ホラー 短編 完結済

真上の部屋

作者からの一言コメント

とある主婦の身に起きた奇妙な出来事

とあるマンションで起こったお話。 真上の部屋からの騒音に限界を感じる主婦。 話をしに行こうとするが……。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 真上の部屋
作者名 相枝静花
ジャンル ホラー
タグ 女主人公 現代日本 ホラー 短編 主婦 奇妙 騒音
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年10月11日 4時29分
最終投稿日 2019年10月11日 4時30分
完結日 2019年10月11日 4時30分
文字数 1,099文字
ブックマーク登録 3件
コメント 3件
スタンプ 6件
ビビッと 0件
応援ポイント 2,200pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 魔法が使えるのは女だけ?!

    ♡40,350

    〇260

    異世界ファンタジー・連載中・27話・87,876字 (有)八

    2021年1月26日更新

    【10秒で分かるあらすじ】 魔女から受け継いだ力は敵視《ヘイト》を集める魔法だった! 世界で唯一の男魔術師は憎まれ、見返し、最強を目指す。 【まともなあらすじ】 おとぎ話になるぐらい昔、『憎しみの魔女』と呼ばれる一人の女によって世界は作り変えられた。 女は魔法を使えるようになり、世界にはモンスターが溢れた。 魔法が使えない男は家事に勤しみ、女はモンスター退治に出て生計を立てる逆転した世界。 「親父! 俺冒険にでたい!」 片田舎で生まれ育った十五歳の少年・タクトは冒険に出たかった。しかし両親から言われた言葉は―― 「いや、無理だろJK」 意気消沈するタクトの前に老ぼれとなった『憎しみの魔女』が現れる。「お前さんに魔法を使わせてやろう」 魔女から与えられた力、それは普通の魔法ではなかった。 敵視《ヘイト》を自身に集める魔法。使えば周りは敵だらけになる。 「お前はもう息子ではない! 今すぐ村を出て行け!」 両親から憎まれ、村を追放されたタクトは決意する。 与えられた特異な魔法を武器に、タクトは世界でたった一人の男魔術師になった。 馬鹿にしてきた奴らを見返して、最強の魔術師になってやる!! 小説家になろうにて先行公開中です。 こちらは後追い掲載となります。

  • 人と妖の王道ストーリー/現在第二章改稿中

    ♡128,700

    〇3,850

    現代/その他ファンタジー・連載中・62話・215,936字 ぷりん頭

    2021年1月23日更新

    月の光が届かぬ闇の中、瘴気とともに現れる【怪魔】たち。 人や動物にも似つかない、怪魔の魔の手が忍び寄る静かな世界に、それは現れる。 人と妖魔が重なり、成せる【憑依霊装】 狐の半面に、輝く白銀の髪。 反面から覗く瞳は黄色く、鋭い。 それは何者かと問われれば、彼らは自らをこう答える……我々は【妖魔師】であると。 風の町、春海の高校に通う東城寺の一人息子、東城 秋は普段の遅刻魔とは別の顔がある。 夜な夜な現れる怪魔を相棒、白狐の大妖魔 白蓮とともに戦う妖魔師だった。 怒りと憎しみ……そして愛と友情の物語。 【9/21第一部完結! 並びに第二部スタート!】 ※第一部において好き勝手書いたので、ルールに則り改稿中。 【AN/杏】様に表紙を描いて頂きました! ありがとうございます! 挿絵も募集してます!

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 戦死した幽霊は妻を洗脳し逆恨みを晴らす

    ♡600

    〇0

    ホラー・連載中・6話・33,484字 穴鎌たまえ

    2021年1月26日更新

    吉川藤次郎。幽霊。昭和19年大阪。戦死してから幽霊として2年間、寡婦となった妻八重とともに暮らす彼は、自分を殺した米兵に恨みを抱くが亡者ゆえそれを晴らせずにいる。そこに飛んで火に入る夏の虫のごとく転がり込んだ米軍捕虜(ビル・テイラー:実は軍人ではない)。アメリカ人全てに逆恨みの彼は千載一遇とばかり妻を洗脳してその捕虜を殺させようと画策する。Unusual Lane第3章。 この物語は、フィクションであり、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。

  • ただ一行で紡ぐ怪談。

    ♡1,738,326

    〇8,295

    ホラー・連載中・559話・27,507字 水沢ながる

    2021年1月26日更新

    吉田悠軌・著『一行怪談』にインスパイアされて、自分なりに作ってみたワンセンテンスの怪談。 元になった本には「一行怪談凡例」というものかある。 ・題名は入らない。 ・文章に句点は一つ。 ・詩ではなく物語である。 ・物語の中でも怪談に近い。 ・以上を踏まえた一続きの文章。 なるべくこれに沿うようにしているつもり。 気が向いた時に更新します。 この作品は、他サイトでも公開しています。