異世界ファンタジー 長編 連載中

祖国奪還

作者からの一言コメント

国を取り戻すため、少年は動き出す

読了目安時間:3時間2分

他国の侵攻によって滅びかけの大和王国。王家は滅亡し、国民は奴隷のような生活を余儀なくされた。そんな中、主人公の少年は毎日のようにある仕事を任されていた。自国民の死体の焼却処理だ。地獄のような生活を送る中、少年は魔物の囮として森の中に捨てられる。何とか魔物から逃げ切った少年は、敵を追放して祖国奪還をするために動き始めた。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 祖国奪還
作者名 ポリ外丸
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 男主人公 魔法 スキル 魔物 ダンジョン エルフ ドワーフ 自由 異世界 執事 公爵令嬢 追放
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2021年4月6日 21時00分
最終投稿日 2021年5月15日 1時17分
完結日 -
文字数 91,239文字
読了目安時間 3時間2分
ブックマーク登録 2件
コメント 1件
スタンプ 16件
ビビッと 0件
応援ポイント 3,000pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 蒼空世界のメカ娘~レミエと神とあの空の話

    生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    694,520

    3,668


    2021年5月9日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:19時間44分

    この作品を読む

  • ノンちゃん哀歌(21.05.15.)

    ちとコンにエントリーしてます。

    200

    0


    2021年5月15日更新

    下手くそなミステリーですが、部分本当にあった事です。そんな『煙草』『梅雨』『VTuber』三題噺を使った贖罪噺です。私は今でもノンちゃんの忠義に涙します。「ノンちゃんごめん」代わりにチワワ達は絶対に不幸にしないから……

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 中学生深雪、異世界でヤクザ始めました。

    かる〜い気持ちでお読みください!

    200

    0


    2021年5月15日更新

    ___うっかり落ちた穴の先は異世界だった!?しかもヤクザに攫われた! 13歳山下深雪は見目麗しい美少女で、空手は黒帯、理系教科ならどんとこいのスーパー中学生。 ところが異世界のヤクザに仲間入り!?こうなったら、現代の知識でヤクザの務めを果たすしかない! 異世界✖︎中学生✖︎任侠(?)✖︎科学のハートフルコメディ、始まります。

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • 【グウィディルンの物語】西のカルデラ戦記① -風の舞う地ー

    ファンタジー群像劇、です。

    1,800

    0


    2021年5月15日更新

    猛毒の大気〝瘴〟に沈みつつある黄昏の世界グウィディルン。 人々は大地を空に浮かせ島として逃れ、あるいは高地に昇りわずかに残された大地を奪い合って生きていた。 天空の浮き島には、かつて世界を遍く統べていたという巨大帝国の末裔を称する聖王朝があり、西方の地に残されたカルデラにはルージュー辺境伯が六つの邦を束ねていた。 彼の地の力と富とを奪うべく聖王朝はルージュー一族に狙いを定める。 猛毒の大気に沈みゆく黄昏の世界。 飛空船と飛竜による空の戦い。 中央門閥と地方豪族との間で繰り広げられる権謀術策。 そんな骨太なハイ・ファンタジーの世界を 〈大貴族の貴公子〉 〈その腹心にして清廉な軍人貴族〉 〈辺境を束ねる辺境伯の御曹司〉 〈中央に異を唱える中堅貴族の学徒〉 そして…… 〈孤児から身を立てた在郷の志士〉 といった若者たちの視点で描く大河ファンタジーです。

    読了目安時間:3時間33分

    この作品を読む