現代/その他ファンタジー 短編 完結済

銀の残光

作者からの一言コメント

いつもの(その3)

読了目安時間:1分

総エピソード数:1話

「銀の残光」と呼ばれる都市伝説の正体を、知る者はただ一人の少女だけ。

総エピソード数:1話

作品情報

作品名 銀の残光
作者名 有原ハリアー
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ 第3回勉強会 シリアス アクション/バトル 男主人公 現代日本 異能
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2022年5月23日 12時07分
最終投稿日 2022年5月23日 12時33分
完結日 2022年5月23日 12時05分
文字数 724文字
読了目安時間 1分
総エピソード数 1話
ブックマーク登録 3件
コメント 1件
スタンプ 14件
ビビッと 3件
応援ポイント 7,200pt
ノベラポイント 10pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 廃棄人形と底辺人形師 ~彼女を捨てた『最強』を『Fランク』と圧倒するまで~

    その捨てられた人形は『非日常』を告げる。

    300

    0


    2022年12月7日更新

    最強の人形師によって作られたものの『弱い』と捨てられ、心も感情も封じられた人形——《シエラ》は、ある一人の人形師に拾われる。 それは、魔法大学での最低ランクである『Fランク』で、特別強い力も持っていない、ごくごく普通の人形師。 ただし、彼には一つだけ、他の人形師とは明らかに違うところがあった。 ……彼は『人形を戦闘用の道具として見られない』。 捨てられた赤の他人の人形でさえも放っておけず、まるで自分の人形であるかのように大切にする。 そんな彼の優しさに触れたシエラは、やがて封じられたはずの感情さえも取り戻し、その身体に『光』が灯る。 彼女の光はやがて、この国最強であり、彼女を捨てた張本人である人形師をも打ち倒す力となり——。 魔法という異能力が発展した現代日本を舞台に、魔法大学へと通うFランク人形師・漣圭司と、その人形たちを中心に紡がれる現代ファンタジー。 *小説家になろう カクヨム でも連載中です。*

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間13分

    この作品を読む

  • ハートプロジェクション

    生意気な男性AIと文系脳な女性研究員の話

    500

    0


    2022年12月7日更新

    とある子ども向け玩具を開発販売する企業が、AIを用いたゲームアプリを開発、リリースに至るまでを背景とした物語です。 研究員でありながら理系的な思考が難しい女性主人公と、アプリ開発の根幹を成す男性型AIとのやり取りを軸に、人間とAIの様々な関わり方を描いていきます。 この作品は第3回HJ小説大賞後期『ノベルアップ+』部門のエントリー作品第2弾です。 こちらも第1弾同様、2、3年前に他所様の大賞に応募して残念になってしまった作品を手直ししました。 応募要項を満たす分まで、12月中は毎日お昼の12時以降に投稿する予定です。 いつか続きが書けたら良いなと思います。 ちなみに行雲はバリバリの文系です。いや、日本語すらちょっと怪しいです。 今回AIをテーマにはしていますが、専門的な話は出て来ません。 それでも専門の方たちから見れば可笑しい所も多々あるかもしれませんが、どうかフィクションということでご容赦願います。 ちなみにジャンルですが、SFかコレ? とも思ったので、一応『現代/その他/ファンタジー』で登録してあります。 不都合がございましたらご指摘下さるとありがたいです。

    読了目安時間:35分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • Sonora

    音よ、花開け。

    26,400

    1,100


    2022年12月6日更新

    フランスのパリ8区。 凱旋門やシャンゼリゼ通りなどを有する大都市に、姉弟で経営をする花屋がある。 ベアトリス・ブーケとシャルル・ブーケのふたりが経営する店の名は<ソノラ>、悩みを抱えた人々を花で癒す、小さな花屋。 そこへピアニストを諦めた少女ベルが来店する。 心を癒す、胎動の始まり。

    読了目安時間:1時間39分

    この作品を読む

  • 嫉妬したがりの西園寺さん

    ほんわか百合ラブコメです

    300

    0


    2022年12月7日更新

    人間誰しも得意なことがある。 それは自分ではわからないことかもしれない。あるとき気がつくことかもしれない。 本当に大切なことは誰かの得意なことを認めること、誰かの大切なものを貶さないこと、誰かの恥ずかしい部分を笑ったりしないこと。 そうしたら幸せなことが待っているかもしれない。 誰かを大切に思える人が、誰かから大切に思われない道理などはないから、

    読了目安時間:13分

    この作品を読む