完結済 短編

風魔が吹く

作者からの一言コメント

徳川の治世。幕末以前の最後の内乱

戦国の大風は去り。 欣求浄土を目指し、徳川幕府は邁進する。 しかし、寛永十四年。 阿鼻叫喚の悲劇の幕が開ける。 その裏で、密かに動く、滅んだ一族の長は何を見る。 異聞平安怪奇譚スピンオフ!風魔伝、終の章。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 風魔が吹く
作者名 豚ドン
ジャンル 歴史/時代
タグ ダーク 和風 ノベプラオンリー R15 男主人公 江戸時代 第1回歴史時代大賞 アクション/バトル 膝丸髭切 宮本武蔵 柳生十兵衛三巌 天草四郎時貞 清和源氏 風魔小太郎 島原天草の乱
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2019年9月28日 20時38分
最終投稿日 2019年12月1日 1時36分
文字数 22,321文字
ブックマーク登録 13件
コメント/スタンプ 78件
応援ポイント 27,200pt
ノベラポイント 102pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 非デスゲーム、非陰謀、初心者が挑む

    ♡7,700

    〇200

    SF・連載中・5話 雨森あお

    2020年7月5日更新

    「そもそも俺はゲエム自体したことがない」 クラスの女の子と話をしたこともない真面目一徹お堅い高校生・流人(リュート)。彼はゲームそのものをやったことがない絶滅危惧種。 ある日、親友からゲームの話をもちかけられた時、 「あなたたちもやるの?」 と学校一の美少女が話しかけてきた。 リュートは気になるあの娘がゲーム好きだとわかり、フルダイブ型VRMMO新作の抽選販売に申し込む。 抽選に当たり、ログインした『TheAncientScrollsGreatestWould(ジ・エンシェント・スクロールズ・グレイテスト・ワールド)』は思っていたよりも自由な場所で大変すぎ。キャラメイクでさっそく一悶着。レア種族『竜人』とハイエルフとダークエルフのクォーターという謎のアバターで挑む羽目に。さらに追い打ちをかけるようなチュートリアルなし、鬼難易度でスタート地点から進めず心が折れかける。 しかし、自由ならば全部やるまで、とセオリーにない行動を始めるリュート。 スキルレベルアップ、ハウジング、風雲〇〇〇城とどんどんエスカレートしていき…… 初心者のムチャクチャなプレイに振り回されるプレイヤーたちはいつしか彼を『魔王』と呼んだ——— ※バトル成分は薄め ※生産系シーンあり ※たまに掲示板挟む 【不定期更新】【自分がこういうゲームやりたいっていう】

  • 夢の超光速機関には人類の罪が隠されていた

    ♡11,300

    〇50

    SF・連載中・47話 K1.M-Waki

    2020年7月5日更新

    現在から少し先の未来、人類は苦しんでいた。 人口爆発──それは、貧富の差を拡大し、差別を助長し、不正と貧困を栄養にして、大きく育っていた。発展途上国であふれた難民は、先進国になだれ込み、経済発展の足を引っ張っていた。 『このままでは共倒れになる』 地球人類を牽引する先進各国は追い詰められていた。 そこで、人口爆発の解決方法として、人類は地球圏外への移住を計画した。 スペースコロニー、月面基地、太陽系惑星のテラフォーミング……全てが失敗し、人類に明日はないかに見えた。 だが、そんな中、三人の科学者──エトウ(Etoh)、スズキ(Suzuki)、パウリ(Pauli)らにより超光速推進機関が発明されてしまった。三人の頭文字を冠して『ESPエンジン』と名付けられたそれは、光速の壁を突破し、何百光年もの距離を隔てた宇宙の果てまで人類を送り出すことに成功した。これにより、人類は太陽系から外宇宙へと進出し、銀河を探索できるようになった。 そして、第七十七太陽系発見に因んで名付けられた六隻目の超光速移民船──ギャラクシー77が、地球を出港し、大銀河の大海原へと飛び立った。 これは、とある事がきっかけでギャラクシー77のパイロットに選ばれた少女の物語である。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ドラキュラ伝説を巡る伝奇ファンタジー

    ♡1,300

    〇0

    歴史/時代・連載中・22話 神崎あきら

    2020年7月5日更新

    織田亜希はアンティークショップで龍の紋章の表紙がついた古い本を手にする。中に描かれた宗教画はルーマニア北部の修道院の壁画だった。不思議な縁を感じた亜希は、一人ルーマニアへ旅立つ。 現地で出会った青年と龍の紋章の本を手にドラキュラ伝説を辿る旅が始まる。本を狙う謎の美青年、白装束の集団、本に隠された謎、心躍る現代伝奇ファンタジー。

  • よくある信長時代よりはかなり前の時代です

    ♡0

    〇0

    歴史/時代・連載中・13話 但尾逆浦

    2020年7月5日更新

    皇紀2127年、帝国暦に直しては77年。上御霊の戦いから始まった応仁の乱により嘉吉の乱からひび割れを見せ始めた室町幕府はついに決壊した。戦いは十一年は続き、諸将が疲れ果てた末に自然消滅したそれは日本の秩序をガタガタに崩壊させた。が、その秩序は早い段階に於いて応急処置とでもいうべき治療を受けて復旧することになる。 垣屋続成。奇しくも応仁の乱より十五年たった後に生誕した彼はある記憶をも兼ね備えていた。……十数代は枝分かれした後の、ある子孫の記憶である。 これは、ある逆浦転生者が図らずも天下統一に乗り出し、成功してしまい、そして海外に乗り出すまでの物語である。 彼はまず、隣国を平定し、続いて謀将を滅ぼし、都に上洛した。そして旧来の既得権益層に喧嘩を売るや否や、一向宗や日蓮宗など危険な宗教の叛乱を撲滅、ついには弓馬の将にも拘わらず上級貴族となる。だが、そんなことで彼を飼い慣らすことなどできようはずもなかった。次々と発明を行うにあたり、喧嘩を売られた旧来の既得権益層は完全に疑心暗鬼に陥る。そして、彼が西国の平定戦に向かっている最中にそれは起きる。宗教、旧戦勝派閥、そして続成の伸長を差別的な目で睨み付けていた他の上級貴族の連合造反である。しかし、彼にも味方は存在した。中央政府首班である将軍と、彼の旧主であり旧敗戦派閥の首魁でもあった勢力である。そして彼は賭けに勝ち、走り出した。図書館を創設したり回教徒と出会ったりしたのもこの時期であった。 延徳九年、皇紀に直しては二一五七年、垣屋続成はついに四海を統一した。応仁の乱よりおよそ20年程度しか経っていないそれはよく言えば傷口の早期治療、悪く言えば現状の追認に近かった。だが、続成の発想はひと味違った。なんと、四海統一祝賀会の場に於いて天下切り取り勝手の号令を発布。これが何を意味するのかは諸説あるが、続成の存念はより多くの日本人町を海外に作り、日系人の地位向上並びに日本語の世界共通語化といったあたりにあった。むろん、本人は富良東大陸への遠征準備を整え、大陸の皇帝になる予定であったが如何せん彼は若すぎた。嫡子すらまだできていない。ひとまずは四海の安定と内治に励む必要があり、諸侯に於いてもせっかく沈静化した火の手を消すのに手一杯といったところであった。 ※あらすじは開発中のものです、内容とは大きく異ならないとは思いますが。※