~の表紙

【あらすじ】 「飼い主さんが大好きで溜まらない」猫たちは、飼い主さんの恋愛事情に右往左往して大騒ぎ。飼い主さんを幸せにするために影で暗躍し、にゃんハッピーを目指す!。そんな猫たちが主人公の短編コメディ。 【作者からお知らせ】 お読みくださりありがとうございます!。ブクマ、スタンプ、ポイントくださった方、応援ありがとうございます~(♡╹ω╹♡)励みになります~。 ★1話完結型、不定期更新になります。 ★挿絵・イラストは作者にゃんこマスターが制作しています。 ★第6回カクヨムWeb小説短編賞2020中間選考通過 最終選考対象作品

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 猫ですが、ニャにか?~俺の飼い主がビッチすぎる件~
作者名 にゃんこマスター
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ ラブコメ もふもふ コメディ ギャク 青春 ほっこり ハッピーエンド 恋愛 現代日本
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年1月2日 14時06分
最終投稿日 2021年4月12日 19時45分
完結日 2021年1月2日 13時33分
文字数 13,969文字
読了目安時間 28分
ブックマーク登録 9件
コメント 1件
スタンプ 37件
ビビッと 1件
応援ポイント 11,301pt
ノベラポイント 1,430pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • イチゴ、或いは臓物

    ダーク目指しました。

    1,200

    0


    2021年5月14日更新

    "ドラゴン・スレイヤー" それは、天翔る空の覇者……"ドラゴン"を倒した者のみが語れる称号。 富も名声も、全てが手に入るそれを追い求めて数多の人間が戦い、そして死んでいく。 無造作に生まれ無残に散っていく、そんな彼らに目を向けるなんて無意味にも程がある、でも、それでいいじゃないか。 ほら、またここに、ドラゴンの首を狙う駆け出しの冒険者が一人……。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:12分

    この作品を読む

  • ヒーローは1日にして成らず?

    ★5/11更新『漫画を読む様に小説を』

    583,700

    29,905


    2021年5月10日更新

    ★先に言っておきます! これはコメディですッ!!★ ☆みんなを笑わせたいのだ!!!☆ ◤◢◤◢◤◢WARNING!◤◢◤◢◤◢ 右上の『最新話を読む』ボタンで案内される話は最新話ではありません! お手数ですが、目次を下って頂き、【★NEW★】と冒頭に打ってあるタイトルをご覧下さい(・∀・) ==================== 例えばさ、『変身願望』って言葉があるじゃん? 小さい頃なんかだと変身ヒーローとか、大人なんかは今の自分を変えたい、とか。まあ色々さ。けどそれはやっぱり願望であって、願ってはいるけど頭のどっかでは「無理ではあるけど」みたいな一文がくっついてると思うんだよね。 でもそれって普通の事で、現実に対してそういった空想があって、そんでもって今とバランスを取ってるって言うやつ? まあ早い話が、俺はこの日常が嫌いじゃないんだよね。別に変わって欲しいとかは望んでなかった。 けれど。 空想出来る事は起こり得る未来の可能性…ってヤツが、ラッパを鳴らして登場しちゃったら? その時、俺達に選べる選択肢って…そうあるのかな。 ==================== イラストで戦う相棒:とうま (https://twitter.com/ZqAiZkftprcAKcp)

    読了目安時間:2時間58分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 姉妹チートNEXT

    優等生と劣等生の続編です。

    240,400

    0


    2021年5月14日更新

    「へ?」 3人は靴箱の中味を見た。 上履きの上にそっと置かれてある白い封筒。 驚いた。 これってひょっとして噂の……。 「ちょっと貸せ!」 妹の天音が手紙を奪い取る。 そして読み上げる。 「なになに……『突然の事で驚いたでしょう。あなたの事が好きです。友達からでもいいので付き合ってください放課後体育館裏で待ってます』……これってラブレターじゃねーか!」 天音が大声で言う。 僕は天音の口を手でふさぐけど時すでに遅し。 人だかりが出来てる。 僕達はとりあえずその場から立ち去る。 天音は何か言いたげだったがとりあえず自分の教室に向かった。 「でも空、これ差出人の名前無いよ?」 姉の翼がそう言って手紙を返してくれた。 姉といっても双子なんだけど。 翼の言う通り差出人の名前が無い。 誰のだろう? 同じクラスの子かな? クラスを見回す。知ってる子は石原さんと栗林さんくらいか……あとはあまり面識がない。 でも同級生とも限らないか。 しかし僕以下の年頃で「つきあって」は無いだろ? 結論。いたずらかな? ドッキリ的な。そう考えた方がしっくりする。 僕は客観的に見て「人並み」くらいの才能はあると思うけど翼や天音みたいなチートじみた才能は持ってない。 僕に惚れるなんてことがあるわけない。考えるだけ馬鹿馬鹿しい。 だが、この一枚の手紙が大事件に発展するとは思ってもみなかった。

    • 残酷描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:138時間57分

    この作品を読む

  • 漂う幻影【完結まで2〜3日に一回のペースで更新】

    私のこと、本当に、好きなの?

    1,400

    0


    2021年5月14日更新

    ——君は行ってしまったけど、もう昨日の事でくよくよしない。普通の世界というものがあるならなんとかそれを見つけ出すんだ。その過程で僕は生き延びる術を見つけるのだろう—— 高校を進学して直ぐに始めたバイト先で伊藤碧はちょうど同じ時期に入ってきた磯村恭一郎に恋をした。 互いに話しやすい関係にはなったもののその先の関係にまで発展する気配は待っていても来なさそうであった。 だがある日、学校からの帰り駅前の広場を歩いているとたまたまベンチに座っている磯村を見つけた。 声をかける伊藤、ただそれだけのはずだったが磯村は突然、伊藤を抱きしめた—— そこから二人は急展開で付き合う事になる。 夢が叶った、喜びに震える伊藤。 これから輝かしい日々がやって来ると胸をときめかせる伊藤であったが、 時おり磯村は不可解な言動をして伊藤を困惑させる。 どうしたの?と聞いても曖昧な答えしか返ってこない。 そんな日々が少しづつ積み重なっていくにつれて伊藤はある違和感が確信へと変わっていく。 そして意を決した伊藤は磯村の口からその真相をようやく聞き出す事ができた……。 同作者の別作「青い薔薇」のサイドストーリーです。第二章の最終話、そのまさに続きから物語は始まります。 主軸となる人物が様変わりして新しい側面が見られます。 その「青い薔薇」が未読でも読めるように書いていますが両作を読んで初めて理解できる箇所も散りばめられているので 是非この二つの作品を読んで濃厚な物語に100パーセント浸ってください。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間27分

    この作品を読む