現代/青春ドラマ 長編 連載中

ホテルグルメはまかないさんから

作者からの一言コメント

それはどこかにある日常

読了目安時間:4時間47分

総エピソード数:118話

眞島怜は、ごく一般的な女子大生だった。 違う点があるとすれば、バイト内容。そこそこお高めのビジネスホテルの宴会部門スタッフであることだ。華やかに見えて、かなりの重労働。ヒールは低めでもパンプスを履いているせいか、脚が太めになるのがデメリットくらい。 そんな彼女の唯一の楽しみは……社員食堂で食べられる『まかない』だった。事務所の仕組みで、バイトでも500円を払えば社食チケットがもらえる。それで、少ないセットメニューを選んで食べられるのだ。 作るのは、こちらもバイトで働いている小森裕司。 二人の何気ない日常を綴る物語だ。

総エピソード数:118話

総エピソード数:118話

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 ホテルグルメはまかないさんから
作者名 櫛田こころ
ジャンル 現代/青春ドラマ
タグ コメディ ほのぼの 女主人公 まかない 飯テロ 女子大生 専門学生 グルメ 日常 微妙にR15
セルフレイティング 性的表現あり
初掲載日 2022年4月19日 15時50分
最終投稿日 2022年7月5日 16時15分
完結日 -
文字数 143,685文字
読了目安時間 4時間47分
総エピソード数 118話
ブックマーク登録 4件
コメント 4件
スタンプ 162件
ビビッと 8件
応援ポイント 65,800pt
ノベラポイント 50pt
応援レビュー 1件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 不思議な能力学園-Mermaid tears-

    耳が良いんだよ、ものすごくね。

    1,200

    0


    2022年7月5日更新

    夏に差し掛かるころ。 普段であれば生き物の世話のために真っ先に職員室についているはずの千薬の姿が見えない。 そのうち来るだろう、と思っていたのもつかの間、職員会議の時間になっても姿を現さない千薬を不思議に思っていると、彼女とうり二つの顔をした男──千毒は千薬のデスクに置手紙を見つける。 「国際指名手配になっちった!」 ※「不思議な能力学園」について 今は亡き掲示板のスレッドより展開された作品となります。 他者様のお子様をお借りしている作品となりますため、キャラクターへの誹謗中傷等は”絶対に”やめてください。 未だ至らぬ点の多い作者ですので、不快、稚拙な描写につきましてはお許しいただけますと幸いです。改善に努めさせていただきます。 前作→不思議な能力学園-Ignorance is bliss- https://novelup.plus/story/544712413

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間52分

    この作品を読む

  • たとえ"愛"だと呼ばれなくとも

    サスペンスホラー×純愛×ヒューマンドラマ

    8,700

    15


    2022年7月5日更新

    この物語はとある事件をテーマに構成されている。重要人物も当たり前のように亡くなり、主要人物の恋事情のハッピーエンドも確約できない。しかし、これはミステリーでもホラーでもない。この物語は彼等の純粋な恋を描いた物語なのだ。 「貴方は"これ"を愛だと呼べますか?」 【あらすじ】 日々繰り返す刺激のない生活に退屈していた愛斗。ある日、部活の帰宅途中、人気のない路地で「誘拐」されてしまう。はじめは恐怖で怯えていたが、他愛もない会話で誘拐犯の過去や誘拐した意図を知り、次第に愛斗の誘拐犯への気持ちは「愛」へと変化していく……。 世界に退屈している青年がストーカーの誘拐犯と出逢い、愛を交えていくストーリー。 *一部BL、GL要素と思われるものが含まれます。 *此方の作品はアルファポリスで先行公開しております。 *『この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません』

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間54分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 海の奇跡

    ずっとあの海が嫌いだった

    1,000

    100


    2022年6月30日更新

    潮海と呼ばれる町に住む、二人の男女のお話。

    読了目安時間:20分

    この作品を読む

  • 足を求める幽霊の話

    B級ホラー映像作品風をイメージしました

    1,000

    0


    2022年7月4日更新

    「失った足を求める幽霊」 二十年前某国道で大型トラックによる轢き逃げがあった。その被害者はタイヤに巻き込まれて四肢が切断されバラバラになってしまったそうだ。 警察はその遺体を集めたがどうしても片足だけが見つからない。 それ以来、その事故があった場所、事故があった時刻に幽霊が現れるようになった。 そして、そこを通った人にこう聞くのだそうだ。 「足をもらえませんか」 もしそれに答えてしまうと足を取られるという噂だ。実はこの話には続きがある……。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:26分

    この作品を読む