文芸/純文学 短編 完結済

永遠のメロディ

作者からの一言コメント

AMG夢コン参加作品

夢って何? 人生って何? 私は幼き頃からそんな疑問を抱えて生きてきた。 様々な出会いを経て少しずつ大人になってゆく私。 それでもまだ、人生への深き問い掛けは続いていた。 そんな中、私は一匹の子犬と出会った。 広く深い心を持って生きて欲しいと願い「海」と名付けた。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 永遠のメロディ
作者名 文月 伶架
ジャンル 文芸/純文学
タグ AMG夢コン 女主人公 メロディ 一期一会 永遠 ノベプラオンリー
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年9月17日 19時46分
最終投稿日 2020年9月17日 19時47分
文字数 1,585文字
ブックマーク登録 8件
コメント 4件
スタンプ 28件
ビビッと 0件
応援ポイント 22,000pt
ノベラポイント 160pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 自分だけが真実を知っているという確信

    ♡3,200

    〇0

    文芸/純文学・連載中・4話・4,860字 スパ石井チキン

    2020年11月24日更新

    教会内で地位を向上させつつある「わたし」はある日、血気盛んな若者たちから支持を集める「ジャスティノ」と対面する。 敬虔な憂鬱症患者である「わたし」はジャスティノの言葉の中に神の真理を探しはじめ、終わりのない反復と円環の中へと落ち込んでいく。 ※作者的にはギャグのつもりで書いているので適当な箇所で笑ってください。

  • 和BL人外×人。執着と嫉妬の両片思い物語

    ♡57,480

    〇0

    文芸/純文学・連載中・183話・162,634字 結城星乃

    2020年11月24日更新

    「……教えてほしいもんだ。どうしてお前から『俺の物の証』である甘い香りがするのか」 国を術力で護る縛魔師の香彩は、自分の養育者であり、国に守護の『力』を齎す蒼竜、竜紅人のことを密かに想っていた。 だが想いは十八の歳になって霧散する。 竜紅人には既に想い人がいたのだ。 ある夜、香彩は一夜の思い出を求めて、竜紅人に眠り薬を飲ませて身体を繋ぐ。 それで全て終わらせて、思い出にするはずだった。 だが香彩から蒼竜のものになったという証でもある『御手付き』の甘い香りが漂い始めて……。 竜×人のじれったい和風系異世界ファンタジー。 ※両片想いの、かなりこじれたすれ違いもので、少年へのこじらせた想いを持つ竜×素直になれない少年の物語です。 ※ストーリー重視。 ※ムーンライトノベルズ、エブリスタ、アルファポリス、Fujossyに連載している作品の、いわゆる『ソフト表現』バージョンです。 ※性描写のある回は★印がついています。