異世界ファンタジー 長編 連載中

凛として鷹、然して鏃を煉る

作者からの一言コメント

ライトノベル調

凛として鷹、然して鏃を煉るの表紙

老境の少年と鋼鎚の淑女は、氷牙の森で鉄を打つ 「鉄の哭く聲が、お前には聞こえているか」 父の言葉の意味が、娘にはまだ分からなかった。 実家の鍛冶業を継ぐため、修行先に向かっていた見習い鍛冶・彫装師のアルマは、雪山で遭難していたところを白髪頭の少年ルドヴィカに救われる。 少年は鍛冶・彫装師だった。そして老境の鷹匠だった。 氷牙(タイガ)と呼ばれる針葉樹の生い茂る自然の中で、アルマは次第に技術者としての自我に目覚めていく。 しかしそれは、皮肉にもルドヴィカの過去を抉る行為だった。 鷹が飛び、火花が散り、鉄が哭く。 老境の少年と鋼槌の淑女が辿る、紆余曲折の職人ファンタジー。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 凛として鷹、然して鏃を煉る
作者名 えむ
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ りんとしてたか、 しかしてやじりをねる ハイファンタジー 職人 製鉄
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年11月10日 12時05分
最終投稿日 2019年11月16日 23時48分
完結日 -
文字数 9,484文字
ブックマーク登録 4件
コメント 5件
スタンプ 4件
ビビッと 0件
応援ポイント 5,050pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 届け、あなたへの想い

    三題噺短編コンテスト応募作です♪

    17,200

    50


    2021年3月31日更新

  • 満月の夜に

    恋愛漫画原作コンにエントリーしてます。

    3,500

    0


    2021年4月2日更新

    引きこもり児童のとももは高校最後の年も、学級委員の差し入れてくれるノートだけで、まん中くらいのテストの点で出席を誤魔化していた。母が夜間パートと父が遠方に出張中だから、バレずになんとかやってきた。ところが、ある日学級委員が黒猫の子猫を押しつけてきた。里親が見つかるまでと費用は学級委員持ちで、とももは悪戦苦闘しながらも子猫の家族になってゆく。お別れが寂しいねと話していたら、ある満月の夜に「次の満月の晩、最初で最後の結婚」をしようと、子猫ごろにゃぁから生えた男の人の生きす魂に申込まれる。さあどうする?対人恐怖症の、ともも。人間のごろにゃぁと最初で最後の契りをするのか?猫人のごろにゃぁとモフモフするのか? 満月の夜は近い。 そして二人の決めた最初で最後の結婚後、とももは母にごろにゃぁの事をちゃんと話し、健康寿命まで責任もって飼いたいとねだる。母はとももには引きこもりのとももの為に内緒で全て工作していた父から善きにと言われてたので、まんざらいい返事をしてくれた。幸せな未来しか見えないとももとあたたかい家族と学級委員に、とももの引きこもりは長い時間をかければ治るかもしれない?と誰もが思ったその時、とももに何かがおこり、メロウなエンディングにならないと涙する両親。いったい、とももには何がおこったのでしょう?そしてごろにゃぁととももの行く先はどーなるどーなる。 悲痛なごろにゃぁの叫びは、とももとごろにゃぁの縁組みを最後まで保証するのか?

    読了目安時間:11分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 吸血鬼の血に目覚めた悪役令嬢は、別の世界の扉を開いて変態聖女にキスをする。

    普通の女の子に、戻れなくなっちゃう…っ!

    1,300

    0


    2021年4月12日更新

    「いっそ悲劇のヒロインとして死んだほうがマシだったわ…」 婚約破棄を言い渡され断首刑に処された侯爵令嬢リリアスは、首を落とされてなお死ななかった。 処刑をきっかけに、眠っていた吸血鬼の血が目覚めてしまったのだ。 凶悪な魔力を前に断頭台を取り囲む民衆も衛兵たちも誰もがその場にへたり込んだ。 「神に背く呪われし者、このわたくしが祓ってみせますわ」 そう言って立ちはだかったのは、リリアスから許嫁の王太子を奪った聖女ローザ。 吸血鬼になんかなりたくないリリアスはローザに対して聖女の力で自分を普通の人間に戻すよう要求するが、うっかり発動させた力でローザを骨抜きにしてしまう。 「ああ…わたくしはたった今からリリアス様の肉奴隷ですわ」 ――お、女の子同士で一体何を言っているの、この変態聖女は…! すがるようについてくる聖女とともに、リリアスは王都を逃げ出す。 どうにかして吸血鬼から普通の女の子に戻りたい。 そして、なんとか普通の男性と普通に結ばれて、普通に平穏に暮らすのだ。 そんな想いとは裏腹に、リリアスは女性に心惹かれていく。 複数の女性に。次々と。 ――ダメ、絶対ダメ、そんなの。神様に背く行為だわ。 それは吸血鬼としての本能か、それとも自分自身の隠された本性か。 理性や道徳心や信仰心で抗いながらも、女性を求める心は加速する。 血に飢えて欲望にまみれ、リリアスを中心に尊さのかけらもない百合ハーレムが形成されていく。 様々な世界を股にかけ、その運命に立ち向かっていくリリアス。そして最後は聖女ローザと…。 ※本当に尊さのかけらもないです。ハーレムの形成過程で多少ドロドロしますので、苦手な方はご注意ください。 ※少年漫画のラブコメ的なテンションでちょっとエッチな百合表現がありますので、苦手な方はご注意ください。 ※「バトル・冒険」と「百合・恋愛」の割合は6対4くらいでしょうか。書きながらコロコロ変わると思います。ご容赦ください。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間5分

    この作品を読む

  • 僕は、君のヒーローになる。

    過酷な運命に抗うダークファンタジーです。

    2,250

    0


    2021年4月12日更新

    「僕は、君のヒーローになる」 なろうとノベルアップにて連載中です。 過酷な運命を背負った金髪の少女ヒルアは、変わりゆくことの無い世界で10年前の事で冤罪をかけられ、薬剤師である叔母とひっそり暮らしていた。絶望的な状況で祈りもしない、救いも求めない。ただ10年前の真実が知りたい。そう彼女は、部分的記憶消失で何故冤罪をかけられたか覚えていない。でもその思いを隠し生きていくことを決めた。そんなある日、彼女を運命を変えたのは、魔法が使えない青年ユージンだった。 魔法が絶対的な世界で様々武器を自由自在に操る千武族は、迫害され差別対象の1つだ。 絶対的不利な状況で彼らは、声上げ、その声は、雑音と言われようが関係ない。 この行動が世界を変える?救う?そんなのわからない。あたしは、大切な人を守る為に仲間を守る為に戦っている。 過酷な運命を背負う者達が織りなすハードファンタジー····。 金曜日に更新する予定です。 ブクマ登録や感想をよろしくお願いします(⁎ᴗ͈ˬᴗ͈⁎)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:8時間0分

    この作品を読む